職務経歴書【アルバイトが多い場合の書き方】

職務経歴書【アルバイトが多い場合の書き方】

スポンサードリンク



職務経歴書【アルバイトが多い場合の書き方】

職務経歴書【アルバイトが多い場合の書き方】

職務経歴書に書くアルバイト経験が多いからといって、必ずしも不利になるとは限りません。

最近では、多くの採用担当者が雇用形態に関係なく、「どんな業務経験やスキルがあるのか?」を重視してくれます。

つまり、アルバイトやパート経験しかない方でも、活かせる業務経験やスキルさえ持っていれば、十分に採用される可能性はあるということです。

肝心なのは、自分の業務経験やスキルに自信を持つことです。自信を持たなければ魅力的な職務経歴書を作成することはできません。


スポンサードリンク



効果的にアピールするコツとは?

アルバイト経験が多い人が職務経歴書を作成する時は、できる限り、応募する企業の業務に関連性があり、且つ、自信が持てるスキルを先頭に書きましょう。

そうすることで、採用担当者から興味を持ってもらえます。職務経歴書は時系列に順番通り書かなければいけないという制約はありません。

制約がないなら、最も自信のあるアピールしたい部分を先頭に持ってくるのが得策と言えるのです。正社員経験が豊富な人と、アルバイト経験しかない人が同じ求人に応募したら、どうしても正社員経験が豊富な人のほうが有利になってしまうのです。

アルバイト経験が多い人は、少しでも有利になれるように自分の経験やスキルを棚卸しして、「どれが武器になるのか?」徹底的に時間をかけて分析することが重要です。

応募先企業の業務に関連する経験やスキルがない場合は、「どのような姿勢で仕事に向き合ってきたのか?仕事上で学んだことや、自分が成長できたことは何か?」を中心にまとめていきましょう。


スポンサードリンク



正社員を希望する理由を分かりやすく書く

アルバイト経験が多いからこそ、なぜ、正社員を希望するのか?その理由を分かりやすく書きましょう。採用担当者は、「ずっとアルバイトを続けてきたのに、なぜ、今になって正社員への転職を希望するのか?」その理由が知りたいのです。

アルバイト経験が多いからこそ、ひねり出せる理由はいくらでも出てきます。書き方としては、必ず、職務経歴書に「私が正社員を希望する理由」という項目を作って、分かりやすく書くようにしましょう。今回は、アルバイト経験が多い人のために、効果的な「正社員を希望する理由」の例文(良い例と悪い例)をご紹介します。

良い例

「アルバイトというポジションにいる限り、責任のある仕事を任せてもらえないと思いました。」 「正社員になって、重要なプロジェクトに参加し、やりがいのある仕事がしてみたいと思いました。」 「私は、アルバイトといえど、お願いされた仕事は納得のいくまでやり遂げたいという希望があります。しかし、仕事の肝心な部分は、正社員しか携われないという社内の決まりがあり、悔しい思いを何度もしてきました。」

悪い例

「アルバイト経験が多くありますが、いつも収入が不安定で悩みが尽きませんでした。」 「どうせ働くなら、社会保険や福利厚生があったほうが得だと思いました。」 「正社員に偉そうに指示されるのが耐えられません。正社員になったら指示する側になりたいです。」

アルバイト経験を職務経歴書に書かない方が良い場合もある!?

アルバイト経験が多いと、「数日や1週間で辞めてしまった・・・」というケースも増えてくることでしょう。そのような場合は、職務経歴書に書かない方が賢明です。アルバイト経験は無駄ではないし、しっかりと評価されるポイントになりますが、さすがに数日や1週間で辞めてしまった場合は、経験やスキルとして認めてもらえません。

というか、数日や1週間で辞めてしまったという事実は、間違いなくマイナス評価となってしまうことでしょう。書かなくても良いような不利になる事実を職務経歴書に書くのは、自分で自分の首を絞めるような行為です。

数日や1週間で辞めたアルバイト経験を書かなくても、嘘をついたことにはならないので絶対に書かないようにしましょう。アルバイト経験を職務経歴書に書いた方が良い場合は、「アルバイト経験しかない方で、且つ、最低でも3ヶ月以上は勤務経験がある場合」です。

特例としては、3ヶ月以下のアルバイト経験でも、「正社員と同じように責任のあるポジションを任されていた」という場合はプラス要素になるので書くようにしましょう。

アルバイト経験が多いからこそ厳選する必要がある!?

