職務経歴書【アルバイトのアピールポイント】書き方が分かる!

職務経歴書【アルバイトのアピールポイント】書き方が分かる!

スポンサードリンク



職務経歴書【アルバイトのアピールポイント】書き方が分かる!

職務経歴書【アルバイトのアピールポイント】書き方が分かる!

中途採用の転職をしたいと思った時、アルバイト経験しかないと強みになるアピールポイントがなかなか見つからずに弱気になってしまいますよね?

でも、弱気になってネガティブな考えで職務経歴書を作成してしまうと、書類選考すら突破することができなくなってしまいます。

応募者の中には、「職務経歴書にアルバイト経験なんて書いても意味がない・・・」と思っている方も意外に多いみたいです。

しかし、それは大きな間違いです。

正社員だろうが、アルバイトだろうが、派遣社員だろうが、パートだろうが、「仕事で何かを吸収し学んできた経験がある」ということに変わりはないのです。

採用担当者は、職務経歴の雇用形態よりも業務内容に興味を持っているのです。

なぜなら、「どれだけ知名度のある規模が大きい企業で働いていました。」という経験よりも、「どんな業務経験があり、その経験やスキルを活かし、どのような業務で貢献できます!」という部分を最も重要視しているからです。

アルバイト経験しかなくても、アピールポイントの書き方を工夫すれば効果的な職務経歴書に仕上げることができるのです。


スポンサードリンク



勤務先の企業名や規模よりも業務内容をアピールする

いくらアルバイト勤務先の企業名や規模をアピールしても、正社員として勤務していたわけではないので、どうしてもインパクトが弱くなってしまいます。仮に、「アルバイトでも正社員のつもりで売上目標を掲げ、仕事に対しての志を高く持っていました!」とアピールしても、説得力に欠けてしまうのです。

高い志をアピールしても、採用担当者からすれば「だったら、なんで責任とやりがいのある正社員を目指さないの?」という疑問が残ってしまうのです。以上のような理由から勤務先の企業名や規模を積極的にアピールすることはおすすめできません。

アルバイト経験しかないからこそ、業務内容を中心にアピールするべきなのです。アルバイトの強みは、なんといっても「現場の最前線で働いていた」という点です。販売業や接客業なら、現場での仕事経験やスキルが、そのまま、あなたの強みとなるのです。

職務経歴書にアピールポイントを書く時は、単純に「接客スキルがあります。」「販売スキルがあります。」と書くよりも、「しっかりとして目標を設定し、それに向けて一生懸命、仕事に取り組んでいました!」という面をアピールしましょう。

具体的な書き方の例を挙げると次のようになります。

「私の強みは最高の笑顔です。いつでも最高の笑顔と元気な挨拶を徹底して販売職に携わってきました。複数のお客様からご指名をいただけるほどお店に馴染むことができました。自分なりの売上目標も来客数目標も達成することができました。販売スキルと接客スキルには絶対的な自信があります。」


スポンサードリンク



責任感を持って仕事をしていた事をアピールする

アルバイト経験しかないと、どうしても「仕事に責任感が持てない人・・・」という先入観を持たれてしまいます。

このような悪いイメージを払拭するためには、「アルバイトでも、しっかりと責任感を持って仕事に取り組んでいた!」ということをアピールする必要があります。アピールポイントは抽象的にならないようにエピソードで伝えると、より効果的に伝わります。

良いアピールの例文を挙げると次のようになります。

「私は、この1年間、無遅刻無欠勤で、責任感を持ち一生懸命仕事をしてきました。土日祝日に人員が足りなくなった時も、自分の予定をキャンセルし仕事を優先させました。その結果、店長から高く評価され3ヶ月で時給を120円上げてもらうことができました。いつかは仕事で認められ正社員になるチャンスを掴みたいと思っていました。」

このように書くことで「無遅刻無欠勤で、仕事に穴が開かないように責任感を持って真面目に働いていた。しかも、実績が認められ時給アップという評価もいただくことができました!」という効果的なアピールポイントになるのです。

謙虚で素直な部分をアピールする

仕事に、こだわりや情熱を持つことは決して悪いことではありませんが、採用担当者に「扱いにくそうな人材・・・」と思われてしまう危険性があるので注意が必要です。今までの仕事経験で、どんなに優秀な実績を残すことができたとしても転職先の企業では新人さんからのスタートです。

あまりにも仕事のやり方や考え方に、こだわりや情熱があることをアピールしてしまうと、「仕事を教えづらい・・・他の仕事仲間との人間関係で問題を起こしそう・・・」という不安を与えてしまいます。

