職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべきでしょうか?

職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべきでしょうか?

スポンサードリンク



職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべきでしょうか?

職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべきでしょうか?

「職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべきでしょうか?」という質問をされることがあります。

私は、このような質問をされた時、必ず、「アルバイト経歴でも職務経歴書に入れるべきです!入れておいてプラスになってもマイナスになることはありません!」と自信を持って回答しています。

そもそも、どの企業の採用担当者も、「正社員、アルバイト、派遣社員、パート」などの雇用形態でプラスやマイナスの評価をつけることはありません。

もちろん、正社員の経歴を持っていた方が多少有利にはなりますが、そんなことよりも採用担当者が重視しているのは「採用したら即戦力として業務に貢献してくれるのか?」または「即戦力にはならなくても短期間で戦力になる能力を持っているのか?」という点なのです。

つまり、アルバイトでも派遣社員でもパートでも「即戦力になれます!短期間で戦力になれます!」ということを具体的な根拠を明示してアピールすることができれば、十分に採用される可能性はあるということです。


スポンサードリンク



ブランク期間がある方こそ職務経歴書にアルバイト経歴を入れるべき!

「なかなか次の仕事が見つからなかったり、怪我や病気で療養していたり、子育てをしていたり・・・」やむを得ずブランク期間が長くなってしまう方も少なくないでしょう。ブランク期間は長くなればなるほど、たとえ、やむを得ない理由があっても、求職活動では不利になってしまいます。

それは仕方がないことです。肝心なのは、少しでも不利な部分をカバーできるプラス要素をアピールしていくことです。ブランク期間のデメリットを払拭するために効果的なのが、転職したい業界に関連性のあるアルバイトをすることです。

何もせずにブランク期間を長くするくらいなら、アルバイトで関連性のある業務を経験したほうがキャリアになるのです。応募する企業の業務に関連性のあるアルバイト経験は、かなりのプラス要素となります。

「どうせ、アルバイト経歴だから相手にされない・・・書いたら笑われる・・・」などと悲観的にならずに、必ず、職務経歴書にアルバイト経歴を入れるようにしましょう。

大切なことなので、もう1度言いますが、採用担当者は「アルバイトの経歴だから・・・派遣社員の経歴だから・・・パートの経歴だから・・・」というマイナスの評価はしません。自分のアルバイト経歴に自信を持って、積極的にアピールしていきましょう。

スポンサードリンク



短期間で複数のアルバイトを経験していると不利になる!?

さすがに、短期間でコロコロとアルバイトを変えていることを、職務経歴書の内容に入れてしまうと不利になります。しかし、過去は変えることができないので、少しでも不利な部分をカバーできる工夫をしましょう。

面接で、「なぜ、短期間に、複数のアルバイトを経験しているのでしょうか?」と聞かれた時、動揺することなく次のように答えましょう。「もともと短期間の契約だったので、自分の意思ではなく、契約が終了し、辞めることとなったのです。

私の目標は、あくまでも正社員になることです。自分が正社員として、やりたい仕事を見つけるために、アルバイトという形で、様々な業界の現場を見ることができました。

私としては、短期間に複数の企業で働けたことにより、貴重な経験ができたと思っています。」このように超プラス思考で書けば、意地悪な反論をしてくる採用担当者は1人もいないと思います。むしろ、「行動力があり前向きな人」というプラスの評価がいただけるかもしれません。

なぜ、職務経歴書にアルバイト経歴を入れる必要があるの?

なぜ、職務経歴書にアルバイト経歴を入れる必要があるのでしょうか?その理由は、「履歴書では紹介することができない具体的なスキルや経験の詳細を、職務経歴書でアピールする必要があるからです。」履歴書には、業務内容の具体的な部分や、スキルや実績の詳細を書くスペースはありません。

つまり、履歴書だけだと抽象的なアピールポイントしか紹介できないということです。抽象的なアピールポイントしか紹介できないと、採用担当者に本当のあなたの魅力を効果的に伝えることができないのです。

本当のあなたの魅力を伝えるためには、職務経歴書を上手に活用して「アルバイト経歴の中で、どんなことを吸収し学んだのか?」を具体的に書く必要があるのです。

アルバイト経歴でアピールポイントになる材料が見つからない時は、転職サイトや転職エージェントに登録し、無料の適性診断サービスを受けてみましょう。その結果を職務経歴書に書くだけでも良いアピールポイントになります。

学生時代のアルバイト経験も職務経歴書に入れるべき?