アルバイト経験が10個も20個もあるなら、その経歴をすべて職務経歴書に書くのは無理があります。そんなことをすれば職務経歴書が5枚や6枚になってしまうからです。職務経歴書の枚数は2枚に抑えるのがベスト、多くても3枚に抑えましょう。

アルバイト経験が10個も20個もある場合は、経歴を厳選しないと職務経歴書の枚数を2枚に抑えることはできません。では、どのような基準で経歴を厳選していけば良いのでしょうか?基準のポイントは2つあります。

1つ目は、「長期間続けることができたか?」という点です。2つ目は、「しっかりと業績を残すことができたか?スキルを身につけることはできたか?」という点です。

多くのアルバイト経験の中で、この2つのポイントをクリアする経歴があるなら、必ず、優先的に書くようにしましょう。応募先企業の業務に関連性があるからといって、数日で辞めてしまったアルバイト経験などは絶対に書かないようにしましょう。

そんなことをすれば逆効果となってしまいます。注意点を1つだけ挙げておきます。ブランク期間、つまり働いていない期間が2ヶ月以上ある場合は、たとえ、マイナス要素となりうるアルバイト経験でも書いたほうが賢明です。

「求職活動をしていました」と記載しても、ブランクが2ヶ月以上になると、それだけの理由では厳しいものがあります。要するに、「何もしていないブランク期間が2ヶ月以上もあります」と書くよりは、「2ヶ月間、●●のアルバイトをしていました」と書いたほうが、採用担当者に与える印象は良くなるということです。

アルバイト経験が多い方への注意点

アルバイト先で社会保険に加入していた場合は、どのような理由があっても職歴に記載しましょう。なぜなら、転職希望先で採用後に、雇用保険の手続きをすることになります。雇用保険の手続きをする時は、前職の、つまりアルバイトの勤務先名が明らかになります。

万が一、前職のアルバイト経験が職務経歴書に書かれていない場合は、信用問題になってしまいます。最悪の場合、内定が取り消されてしまうかもしれません。

「前職のアルバイト経験が短期間でアピールできる部分が少ないから・・・」という理由で、職歴に書きたくない気持ちも分かりますが、社会保険に加入していた場合は、どのような理由があっても必ず職務経歴書に記載しましょう。

つまらないことで、採用担当者からの信用を失わないように注意してください。アルバイトの場合でも、勤務時間によっては社会保険に加入している場合があるので、分からない場合は、アルバイト先に問い合わせてみましょう。

アルバイト経験が多い方にはキャリア形式の職務経歴書がおすすめ!

アルバイト経験が多い方が、編年体形式で職務経歴書を作成してしまうと、「アルバイトを短期間で転々としている・・・」という悪いイメージが伝わってしまいます。悪いイメージを消し去るためには、職務経歴書の形式を変える必要があります。

1番おすすめな形式は、キャリア形式です。キャリア形式なら、業務ごとの項目に分けて書くことができるので、アルバイト経験が多いという悪いイメージを弱くすることができるのです。

勤務した数ではなく、「どのような業務経験があり、どのようなスキルを持っているのか?」をアピールする上で最も効果的な職務経歴書の形式と言えるでしょう。さらに、「持っている経験とスキルを活かして、どのように業務に貢献したいのか?」を具体的に書くと、評価が高くなります。

「職務経歴書は編年体形式で過去から未来に向けて時系列で書くもの」という固定概念を持った人が非常に多いようですが、応募先企業に指定されていない限り、職務経歴書の形式も書き方も書く順序も自由です。少しでも自分の不利な部分が目立たないように工夫することが肝心です。

アルバイト経験が多い方こそ面接試験の準備をしておきましょう。

かなり高い確率で、アルバイト経験が多いことを面接試験で指摘されます。何も準備をしておかないで面接試験に臨んでしまうと、痛いところを突く質問をされ動揺し、失敗に終わってしまうことでしょう。そんなことにならないためにも、しっかりと面接試験の準備をしておきましょう。

アルバイト経験が多いことに関する、どのような厳しい質問を受けても、即答できるように何度も模擬面接をしておきましょう。では、どのような回答をすれば採用担当者に良い印象を与えることができるのでしょうか?

例文をご紹介します。

「私は、本当にやりたい仕事を見つけるために、様々な業界で働いてきました。すべての業務が私にとって貴重な経験となりました。」

「規模の異なる様々な企業で働いたことにより、より鮮明に企業が利益を生み出す仕組みを学ぶことができました。」

「様々な企業の現場の第一線で業務経験を積んだことで、確実に自分を成長させることができました。アルバイトというポジションでなければ、できない貴重な経験だったと思っております。」

どうでしょうか?プラス思考で書き方に変化をつけるだけで、こんなにも魅力的で素晴らしい回答ができるのです。ものは考え様ですね。「自分には短期間で多くのアルバイト経験しかない・・・」などとマイナス思考で考えてしまえば、どんなに時間をかけても良い回答は浮かんできません。

要するに、転職試験で勝利するためには、プラス思考で絶対的な自信を持つことです。もう1つ、「たとえ、不採用になっても次があるさ!自分を不採用にした企業は、自分の魅力に気付かなかっただけだ!」と超ポジティブに考えることが大切ですよ!

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別