職務経歴書の書き方|アルバイトは手書きで良いの?

職務経歴書の書き方|アルバイトは手書きで良いの?

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方|アルバイトは手書きで良いの?

職務経歴書の書き方|アルバイトは手書きで良いの?

アルバイトの職務経歴書の書き方は手書きが良いのでしょうか?それとも、パソコンで書いた方が良いのでしょうか?

徹底的にリサーチしてみると、「アルバイトなんだから手書きで書いてもOK。というか、アルバイトの場合は求められない限り、職務経歴書は書かなくても良い。」という意見がありました。

また、それとは逆に、「アルバイトでも採用されていなら職務経歴書は書くべき。レイアウトや見た目を良くするためには、手書きよりもパソコンで作成した方が良い。」という意見もありました。

「手書きで書くべきか?パソコンで書くべきか?」の論点に関しては、「職務経歴書の書き方にルールや制約はないから、好きなように、書きやすいように書けば良い」という意見がありました。

圧倒的に多かった意見は、「履歴書は手書きで書く、職務経歴書はパソコンで書くのが常識」というものでした。

私見を申し上げると、アルバイトの採用試験だからといって甘く考えない方が良いと思います。なぜなら、条件や時給が良いアルバイトの競争率は思っている以上に高いからです。

つまり、予想以上の数の応募者が必死になって採用されるための努力をしているということです。どうしても採用されたいアルバイトなら求められていなくても職務経歴書を添付するのが得策です。

他の応募者が履歴書しか提出しない中で、あなただけが職務経歴書を提出することができれば、それだけでライバルとの差別化を図ることができるのです。

「手書きで書くべきか?パソコンで書くべきか?」の論点について、私見を申し上げます。採用担当者からすれば職務経歴書を手書きで書いてもパソコンで書いても、求められている内容が書かれていて、読みやすければ、十分に高い評価をつけることができるのです。

「職務経歴書を手書きで書いたからといって減点されることはない」ということです。要するに、採用担当者は、職務経歴書に書かれている内容から、「この人は即戦力として自社の業務に貢献してくれる能力を持っているか?」そこを評価しているのです。


スポンサードリンク



職務経歴書を手書きで書く際の注意点

職務経歴書を手書きで書くことを強くおすすめはしませんが、「どうしても手書きで書きたい!」という方は、次の点に注意してください。

まず、1つ目の注意点は、用紙を選ぶ際に、色付きのノートや、柄付きの便箋を選ばないという点です。色付きのノートや柄付きの便箋で職務経歴書を作成するほど非常識なことはありません。恐らく、そんな職務経歴書を提出した時点で、即不採用となってしまうことでしょう。

職務経歴書は書類選考で提出する重要な資料です。必ず、厚手の紙質が良いプリント用紙を使うようにしましょう。家にあるものではなく、ちゃんと文房具店にいって紙質の良いプリント用紙を購入しましょう。

2つ目の注意点は、職務経歴書のサイズをA4、枚数を多くとも3枚、できれば2枚以内に抑えることです。職務経歴書のサイズをA4以外にしてしまう人も多いですが、採用担当者したら、「A4に統一して欲しい・・・」というのが本音なのです。

なぜ、A4に統一して欲しいのか?というと、すべての応募者の職務経歴書をファイリングする際に、A4サイズだと非常にまとめやすいのです。提出される職務経歴書の中で圧倒的に多い割合を占めるのがA4サイズなので、A4に統一させることが採用担当者への配慮につながるのです。

次に枚数です。職務経歴書の枚数は、どんなに多くても3枚以内に抑えましょう。ベストは2枚か1枚です。職務経歴書の枚数が4枚以上になると、読むのにも時間がかかってしまうし、何よりも採用担当者の「最後まで読んであげたい」という気持ちを弱めてしまうのです。

求められている経験やスキルをピックアップし、要点だけを簡潔にまとめることができれば、どんな職務経歴書でも2枚以内に抑えることができるのです。

逆に言えば、要点をまとめられなくて職務経歴書の枚数が4枚、5枚以上になってしまう人は、自分の「資料をまとめる能力の無さ」「文章力の乏しさ」「プレゼン能力の無さ」まで逆のアピールをしてしまうことになるのです。

3つ目の注意点は、文字のバランスを崩さないことです。どんなに丁寧に時間をかけて職務経歴書を作成しても、全体的な文字のバランスが崩れていると、見た目が非常に悪くなります。採用担当者が1つの職務経歴書にかけられる時間は5秒から1分程度と言われています。

大手企業の超多忙な採用担当者なら、本当に5秒しか見てくれないかもしれません。文字のバランスが崩れていて見た目が最悪だと5秒もかからずに不採用が確定してしまうかもしれません。

手書きで文字を書く自信がない方は無理をしないで、最初からパソコンで作成することをおすすめします。無理して手書きで書くメリットは正直、1つも見つかりません。


スポンサードリンク



お粗末な職務経歴書を提出すれば「非常識な人」と判断される!?

職務経歴書の中身が最も重視されることはお分かりいただけたと思います。しかしながら、中身が完璧でもレイアウトや見た目が悪く、「読むのも耐え難い・・・」と思われるような職務経歴書なら問題があります。

「読むのも耐え難い・・・」と思われてしまう時点で、「手書きか?パソコンか?」の問題ではなく、そのようなお粗末な応募書類を平気で提出してしまう感覚が疑われてしまうのです。つまりは、お粗末な職務経歴書を提出することで、「非常識な人・・・」という最悪な印象を採用担当者に与えてしまうということです。

素人が1から職務経歴書を作成するのは無理がある!?

手書きでもパソコンでも、そもそも素人が1から職務経歴書を作成するのは無理があるのです。かといって市販の職務経歴書は少ないし、どれもお粗末なレイアウトと見た目になっているので絶対におすすめできません。

レイアウトや見た目のクオリティを高めようとすれば、手書きで職務経歴書を作成するのは無理だと思います。どんなに丁寧に作成しても、ワードやエクセルで作成した職務経歴書には敵わないからです。レイアウトや見た目のクオリティを高めたいなら、パソコンで職務経歴書を作成することをおすすめします。

職務経歴書のテンプレートやフォーマットのダウンロードをおすすめする理由

さて、職務経歴書を作成する上で、「手書き」という選択肢はなくなったので、パソコンで作成するわけですが、ここで新たな問題が出てきます。その問題とは、「ワードやエクセルをある程度、使いこなすことができないと、自分で職務経歴書のテンプレートやフォーマットを作成することは難しい」という点です。

ワードで文章を書く程度なら、誰でも簡単にできますが、表や枠を作ったり網掛けを設定したりするのは非常に難しい作業となります。エクセルなら尚更、難易度が高くなります。すぐにでもアルバイトに応募したいのに、1から職務経歴書を作成している時間なんてないですよね?

モタモタしてたら、時給や条件の良いアルバイトなんて、すぐに埋まってしまいますからね。何も、難しいワードやエクセルの操作を勉強して、膨大な時間をかけて1から職務経歴書を作成する必要はないのです。

なぜなら、クリック1つでプロが作った職務経歴書のテンプレートやフォーマットを無料でダウンロードできるホームページが無数にあるからです。特に、おすすめなのが、リクルートエージェントやマイナビエージェントやDODAで提供している職務経歴書のテンプレートとフォーマットです。

ちなみに、当サイトでもオリジナルの職務経歴書のテンプレートとフォーマットを無料でダウンロードするこができるので、是非とも、ご活用ください!

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別