職務経歴書【アルバイトはいらない?いる?】

職務経歴書【アルバイトはいらない?いる?】

スポンサードリンク



職務経歴書【アルバイトはいらない?いる?】

職務経歴書【アルバイトはいらない?いる?】

アルバイトの場合、採用試験の時、職務経歴書はいるのでしょうか?いらないのでしょうか?

「職務経歴書がいるか?いらないか?」の結論を先に申し上げると、「絶対に必要です!」アルバイトでもパートでも、正社員として転職を成功させたいなら、絶対に職務経歴書は作成するようにしましょう。

どんなに短いアルバイト経験だとしても、経験値としてマイナスになることはないので、職務経歴書に記載すれば、少なくともプラスの評価としての点数を増やすことができるのです。

アルバイトから正社員への転職を希望される方の中には、「私はアルバイト経験しかないから、職務経歴書なんていらないのでは?書いても意味がないのでは?」と考える人が非常に多いみたいです。

そのような人達は、履歴書だけを提出して書類選考に臨んでしまうのです。しかし、あなたが、もし企業の採用担当者だったらどんな採否を下しますか?

「履歴書しか提出してこないアルバイト気分が抜け切れていない人材と、しっかりと職務経歴書を作成してきた、やる気のある人材。」考えるまでもないですよね?

後者の、職務経歴書を提出した人材を採用するに決まっています。

要するに、「アルバイトだから職務経歴書はいらない・・・」と考える人は、作成するのが面倒だし、最初から「採用されるわけがない・・・」と諦めてしまっているのです。

そんなことでは、何度、転職試験を受けても採用を手にすることはできないでしょう。採用担当者は、あなたの職務経歴において雇用形態にそれほど関心を持っておりません。

つまり、正社員として働いていようが、アルバイトだろうが、パートだろうが、派遣社員だろうが、契約社員だろうが、そんなことは、採用担当者にとってどうでも良いことなのです。高く評価されるポイントは雇用形態ではなく「どんな業務を経験してきたのか?」という一点だけです。

それを知ることができれば、自社でどのような活躍をしてくれるのか具体的なイメージを持つことができるのです。その具体的なイメージが持てた時、初めて、採用担当者は「採用してみようかな?」と考えてくれるのです。


スポンサードリンク



履歴書だけ提出を求められている場合は?

応募先企業によっては、履歴書だけの提出を求められる場合もあります。そのような場合、職務経歴書は提出する必要があるのでしょうか?結論は、履歴書しか求められていない場合でも、職務経歴書は提出した方が賢明です。

「履歴書だけと指示されているのだから、職務経歴書はいらないんじゃないの?」と思われる方も多いと思いますが、言われたとおりに履歴書だけ提出するのでは、ライバルと差をつけることはできません。

指示されていないけど、職務経歴書を提出することで、「この人は、言われたことだけでなく自発的に自分の考えで行動を起こせる人。」「真剣に採用されたい!という熱意を感じる!」という良い印象を与えることができるのです。

さらに、もう1つ上を目指すなら、履歴書と職務経歴書の他に添え状もつけましょう。添え状をつけることで、どんな応募書類があるのか?目次的な役割をしてくれるので、分かりやすくなるし、より、やる気や熱意をアピールすることができます。

応募者が多いなら、ライバルとは違う積極的な行動を起こし、採用担当者を注目させることが必要なのです。そのためには、みんなと同じことをやっていてはダメです。


スポンサードリンク



アルバイトに応募する時も職務経歴書はいる?いらない?

アルバイトに応募する時は、ほとんどの人が履歴書しか提出しません。企業側も、アルバイトの募集なので、職務経歴書の提出は求めません。しかし、面接では、正社員の転職試験と同じように、職務経歴に対する質問があります。

やはり、アルバイトの募集でも、採用担当者は応募者の過去の仕事内容に興味を持っているのです。ということは、先回りして職務経歴書を用意しておけば、極めて、採用担当者に与える印象は良くなるし、「仕事ができそうな人材!」というアピールにもなるのです。

どうしても採用されたいアルバイトなら、あえて職務経歴書を持参した方が良いと思います。不採用になっても別に構わない・・・という程度の求人なら、履歴書だけでも良いと思います。

職務経歴書はハードルが高すぎます・・・!?

