アルバイトに応募する際、職務経歴書はいる?いらない?

アルバイトに応募する際、職務経歴書はいる?いらない?

スポンサードリンク



アルバイトに応募する際、職務経歴書はいる?いらない?

アルバイトに応募する際、職務経歴書はいる?いらない?

アルバイトに応募する際、職務経歴書はいるのでしょうか?いらないのでしょうか?

ケースバイケースですが、ほとんどのアルバイトでは「職務経歴書はいらない」というのが正解です。

ただし、提出してマイナスになる書類ではないので、どうしても採用されたいアルバイトに応募する時は、職務経歴書をつけることをおすすめします。

人気がなくて競争率も高くないアルバイトへの応募なら、履歴書だけでも採用されると思います。

しかしながら、人気も競争率も高いアルバイトに応募する場合は、不採用になってしまう確率も非常に高くなってしまうのです。

何十人もアルバイトの枠があるわけではなく、限られているので、やはりライバルとの差別化を図るためには、職務経歴書を作成することをおすすめします。

通常ですと、求められていない場合、アルバイトの応募で職務経歴書を提出することはありません。だからこそ、職務経歴書を提出することで、アルバイトの採用担当者に与えるインパクトが強くなるのです。

他のライバルが職務経歴書を提出していないのに、あなただけが内容の濃い職務経歴書を提出すれば、当然、他のライバルよりも目立つことができるのです。

アルバイトの採用担当者に興味を持ってもらうことができれば、採用される確率はさらに上がるのです。興味を持ってもらうためには、魅力的な職務経歴書に仕上げる必要があります。


スポンサードリンク



職務経歴書に資格やスキルを書いてアピールしよう!

アルバイトに応募する際に、職務経歴書を作成する場合は、できる限り、資格やスキルを書いて効果的なアピールをしてみましょう。誇れるような資格がない場合でも、今までの業務で学んだことや吸収できたことをピックアップしてアピールしてみましょう。

特に、パソコンスキルは、どの職場でも重宝されます。ワードやエクセル、パワーポイント、アクセス、プログラム言語などが使える場合は、必ず、「活かせるスキル」という項目をつくり、その欄に分かりやすく書いておきましょう。

ソフトを使いこなすことができなくても、「タイピングが速いです。インターネットで情報収集するのが得意です。」というアピールも効果的です。とにかく諦めずに、自分が得意なことを分かりやすく伝えることができれば良いのです。

特にアピールできるスキルや資格がない場合は、仕事経験のエピソードを加えることでヒューマンスキルをアピールするという手段もあります。仕事経験の中で、「チームワークを重視してきたこと、仕事仲間と協力して失敗を乗り越えたこと、業務改善のために努力や工夫をしたこと」などを中心にまとめていきましょう。

スポンサードリンク



自己紹介資料を添付するのも効果的です。

アルバイトに応募する際の職務経歴書で、アピールできるスキルや経験がない方は、自己紹介資料を添付することをおすすめします。自己紹介資料なら、職務経歴書には書けない趣味や特技や打ち込んでいること、ボランティア活動などをアピールすることができます。

より、「あなた」という人間の魅力をアピールすることができるのです。採用担当者は、何も仕事に関連するアピールポイントだけが知りたいのではありません。

「こんな人となら、一緒に働いてみたい!」と採用担当者に思わせるような魅力的な人間性をアピールできる自己紹介資料を作成することができれば、高い評価をしてもらえる可能性は十分にあるのです。もう1つ、自己紹介資料のメリットは、「プレゼン能力をアピールすることができる」という点です。

写真や場合によってはノートパソコンを持参して、動画で自分の特技や趣味や活動を伝えることで、採用担当者に強い印象を残すことができるのです。

自己紹介資料も職務経歴書と同じで、「こうしなければいけない」というルールはないので、自由に自分の魅力を表現すればよいのです。採用担当者の心に響く効果的な表現方法を見つけることができれば、プレゼン能力も同時にアピールすることができるのです。

アルバイトだから職務経歴書なんて不要という考え方を捨てる

多くのアルバイト希望者が「所詮は、アルバイトだから職務経歴書なんて求められていない・・・」と考えてしまいがちです。しかし、そのような考え方を持っているうちは、不採用になってしまう可能性も高くなるし、採用されたとしても、仕事が長く続かない可能性が高くなります。