結論から申し上げると、学生時代のアルバイトでも、転職を希望する企業の業務内容に関連性のあるアルバイトなら、職務経歴書に入れるべきです。

ハローワークや転職サイトのアドバイザーによっては、「学生時代のアルバイト経験を職務経歴書に書くのは非常識」なんて言う人もいますが、私は、そのような決め付けた考え方は間違っていると思います。先ほども申し上げたように、採用担当者は、職務経歴における雇用形態を気にしていません。

それと同様で、そのアルバイト経験が、「社会人になってからの経験なのか?学生時代の経験なのか?」そんなことにも関心はないのです。採用担当者が興味や関心を抱くのは「どのような仕事経験があるのか?その経験やスキルを活かし戦力になってくれる人材なのか?」という点だけです。

応募先企業の業務に関連性のないアルバイト経験でも職務経歴書に入れるべき?

あなたが「応募先企業の業務に関連性のないアルバイト経験だから職務経歴書に入れなくてもいいや・・・」と判断した場合でも、アルバイト経験は職務経歴書に入れるべきだと思います。なぜなら、関連性のある仕事経験かどうかを判断するのは採用担当者だからです。

もちろん明らかに応募先企業の業務内容に関連性のあるアルバイト経験があるなら、それを優先的にアピールした方が良いですが、そのような経験がない場合は、すべてのアルバイト経験を職務経歴書に入れることをおすすめします。

一見、関連性のないアルバイト経験だと思い込んでいても、採用担当者からしたら「その経験は、●●の業務では活かせないけど、●●の業務では活かせるかもしれない!」と新しい可能性が出てくることもあるのです。

本当に転職試験では何が起こるか分からないのです。勝手な自分の思い込みで採用されるチャンスを潰さないでください。

職務経歴書にアルバイト経験を入れる場合は自己PRが要!?

職務経歴書にアルバイト経験を入れる場合は、自己PRが要となりますので、力を入れて作成していきましょう。とは言っても、自己PRを書いたことがない人が、いきなり書けと言われても、ちょっとハードルが高いですよね?

今回は、「職務経歴書にアピール経験の自己PRを入れたいけど、なかなかうまく書けない・・・」という方のために、自己PRの例文をご紹介します。

例文@

「1日の来客数300人以上の店舗で接客業務とレジ業務を担当しておりました。常にお客様の視点に立ち、真心とおもてなしをモットーに接客スキルを磨いてきました。御社の運営する●●の店舗に何度も足を運び、スタッフの方々の対応や接客力が素晴らしいと実感致しました。●●のようなお店で働くことができたら、私の接客スキルを活かし、必ず業務に貢献し結果を出すことができると確信しております。一生懸命、頑張りますので、何卒、よろしくお願い致します。」

例文A

「商品のレイアウト、配列の順番、見せ方などの改善案を提出させていただきました。後日、私の提出した改善案が本社で認められ、商品のレイアウト、配列の順番、見せ方なども私の企画通りに変更されました。その結果、前年比、130%の売上アップを実現することができました。私は業務の全体を把握し、どのように改善するべきか企画を提案するのが得意です。発想力、企画力、行動力には絶対的な自信があります。今までの経験を活かし、御社の業務に即戦力として貢献できると確信しております。どうぞ、よろしくお願い致します。」

例文@とAをご覧いただいて、どうでしょうか?アルバイト経験ながらも、高いモチベーションを持って仕事に取り組んでいる姿を効果的にアピールすることができていると思います。

例文@とAのような自己PRを職務経歴書に入れることで、「アルバイト経験しかない・・・責任感もなく仕事をしていた・・・時給のためだけに働いていた・・・」というマイナスイメージを払拭することができるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別