職務経歴書にアルバイト経歴を記載する際の注意点

職務経歴書にアルバイト経歴を記載する際の注意点

スポンサードリンク



職務経歴書にアルバイト経歴を記載する際の注意点

職務経歴書にアルバイト経歴を記載する際の注意点

職務経歴書にアルバイト経歴を記載する際の注意点を分かりやすくご説明します。

そもそも職務経歴書にアルバイト経歴を記載するべきなの?

「アルバイトなんだから、職務経歴書は書かないでいいんじゃないの?」確かに、アルバイトに応募する場合は、職務経歴書の提出は求められないことが多いのです。

しかし、だからこそ職務経歴書を書く意味があるのです。最近では、時給や条件が良く、スキルアップもできる人気のアルバイトが増えてきています。

人気の高いアルバイトは、それだけ競争率も高くなり採用される可能性は低くなります。だったら他の人と同じような応募書類を作成していてはダメです。

他の人がやらないことをやることで、確実に差をつけることができるのです。提出を求められていない職務経歴書を作成することで、採用担当者に強いインパクトを与えることができるのです。

職務経歴書を初めて記載する方は、自分の考えで闇雲に記載するのではなく、必ず、見本を参考にして書いてみましょう。

当サイトにも質の高い職務経歴書の見本がたくさんありますので、是非とも参考にしてみてください。職務経歴書の記載内容がめちゃくちゃで質が低いと提出する意味はないので注意が必要です。

次にアルバイトから正社員へ転職をする場合は、職務経歴書は書くべきか?書かないべきか?という問題について考えてみようと思います。

まず、これだけは間違いなく言えることは「正社員への転職の場合、職務経歴書を記載しなければ絶対に採用されない!」という点です。

しかもアルバイトに応募する時よりも、さらに見た目も内容もクオリティの高い職務経歴書に仕上げないと書類選考すら突破できないでしょう。

見た目やレイアウトの質が高い職務経歴書を作成するためには、既にある職務経歴書のテンプレートやフォーマットをダウンロードするのが1番の近道です。


スポンサードリンク



アルバイト経歴を職務経歴書に記載する上で何を優先させるべきか?

アルバイト経歴を職務経歴書に記載する上で何を優先させるべきか?これは、アルバイトへの応募でも、正社員への応募でも「戦力となる実務経験」を記載するのが最も効果的とされています。

アルバイトでも正社員でも、採用担当者が欲しがっている人材は、即戦力、若しくは、短期間で戦力となり業務に貢献し、成果を出してくれる人間です。自分には、それだけの能力があるということを言葉でアピールするのは簡単ですが、言葉だけでアピールしても信憑性が伝わりません。

職務経歴書に自己PRを記載する時は、言葉だけでなく具体的な実績や成果やスキルをアピールすることが効果的です。

事務職など具体的な実績を記載することができない場合は、どのようなことを重視して業務に関わることができたのか?そのプロセスが伝わるようなエピソードを職務経歴書に記載すると効果的です。アルバイト経験だからといって卑下することはまったくありません。

むしろ、実務経験に乏しい正社員の経歴よりも、現場の第一線で活躍していたアルバイトの実務経験の方が評価される可能性も十分に考えられるのです。何度も言いますが、採用担当者は過去の職務経歴や雇用形態を重視していません。「自社でこれから何ができるのか?何がしたいのか?」を知りたいのです。


スポンサードリンク



勤務した会社名よりも実務経験を中心に記載する

アルバイト経験しかない場合、勤務した会社名や規模を書いても、たいした効果は期待できません。なぜなら、アルバイト経験しかない場合、採用担当者は気になるのは、勤務先の会社名や規模よりも、「どのような実務経験をしてきたのか?」という点だからです。

それなのに、勤務先の企業名や規模や従業員数などの会社概要を優先的に記載してしまう応募者が非常に多いのです。職務経歴書の書き方は自由ですが、記載できるスペースには限りがあります。もちろん自由なので職務経歴書が10枚や20枚になっても問題ないですが、絶対におすすめできません。

