職務経歴書でアルバイト期間は全て書くべきか?

職務経歴書でアルバイト期間は全て書くべきか?

スポンサードリンク



職務経歴書でアルバイト期間は全て書くべきか?

職務経歴書でアルバイト期間は全て書くべきか?

過去に複数のアルバイト期間がある方は、その全てのアルバイト期間を職務経歴書に書くべきでしょうか?それとも書かないべきでしょうか?

結論から申し上げると、「すべて書くべきではない」ということです。特に、複数のアルバイトを短期間でコロコロと変えている場合は、その全てのアルバイト期間を職務経歴に書いてしまうと、間違いなく採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

なぜなら、採用担当者からすれば「この人は短期間のうちに何度もアルバイトをコロコロと変えている・・・きっと採用してあげても、またすぐに仕事を変えてしまうのだろう・・・」と考えるのが普通だからです。

では、どうしたら良いのでしょうか?正解は、応募する企業の業務内容に関連するアルバイトと、長期で働いたアルバイトのみを厳選して職務経歴書に書くというものです。

本来なら、応募する企業の業務内容に関連性の高いアルバイト経験だけを書けば良いのですが、そのアルバイト期間が短いとあまり意味がありません。そういった意味では、長期間、働いたアルバイト経験も書いておいて損はないのです。

注意点としては、あまり書きたくないアルバイト経験でも、社会保険の手続きを済ませ、雇用保険を払っていた場合は、必ず書かなければいけないという点です。

アルバイトでも社会保険の手続きを済ませてしまうと、転職した企業に入社する時、社会保険の新しい手続きをする時に、そのアルバイト経験が発覚してしまうのです。

職務経歴書にないアルバイト経験が発覚することになれば、最悪の場合、経歴詐称と判断され内定が取り消しになってしまうかもしれません。

あまりアピールしたくない関連性の薄いアルバイト経験でも社会保険の手続きを済ませているなら、職務経歴書の下の方に目立たなくて良いので必ず書くようにしましょう。

そして、応募する企業の業務内容に関連性のある実務経験やスキルを目立つように冒頭に書けば良いのです。

数日や数週間で社会保険の手続きもしていないようなアルバイト経歴は書かなくても、まったく問題ありません。

数日や数週間で辞めてしまったアルバイトを馬鹿正直に書いてしまえば大きく減点されて不採用の可能性が高くなってしまうのです。

正直に生きることは人生においても仕事においても大切なことですが、転職試験は真剣勝負です。書かなくて良いことまで書いて不採用になってしまったら、それまでの努力は何の意味もなくなってしまうのです。

アルバイト経歴を隠したり嘘をつくわけではないのです。「書かないで良いアピールポイントは書かないで良い」と考えれば良いのです。採用担当者だって数日や数週間で辞めてしまったアルバイトの経歴など、なんの実務経験にもスキルにもならないので、書いて欲しくないのです。


スポンサードリンク



アルバイト期間や正社員の期間が短い場合の効果的な書き方

アルバイト期間や正社員の期間が、どれも短い場合は、職務経歴書を書く時、非常に困りますよね?どの職務経歴も短いと自信を持ってアピールすることができなくなってしまうからです。しかし、そこは少し工夫すれば見た目も印象も良くすることができます。

どのような工夫が必要なのかというと、例えば、1番好印象を与える正社員や契約社員の職務経歴を先頭に持ってきて短い経験ながらもエピソードなどを加えて、できる限り膨らまします。エピソードを加えれば、簡単に文章のボリュームを増やすことができるのです。

その他のアルバイトや派遣社員の期間が短い職務経歴は、職務経歴書の下の方に目立たなく書けば良いのです。ただし、イレギュラーな場合もあります。

例えば、応募する企業の業務内容に関連性の高いアルバイト経験や派遣社員の経験がある方は、たとえ、正社員や契約社員の経験があっても、そっちを優先させた方が高い評価がつく可能性が出てくるという点です。

最近の採用担当者は、雇用形態よりも、どのような実務経験をしてきたのか?を重視する傾向が強いので、アルバイト経験でも派遣社員の経験でも高い評価がもらえる可能性があるのです。そのような場合は、期間が短くてもアルバイト経験や派遣社員の経験を先頭に持ってきてアピールすることが効果的です。


スポンサードリンク



短期間のアルバイトとブランクだったら、どっちが有利?

職務経歴書に短期間のアルバイトをコロコロと変えていたマイナス要素となる事実を書くことと、それを隠してブランク期間にしてしまうのと、どちらが有利になるのでしょうか?このような場合、有利という言葉を使うのは間違っているかもしれません。

なぜなら、どちらの場合も不利だからです。ですので、どちらの場合がマシか?で考えてみようと思います。まず、多くの採用担当者が最も嫌うのは「ブランク期間が長い」という事実です。

ブランク期間が長いくらいだったら、コロコロと短期間で変えていたアルバイト経歴でも、書かないよりはあった方がマシということです。つまり、職務経歴の欄を空白にするくらいだったら、まだ短期間のアルバイト経験を書いた方がマシということです。

参考までに、私はあまりおすすめしませんが、もう1つだけ方法があります。それは、短期間でアルバイトをコロコロ変えていたという事実は隠しておいて、「ブランク期間中は、●●の資格取得に向けて求職活動をしながら勉強をしていました。」という書き方です。

しかしながら私は、やはりおすすめできません。一昔前なら、このような書き方でも通用したかもしれませんが、今では通用しないことが多いからです。なぜなら、スキルアップのための資格を取得したいなら、仕事を続けながら自分で勉強する時間を作るのが社会人としての常識だからです。

留学のために・・・転職のために派遣社員として・・・という理由も同じです。どのような理由があろうともブランク期間は必ずマイナス要素として悪く評価されてしまうということです。

あなたが思っているほど採用担当者はアルバイト期間を重視していない!?

インターネットの相談サイトを見ると、あまりにも過去のアルバイト期間を気にしすぎている方を多く見かけます。

例えば、「アルバイトが重複している場合の書き方はどうしたらいいのか?1つ目のアルバイトと2つ目のアルバイトの間にブランク期間が数日あるけど、それは正直に書くべきか?アルバイト経歴の数と期間を正確に書くべきか?経歴詐称にならないか・・・」などなど心配や不安の書き込みが非常に多くあります。

確かに、アルバイトから正社員への転職を真剣に考えれば考えるほど心配や不安な気持ちが強くなってしまいます。すべてが初体験だし、アルバイトの履歴書なら書いた経験はあっても、職務経歴書を作成するのは初めてなのですから。不安になって当然です。

しかし、不安になりすぎて考えすぎてしまうと悪い結果を生み出してしまいます。まず、1番大切なことを先に申し上げます。採用担当者は、あなたが思っているほどアルバイト期間を重視していません。

では、何を重視しているのか?というと、それは、「アルバイト期間よりも、アルバイトの業務内容で、どのような実務経験とスキルを身につけているか?その実務経験やスキルを自社で活かすことができるのか?」この一点だけです。

要するに、アルバイトを何個やってきたのか?どれくらいの期間で辞めたのか?採用担当者にとって、そんなことはどうでも良いことなのです。

肝心なのは、アルバイトでどんな実務経験とスキルを吸収することができたのか?それを分かりやすい言葉で簡潔に書けば高い評価がもらえるのです。たったそれだけのことです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別