anならアルバイト経験しかない人の職務経歴書の書き方が分かる!

anならアルバイト経験しかない人の職務経歴書の書き方が分かる!

スポンサードリンク



anならアルバイト経験しかない人の職務経歴書の書き方が分かる!

anならアルバイト経験しかない人の職務経歴書の書き方が分かる!

バイトサイトのanならアルバイト経験しかない人でも職務経歴書の書き方が分かります。

「アルバイト経験しかないと正社員になるのは不利なのでは・・・?」と考える人がほとんどでしょう。

しかし、応募書類を完璧に作成し、面接対策をばっちりやって万全な体制で臨めば採用率を上げることができるのです。1番肝心なのは気持ちです。

アルバイト経験しかないから・・・と最初から諦めてしまえば、その時点で不採用確定です。

アルバイト経験しかなくても大手企業、優良企業、人気企業に転職を成功させている人はいくらでもいるのです。

成功者は、書類審査でも面接でも努力と工夫を重ねているのです。だから良い結果を出すことができるのです。

今回は、anで紹介されている「アルバイト経験しかない人のための職務経歴書の書き方」を私の経験や考えも踏まえて、私なりにまとめてみました。

初めて職務経歴書を作成する人にも分かりやすいように、基本中の基本をポイントごとにまとめてみました。


スポンサードリンク



職務経歴書をパソコンで作成する際の注意点

職務経歴書をパソコンで作成する際に最も注意して欲しい点は、署名捺印を忘れないことです。

「そんなの当たり前じゃん!?」と言われてしまいそうですが、現実的に忘れてしまう人がいるのです。

インターネットで検索すれば見栄えが良い職務経歴書の雛形を簡単にダウンロードすることができます。ダウンロードして項目ごとに内容を記入するだけで簡単に質の高い職務経歴書が完成してしまいます。

「自分でも納得の職務経歴書ができた!」と浮かれてしまい署名捺印をしないで郵送してしまう・・・という、ありえないミスをおかしてしまうのです。

短期間で複数の企業に応募する人なんかは、よくやらかしてしまうミスです。職務経歴書で署名捺印を忘れてしまうのは、受験で言えば氏名を書かないのと同じことです。

つまり、100点満点でも不合格になってしまうという事です。忘れないように署名捺印は必ず、最初にやっておきましょう。捺印は堅いテーブルの上でやるとうまくいかないので雑誌の上で押すとうまくいきます。


スポンサードリンク



優先順位をつけよう!

複数のアルバイト経験がある人は、1番長く続けた自信のあるものを1つだけ選びましょう。すべてアピールしたいからといって、すべてのアルバイト経験を書いてしまうと、逆にアピールポイントがばらけてしまい1つ1つの売りが薄まってしまいます。

例えば、サブ店長をまかされた!など売りになる経歴があるアルバイトを1つ選ぶのがベストです。もう1つのポイントは、就職を希望する会社の業務に少しでも関連するアルバイト経験がある場合は、必ず書くという点です。

ドンピシャで関連がなくても良いので、数パーセントでも関連性がある業務なら必ず書いておきましょう。自分では関係ないから書いても意味がないと思っても、採用担当者からすれば、「こんな経験をしている人が欲しかった!」というケースもあるのです。

就職試験では何が起こるか分からないので、書ける事は全て書いておくことをおすすめします。自分の売りになる部分を全て職務経歴書に書いて、それで落とされるなら納得もいくことでしょう。

仕事内容は深く突き詰める!

仕事内容を一言で終わらせるのは非常にもったいないことです。anでも紹介されていますが、ただ時給のためにバイトを続けていたのではなく、自分なりに工夫や努力をしたのか?目標やテーマを持って仕事をしていたのか?そこが重要となってきます。

もし、本音は時給のためにアルバイトをしていた場合でも、後付で良いので、目標やテーマを持って、こんな努力や工夫をして仕事と向き合いました!とアピールしましょう。どんな仕事でも正社員、派遣社員、アルバイト、パートなど雇用形態の違いはあれど、やっている仕事に線引きはありません。

アルバイト経験しかない人でも採用してみたい!と思っている採用担当者は、志の高い人材を求めているのです。時給のためだけにアルバイトをしていたという事実はマイナスにしかなりません。

ぶっちゃけ、時給が高くて楽しくて、楽だから、そのアルバイトを選ぶって人がほとんどですが、それを正直に就職試験で伝えてしまえば、落とされてしまうのは当然なのです(笑)そこは要領よく目標やテーマを持って努力していました!

仕事と真剣に向き合っていました!という事にしておけば良いのです。アルバイトから正社員への就職は、正直、他の人より不利です。不利な分、要領よく自分の持っている武器を120%活用する必要があるのです。

超短期のアルバイト経験は書かない

1日や2日でやめてしまったアルバイト経験をわざわざ馬鹿正直に書く必要はありません。そんな事を書いてしまえば「どうせ採用してもすぐに辞めてしまうだろう・・・」という悪い印象を与えてしまう事でしょう。マイナスになるような事を正直に伝えても就職試験においてメリットは1つもありません。

すべてのアルバイト経験を書かないと詐称になるのでは・・・?と心配になる方も多いですが、超短期なら何も問題はありません。アピールポイントが多く長く続いたアルバイト経験だけを厳選して書くようにしましょう。

資格やスキルは全て書く!

持っている資格は余すことなく、全て書くようにしましょう。特にパソコンスキルはどんな業種でも職種でも通用するスキルなので、すべて書くようにしましょう。別に検定で合格していなくても、普通にワードやエクセルが使える、タイピングができるというだけでも良いアピールになるので必ず書いておきましょう。

また、就職試験を受ける会社の業務とは関連性のない資格でも必ず書くようにしましょう。一見、関連性がないように見えても、その会社の別の業務では使える資格かもしれません。学生時代に取得した資格も、普通免許も、漢字検定でも良いので、とにかく全ての資格やスキルを書きましょう。

もう1つ、特技や趣味も必ず書きましょう。これは私の経験ですが、趣味でやっていたサーフィンの話で採用担当者と盛り上がり、見事、採用を手にすることができました。

別の第一志望で採用がもらえたので、そこには就職しなかったのですが、優れたキャリアがなくても採用担当者との相性が良いだけで採用率がアップすることを証明する一例だと思いました。とにかく、資格、スキル、特技、趣味は全て書きましょう。

自分をプレゼンする能力を磨く!

就職試験は自分を売り込みプレゼンする場だと思います。就職して、何か商品やサービスを販売するときも、売り込むためにプレゼン能力が必要となります。顧客はもちろんクライアントを相手にする時も重要な能力となります。

すなわち、就職試験で自分を売り込むのがうまい人、プレゼン能力がある人は、それだけで「戦力になるかも!?」という期待を採用担当者にさせることができるのです。自分を売り込むためのプレゼン能力を磨くためには、まず、自分の今までの経験を全て紙に書き出してみることから始めてみましょう。

その中で、自分が最後まで成し遂げた、打ち込んできた事を1つだけ選び、職務経歴書とは別に自分をプレゼンする資料として提出するのです。履歴書と職務経歴書はライバルも書くので提出して当たり前ですが、自分をプレゼンする資料を別添すれば、それだけでライバルと差をつけることができます。

書き方に制約もルールもないので、写真や絵や場合によっては動画を持参して積極的なアピールをしてみましょう。

要するに、1つの趣味や特技、スキルで「あなた」という人間をアピールすることができれば良いのです。最終的に、採用担当者は「あなた」という1人の人間と仕事をしたいかどうかを決めるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別