アルバイト経験しかない人にとって、職務経歴書を作成するのは、いささかハードルが高いみたいです。書きたいと思っても、どうやって書いたら良いのか分からない・・・という人がかなり多いみたいです。

職務経歴書の書き方を分かりやすく説明しているホームページや書籍もありますが、その解説を見ても確かに分かりにくい部分が多いと思います。他人の作成した職務経歴書をパクるわけにもいきませんからね。

「どうしても職務経歴書を書くことができない・・・」という方は、お近くのハローワークに足を運んでみましょう。ハローワークなら、履歴書や職務経歴書など応募書類全般のアドバイスを分かりやすくしてくれます。ハローワークに行くのは面倒ですが、行ってみる価値は十分にあると思います。

それでも職務経歴書が書けない・・・書きたくない・・・という方は、無理をせずに、志望動機と自己PRのみを書き提出しましょう。

無理をして、書き方が間違っている略歴や職務経歴を書くと、逆にマイナス評価となってしまうので、だったら、採用担当者が最も重視している、志望動機と自己PRだけを書いて提出したほうが良い結果につながる可能性が高いからです。

アルバイトの勤務期間によって書き方を変えよう!

職務経歴書にアルバイトの経歴を書く時は、それぞれの勤務期間によって書き方を変える必要があります。まず、数日で辞めてしまったアルバイトは書かないに越したことがありません。

数日で辞めた事実が採用担当者に伝われば、「この人を採用しても、どうせ数日で辞めてしまうだろう・・・」と思われてしまうからです。職務経歴書に書く経歴は、1ヶ月以上働いたものだけに限定しましょう。

1ヶ月以上、3ヶ月未満の場合は、特に勤務先の企業名は書かないで良いので、「その他のアルバイト」と「業務内容の詳細」だけを記載しておきましょう。3ヶ月以上働いたアルバイトの場合は、企業名と企業概要まで記載するようにしましょう。

アルバイト経歴の勤務先が多い場合でも、このような書き方をすれば職務経歴書の枚数がやたらと増えることもなく、簡潔にまとめることができるので、見栄えも良くなるし、採用担当者からしても読みやすいのです。

アルバイトやパートの採用試験なら職務経歴書はいらない?

リサーチをすればするほど、みなさん「アルバイトやパートの採用試験なら職務経歴書はいらない」という意見が多く見られます。中には、「所詮は、アルバイトやパートなのに、職務経歴書を提出すると、マイナス評価になってしまう・・・」という偏った意見もありました。

実際は、どうなのでしょうか?履歴書しか求められていないのに、職務経歴書を提出することは、そんなにマイナス評価になってしまうのでしょうか?その答えは、「決してマイナス評価にはならない!」というものです。

まず、「所詮、アルバイトやパートだから・・・」というネガティブな考え方を捨てないと、採用を手にすることはできません。待遇や条件の良い魅力的な仕事に就きたいなら、自分の持っているスキルや経験に自信を持ち、上手にアピールする工夫が必要です。

謙遜や遠慮をしたり、自分の経歴を否定したりすれば、絶対に良い結果など出せません。正社員よりも仕事ができる優秀なアルバイトやパートは、いくらでもいるのです。

「職務経歴書なんていらない・・・マイナス評価になる・・・」なんて意見に惑わされずに、自信を持って、あなたの経験とスキルと自己PRの全てを職務経歴書に記載し、堂々と提出してみましょう。

他の応募者が履歴書しか提出していない中で、あなただけが職務経歴書を提出していたら、それだけで採用担当者にインパクトを与えることができます。

どの採用担当者も、職務経歴書を提出したからといって、「余計なことをして・・・」「アルバイトやパートの職務経歴なんて必要ない・・・」などと考えることは絶対にありません。

むしろ、「他の応募者は履歴書しか提出していないのに、この人は、職務経歴書も持参してきた!やる気と熱意が感じられる!本気で採用されたいのだろう!この人なら、自社で活躍してくれる気がする!」という良いイメージにつながるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別