なぜなら、職務経歴書の枚数が4枚を超えた時点で、大きく減点されてしまう可能性が高くなるからです。複数のアルバイト経験がある場合、その全ての会社概要を書いてしまえば、すぐに職務経歴書の枚数は4枚を超えてしまうことでしょう。

そのようなことにならないためには、職務経歴書に記載する内容に優先順位をつける必要があるのです。職務経歴書に記載する内容に優先順位をつけるとしたら、やはり1位は実務経験やスキルです。

アルバイト経験しかない方は、特に実務経験と身につけているスキルが重視され評価の対象となります。余計なことを書かずに実務経験とスキルを職務経歴書の先頭に書いて、採用担当者にインパクトを与える職務経歴書に仕上げましょう。

社会人ならできて当たり前のことは記載しない!

アルバイト経験しかない人の場合、これをやってしまうケースが非常に多いので注意が必要です。アルバイト経験しかなく社会人経験がないので、こういったミスをしてしまうのは、ある意味で仕方が無いことですが、正社員への転職を真剣に考えているなら、十分に注意することが必要です。

では、どのようなことを職務経歴書に記載してはいけないのでしょうか?

例えば、例文を挙げるとしたらこんな感じです。

「仕事は責任を持って最後まで諦めずに成し遂げることができます。」

「お客様との約束は絶対に守る自信があります。」

「目標を持って一生懸命働きます。」

「言葉遣いやマナーや礼儀を守り接客をしたいと思います。」

「協調性とチームワークを重視します。」

どうですか?もっともらしく聞こえますが、どれも社会人ならできて当たり前のことばかりです。こんなことを職務経歴書に記載してしまえば、「レベルが低い人材・・・」という悪い評価を受けてしまうのです。

必ずキャリア形式で記載する。

アルバイト経験が多い人が職務経歴書を作成する場合は、必ずキャリア形式で記載するようにしましょう。アルバイト経験が多いと、普通に編年体形式で書いてしまうと、どうしても「短い期間にアルバイトを何回も変えている・・・忍耐力がない証拠だ・・・」という悪い印象を与えてしまうのです。

編年体形式は時系列で記載していく形式なので、どうしても過去のアルバイトから未来に向かって、「アルバイトを頻繁に変えている」ことが目立ってしまうのです。アルバイトを頻繁に変えていることが目立ってしまえば、間違いなくマイナス要素となってしまうのです。

それと比較して、キャリア形式なら、1つ1つの業務ごとに項目を分けて記載することができるので、アルバイトを頻繁に変えている場合でも、その事実を目立たなくさせることができるのです。逆に、1つ1つの業務における実務経験やスキルを目立たせ、効果的にアピールすることができるのです。

職務経歴書を手書きで記載しない!

まず、応募書類を書く大前提として常識的なことを申し上げておきます。履歴書は手書きで書いてもOKですが、職務経歴書を手書きで記載するのはNGです。最近では、履歴書も職務経歴書もパソコンで記載する人が増えているし、パソコンでの提出を求める企業も増えています。

理由は、単純に読みやすいからです。職務経歴書を作成する時は、中身の内容だけを重視してしまう応募者が多いですが、見た目や読みやすさやレイアウトも重要な評価の対象となるのです。

どれだけ中身が素晴らしい職務経歴書でも、読みにくく見た目もレイアウトも悪い職務経歴書だと、それだけで不採用になってしまう危険性が出てきてしまうのです。そもそも、見た目が悪く読みにくい職務経歴書を提出してしまうこと事態が失礼に値するのです。

職務経歴書は自分を売り込む宣伝ツールです。仕事に置き換えると重要なプレゼン資料のようなものです。自分を売り込む宣伝ツール、プレゼン資料の見た目が悪いままで提出してしまうような人材を採用したいと思う担当者なんていませんよね?

大切なのは、自分が採用担当者の視点に立って、「本当に読みやすく、分かりやすく、見た目も良い職務経歴書なのか?」を判断する目を持つことです。

自信がないなら、転職サイトに掲載されているプロが作成した見本を参考にしてみましょう。当サイトでも、職務経歴書の見本や入力用のテンプレートやフォーマットがあるので、宜しければご活用ください。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別