採用担当者に、このような不安を与えないためには、過去の実績をアピールし、持っているスキルを業務で活かしながらも、謙虚で素直な気持ちを前面に出す必要があります。

「この人なら、即戦力になるスキルも持っているし、謙虚で素直そうだから、問題も起こらないだろう!」と採用担当者に思わせることができれば、いっきに採用が近くなります。過去のアルバイト経験でも、人間関係を上手に築けていたというエピソードをアピールポイントにすれば効果的です。

例文を挙げるとしたら次のような感じです。

「仕事仲間と毎月1回は懇親勘を開いていました。毎回、私が幹事を引き受けていました。仕事でもチームワークを最優先し、みんなで、どうしたら効率よく業務を進めることができるのか?など毎回の懇親間でテーマを設定して話し合いをしました。」

このように書くことで、コミュニケーション能力やチームワーク、行動力、マネジメント能力までアピールすることができるのです。

応募者の年齢が上がれば上がるほど採用担当者は「この人は扱いづらいかも・・・」と思う確率も高くなるので、より素直で謙虚な部分をエピソードでアピールする必要が出てきます。

アルバイト経験しかない場合の職務経歴書の書き方

アルバイト経験しかない場合の職務経歴書の書き方のポイントを分かりやすくご説明させていただきます。

@職務経歴によって適した形式を選ぼう!

アルバイト経験が長く複数の勤務先で働いた経験がある方は、キャリア形式を選択しましょう。

キャリア形式なら経験した業務ごとに職務経歴を書くことができるので、「アルバイトをコロコロと何回も変えている。短期間でアルバイトを辞めてしまう。」という悪い印象を目立たなくさせることができるのです。応募先企業の業務に最も関連性のある職務経歴から優先的に上部に書くようにしましょう。

採用担当者によっては職務経歴書の上部だけ見て採否を判断されてしまうこともあるので、最もインパクトがあり、求められている能力やスキルを伝えられるアピールポイントを優先的に1番目立つ箇所に記載するのがコツです。

アルバイト経験が短く、勤務先もそれほど多くない方は、編年体形式を選択しましょう。編年体形式なら、時系列で過去から未来へと自分が成長しているプロセスを分かりやすく伝えることができるので効果的です。勤務先が3社以下なら編年体形式、4社以上ならキャリア形式をおすすめします。

Aアルバイトから正社員への転職を希望する理由を書く!

採用担当者は、「なぜ、アルバイトから正社員への転職を希望するのか?」その理由に関心を持っています。職務経歴書に「正社員への転職を希望する理由」という項目を作り、簡潔に説明しておきましょう。正社員への転職を希望する理由は、必ずポジティブなものにしましょう。

例文を挙げるとしたら次のようになります。

「私はフルタイム勤務で1年間アルバイトをしてきましたが、アルバイトだからという理由で責任のある仕事を担当させていただけませんでした。もっと責任とやりがいのある仕事がしたいと思い、今回、正社員への転職を志望させていただきました。」

このような書き方をすれば、正社員になりたい本気度と向上心をアピールすることができるので、採用担当者も納得するのです。

絶対にNGな例文もご紹介しておきます。

「私はもっと収入を安定させたくて正社員への転職を志望させていただきました。御社は待遇も給料も良かったので応募させていただきました。」

こんなことを書けば100%不採用確定です。確かに、本音を言えば「もっと収入を安定させたい。将来的には結婚したいから貯金がしたい。社会保険や福利厚生など待遇や条件を改善したい。」という理由が奥にあることでしょう。

採用担当者もそれは分かっています。しかしながら、その本音を正直に伝えてしまえば職務経歴書のクオリティがいっきに下がってしまうのです。採用担当者は、「なぜ、当社を志望したのか?当社が選ばれた理由」を知りたいのです。

給料や待遇が良いだけなら、他社でも良いわけですから、「もっと当社への転職を熱望している人材を採用したほうが良い」という結果になってしまうのです。

Bアルバイト経験しかないことを卑下しない。

応募者の中には、アルバイト経験しかないことを卑下する方も多くいます。そのような考え方で転職試験を受けても絶対に採用を手にすることはできません。なぜなら、トライする前から諦めているからです。

採用担当者は「自分はアルバイト経験しかないですが・・・」という考え方の人よりも、「私はこんなに素晴らしいアルバイト経験をしてきました。この経験とスキルを活かし絶対に戦力として業務に貢献できます!」と胸を張って言える人を採用したいのです。

極論を言えば、正社員として輝かしいキャリアとスキルを持っているマイナス思考の人材よりも、プラス思考で自分に絶対的な自信を持っている元アルバイターの方が採用される確率が高いということです。

要するに、採用か?不採用か?の最終的な評価のポイントは、仕事に対するモチベーションや考え方などヒューマンスキルが大きな影響力を持っているということです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別