なぜなら、「所詮はアルバイト」という考え方で仕事に向き合っているので、少しでも嫌なことがあると辞めたい気持ちになってしまうからです。「いつかは、正社員として就職したい」という気持ちが少しでもあるなら、「所詮はアルバイトだから・・・」という考え方を切り替えましょう。

考え方を切り替えないと、いつになってもバイト気分の仕事しかできなくなってしまいます。そもそも、雇う側の企業としては、「正社員だから、アルバイトだから、派遣社員だから、パートだから・・・」という分け方や見方はしていないのです。

なぜなら、正社員でもアルバイトでも給料を支払っている時点で、責任を持って仕事をするのが当たり前だと考えているからです。もし、将来につながるような、自分のキャリアアップやスキルアップの礎になるような気持ちでアルバイトを始めるなら、必ず、職務経歴書は作成するべきです。

契約社員に昇格している事に気付かない場合もある!?

意外にも多いのが、「自分がアルバイトから契約社員に昇格していることに気付かない・・・」というケースです。自分の中では、「アルバイトとして●●年間、働いていた」という認識であっても、契約上は、「ある時期から契約社員扱いになっていた」というケースが意外に多いのです。

例えば、1年以上アルバイトをすると、自動的に契約社員に昇格するというシステムになっている会社も多いのです。契約社員としての職歴があるのに、職務経歴書にすべてアルバイトとしての職歴として書いてしまうと、非常にもったいないのです。

なぜなら、アルバイトとして働いていた職歴よりも、契約社員として働いていた職歴の方が、職務経歴書を評価する上で確実に有利になるからです。

自分がアルバイトなのか?契約社員なのか?どういう扱いなのか分からない時は、すぐに勤務先の責任者や社員に聞いてみましょう。既に辞めてしまっている勤務先でも、電話をすれば教えてくれるので聞いてみましょう。

複数のアルバイト経験がある場合はアピールする職歴を絞り込む

複数のアルバイト経験がある場合は、職務経歴書にそのすべての職歴を書くのは得策ではありません。なぜなら、すべてを書いてしまうことで、本当にアピールしたい部分がぼやけてしまうと、本当にアピールすべき部分が薄まってしまうのです。

複数のアルバイト経験がある場合は、応募するアルバイトの業務内容に最も関連性があるものに職歴を絞り込むことが重要です。最も関連性のある職歴を職務経歴書の冒頭に書くことで、採用担当者に興味や関心を持ってもらうことができるのです。

どの職歴が最も関連性があり効果的なのか見極める目を持つことが肝心ということです。職歴を絞り込むことができたら、「具体的に、どのような業務に、どのようなポジションで取り組んでいたのか?」を分かりやすく書きましょう。

これを書くことで、採用後に、どのような形で活躍してくれる人材なのか?採用担当者にイメージさせることができるのです。

他にも、アルバイト経験の中で、新人アルバイターに仕事を教えた経験や、仕事で上司やお客様に褒められたエピソードなどがあれば、積極的に職務経歴書の自己PR欄に書いていきましょう。

アルバイトに応募する際の注意点

アルバイトに応募する際の注意点をまとめてみました。まず、最初に気をつけて欲しい点は、応募した後の、先方からのメールが確実に届くように設定しておくという点です。

携帯電話の場合でも、パソコンの場合でも、迷惑メール設定などが自動的にされていて、先方からのメールが届かないという最悪な事態にならないように注意する必要があります。確実にメールを受信して、できる限り、早急に対応するのがマナーです。

次に、面接時の注意点です。面接の時は、積極的に質問をしたほうが面接官に与える印象は良くなります。ただし、闇雲に質問をしても意味がないので、質問はしっかりと厳選しましょう。

会社のホームページや募集要項を見れば、すぐに答えが分かるような質問をするのは逆効果となってしまうので十分に注意しましょう。質の高い質問をするためには、十分に時間をかけてホームページや募集要項やネットで情報収集など、あらゆる手段をつかって事前に企業研究をしておきましょう。

じっくりと企業研究をした上で、それでも分からない点を質問すれば面接官に与える印象も良くなるのです。面接官に「この人はよく企業研究をした上で質問をしてきている!」と思わせることができれば、プラス評価につながります。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別