職務経歴書|アルバイト【自己PRの書き方】

職務経歴書|アルバイト【自己PRの書き方】

スポンサードリンク



職務経歴書|アルバイト【自己PRの書き方】

職務経歴書|アルバイト【自己PRの書き方】

アルバイト経験しかない場合の、職務経歴書における自己PRの書き方のポイントを分かりやすくご説明します。

アルバイト経験しかない人は、どうしても「どうせ採用されないだろう・・・アルバイトの職歴なんて評価されるわけがない・・・」とネガティブな発想になってしまいがちです。

このようなマイナスの発想を持っているうちは、どんなに時間をかけて職務経歴書を作成しても書類審査に合格することはできないでしょう。

採用担当者もプロなので、ネガティブな思考を持った人材だと、すぐに見抜かれてしまい、「面接試験をするまでもない・・・」という最悪の評価をされてしまうのです。

そんなことにならないためにも、まずはネガティブな発想を全て捨て去ってしまいましょう。どうしても自分に自信が持てない方は、頭で考えるのではなく、何かしらの行動を起こしてみましょう。

アルバイト経験しかないなら、それをカバーするだけのスキルアップをすれば良いのです。

例えば、転職したい業界に有利な資格の講座を受講してみるとか、興味のある業界で派遣社員として実際に働いてみるとか、アルバイトやパートでも良いので、やりがいが持てる仕事をやってみるとか、ちょっと考えれば、いくらでもスキルアップにつながる行動を起こすことができるのです。

採用担当者は、このような行動力をポジティブな考え方を高く評価してくれるのです。大切なのは、「本気で転職したい!正社員として責任のある仕事がしてみたい!そのためには、貴社じゃないとダメなんだ!」という気持ちをアピールすることです。

「アルバイトから正社員に転職できれば、どの企業でも良い・・・」という姿勢が少しでもちらついてしまえば、採用担当者に悪い印象を与えてしまうのです。「正社員の職歴がないと評価されない・・・」という偏った考え方を持っているのは意外に応募者だけなのです。

なぜなら、多くの採用担当者は前職や過去の経歴の雇用形態について、それほどこだわりを持っていません。つまり、「元派遣社員でもアルバイトでもパートでも、戦力として業務に貢献できる経験とスキルを持っている人なら採用したい!」と採用担当者は考えているのです。

このような実情を知れば、アルバイト経験しかない方でもポジティブな発想に切り替えることができるかもしれませんね。希望する業界のお仕事経験がないなら、今から作ってしまえば良いのです。いきなり正社員で就職するのは難しいので、派遣社員かアルバイトで、まずは業界で働いてみることが肝心です。

働いてみることで得られる経験、吸収できたスキルこそが1番の自己PR要素となるのです。「貴社に転職するために、私は●●という行動を起こし、精一杯努力してきました。」このような自己PRこそ効果的なのです。ここまで説明してきましたが、いきなり自己PRを書けと言っても難しいと思います。

特に、初めてアルバイトから正社員に転職したいと考えている方なら、尚更です。そこで、今回は、アルバイト経験しかない人の効果的な自己PRの書き方の例文をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



アルバイト経験しかない人の職務経歴書の自己PRの書き方の例文

「私は、貴社への転職を成功させるために必要なスキルが足りないことを実感し、●●社で派遣社員として実務経験を積んできました。現場での実務経験から、PCソフトを活用した業務の効率化、処理スピードの上げ方を学びました。1年間の実務経験で、業務の効率化、処理スピードのアップに成功しました。●●社での経験とスキルを活かし、貴社の業務に貢献したいと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。」

「私は、●●社でアルバイトとして接客業務に従事してまいりました。最高の笑顔で、満足度の高いサービスを徹底できるように心掛けました。立場はアルバイトでしたが、仕事に対する気持ちは、正社員に負けないほどの高いモチベーションで取り組んできました。お客様から、笑顔や接客態度を褒められたことが何度もあります。毎回、私に話しかけてくれる常連さんもたくさんいます。●●社での接客スキルやコミュニケーション能力を活かし、貴社で働きたいと真剣に考えております。短期間で戦力となり成果を出す自信がありますので、何卒、よろしくお願い致します。」

「私は、パート従業員として●●社で●●の業務に携わりました。フルタイムで勤務していたので、数週間で全ての業務を覚えてしまいました。3ヵ月後には、新人のパートさんの教育係まで任されるほど自分を成長させることができました。勤務して半年が経過した頃、正社員登用のチャンスがありましたが、どうしても貴社へ就職したかったので、丁重にお断りしました。●●社での●●の業務経験は、必ず、貴社で即戦力として活かせるものだと確信しております。どうぞ、よろしくお願いします。」


スポンサードリンク



こんな自己PRの書き方は落とされる!?【アルバイト編】

採用を勝ち取るためには、最終面接に合格する必要があります。最終面接に到達するまでにも書類選考、一次面接、二次面接、三次面接・・・という険しい道のりが待っています。しかしながら、何はともあれ、まずは書類選考に通過しないと面接試験の切符もつかめないのです。

したがって、とりあえず面接試験のことは考えずに、書類選考を通過することだけを考えましょう。書類選考に通過する最短の道は、「職務経歴書に、落とされるような自己PRを書かない!」という点です。

落とされない、つまり不採用になる可能性が極めて低い自己PRを書くことができれば、書類選考を通過できる確率も上げられるのです。

なぜ、「ここまで自己PRの書き方を重要視するのか?」というと、書類選考の評価対象として最も重要視されているのが職務経歴書であり、職務経歴書の中でも多くの採用担当者が重要視しているのが自己PRだからです。

要するに、「自己PRを征する者は、書類選考を征する!」と言っても過言ではないということです。では、どのような自己PRの書き方をしてしまうと書類選考で落とされてしまうのでしょうか?例えば、「社会人なら当然のマナーや仕事に対する姿勢がない・・・」といったケースです。

「アルバイト経験しかない・・・」という時点で、採用担当者は、「社会人としての基本的なビジネスマナーや、仕事に対する責任は大丈夫だろうか?アルバイト気分で働かないだろうか?採用しても、すぐに辞めてしまわないだろうか?他の社員と人間関係をうまく築けるだろうか?」といった様々な不安を抱いてしまうのです。

このような採用担当者の不安を取り払うことができれば、アルバイト経験しかない人でも、十分に採用されるチャンスがあるということです。

書類選考に合格できる職務経歴書の自己PRの書き方の例文【アルバイト編】

「私は、アルバイト経験しかないので、そこをカバーするために、社会人向けのビジネスマナー研修を受けています。社会人としての基本的なビジネスマナーは身についていますので、あらためて研修を受ける必要はありません。基本的な、電話応対や来客応対は経験済です。」

「私は、どのような仕事でも責任を持って最後までやり遂げる人間です。●●のアルバイトを●●年間やってきましたが、無遅刻無欠勤で働き続けることができました。同僚が病欠した時も、自分の予定をキャンセルして出勤したことが10回以上あります。定時が過ぎても、担当した業務を最後までやり遂げる信念を持って仕事に取り組んでいます。」

「私は、アルバイト経験しかありませんが、1度も時給のためだけに働いたことはありません。すべてのアルバイト経験は自分の成長させるために必要な価値のある経験だと思っております。常に高い目標を持ち、仕事を通じてスキルアップできるように1日1日を無駄にせずに働きました。」

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別