広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本テンプレート|自己PR例文

広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本テンプレート|自己PR例文

スポンサードリンク



広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本|自己PR例文

広告代理店営業

広告代理店営業の職務経歴書1

dl


スポンサードリンク



広告代理店営業の職務経歴書2

dl


スポンサードリンク



広告代理店営業の職務経歴書3

dl

広告代理店営業の職務経歴書4

dl

広告代理店営業の職務経歴書5

dl

広広告代理店営業の職務経歴書6

dl

広告代理店営業の職務経歴書7

広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本テンプレート|自己PR例文 広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本テンプレート|自己PR例文

dl

広告代理店営業の職務経歴書8

広告代理店営業の職務経歴書の書き方見本テンプレート|自己PR例文

dl

広告代理店営業の自己PR例文1

4年半、広告代理店の営業を続けてきて学んだことは、クライアントからの希望を絡めつつ、自分の中で課題を持って仕事をするということです。課題も目標も持たずに仕事をしていた頃は、どんなに大きな仕事に携わっても、達成感を得ることができませんでした。営業2年目になり、明確な課題を持って仕事ができるようになりました。課題が持てるようになると、仕事にもメリハリがつくので、やりがいを持って楽しく働けるようになりました。

広告代理店営業の自己PR例文2

広告代理店の営業マンとして最も大切なことは、顧客やクライアントの問題点を見つけ出すことだと思います。顧客もクライアントも問題点について積極的に相談してくれることはないのです。しかし、その問題を解決することにビジネスチャンスが眠っているのです。だからこそ、一流の営業マンになるためには、相談される前に問題点や悩みを察知する能力が必要なのです。3年間の営業経験で、顧客やクライアントの問題点や悩みを察知する能力を身に付けることができました。

広告代理店営業の自己PR例文3

私は、5年間広告代理店の営業職を経験してきました。最も得意とする営業手法は、ソリューション営業です。クライアントからの要望に対して、ピンポイントで的確な提案を積極的にすることができます。十分な準備期間を設けて、じっくりと営業戦略を練ることが好きです。自分の思惑通りに営業戦略を進めることができた時の、達成感は何ものにも代えがたいものがあると思います。

広告代理店営業の自己PR例文4

6年間、広告代理店の営業をしてきましたが、あらためて「クライアントの抱えている問題を探り出すことは難しい・・・」と実感しました。結構な割合で、クライアント自身も自らが抱えている問題に気付いていない場合も多いので、そのような時は尚更、こちらが問題を探り出すことは至難の業と言えるのです。しかしながら、その難題をクリアすることで、ビックビジネスにつながる経験を何度もしてきましたので、私は、常にクライアントの問題を探り出すという営業手法を実践してきました。

広告代理店営業の自己PR例文5

広告代理店の営業を6年半やってきて、仕事でモットーにしてきたことは、「時間を十分にかけて、クライアントの話を親身になって聞く」という点です。これは新卒入社の頃に指導してくれた人事部の先輩から教えてもらった教訓です。6年半、この教訓を守り続けることで、3期連続、営業成績トップという快挙を成し遂げることができました。これからも、このモットーを忘れることなく、精進していきたいと思います。

職務経歴書の書き方8つのポイント【広告代理店営業の場合】

市場動向やトレンドに敏感という点をアピールする

広告代理店の営業職たるもの、市場動向やトレンドに敏感でなければ務まりません。常にインターネットやニュースや書籍で、市場動向やトレンドをチェックしておきましょう。

単純に情報を頭に詰め込むだけなら、誰にでもできますが、その情報をどうやって整理して、1歩先の市場動向やトレンドを予測できるか?そこが広告代理店の営業に求められる能力です。

そのような市場動向やトレンドを先読みする能力があることを、職務経歴書に具体的なエピソードで書くと良いでしょう。

型に捉われない発想力と企画力をアピールする

型に捉われていると、どうしても斬新で新しい発想力や企画力は生まれてきません。

広告代理店の営業職は、常に斬新で新しい発想力や企画力が求められます。

したがって、真面目一筋で応用がきかず容量も悪いタイプの人は、向いていないと思われてしまうことでしょう。

過去の仕事経験の中で、「型に捉われずに斬新な発想力と企画力で仕事を成功させることができた!」このような経験談を職務経歴書をアピールしてみましょう。

携わったイベントや企画などの実績を分かりやすくアピールする

今までに携わったイベントや企画などの実績を職務経歴書に書いてみましょう。実績を書く時は、次の2つのポイントを守りましょう。

1つ目のポイントは、実績を数値化して書くという点です。2つ目のポイントは、分かりやすいエピソードを書くという点です。

この2つのポイントをしっかりと守って職務経歴書を書けば、採用担当者の目に留まる内容に仕上げることができます。

職務経歴書を書く上で、型にはまったルールはないので、例えば、実績を数値化したグラフにしてアピールするのも1つの効果的な手段だと思います。

グラフにして書くことで、プレゼン能力やパソコンスキルも同時にアピールすることができるのです。

クライアント情報など機密情報を漏らすのは厳禁!

いくらアピールポイントになるからといって、クライアント情報などの機密情報を職務経歴書に書いたり、面接で発言したりするのはご法度です。

「自分の中で、最も高く評価される実績を詳しくアピールしたい!」という気持ちは重々分かりますが、機密情報をもらすような人材を採用してくれる企業はどこにもありません。

機密情報を漏らすような職務経歴書の書き方をしてしまえば、書類審査で即不採用になってしまうことでしょう。

採用担当者がこのような厳しい判断をするのは当然のことです。

機密情報を漏らすような信用できない人材を採用すれば、今度は、自社の機密情報を他社に漏らされてしまうかもしれない・・・と考えるのが普通だからです。

機密情報だとは知らずにアピールしてしまう応募者も多いので、十分に注意しましょう。

ディレクション能力とプレゼン能力をエピソードでアピール

広告代理店の営業職ほど、ディレクション能力とプレゼン能力が求められる職業はないでしょう。

過去の職務経歴で、どのようなイベントや企画に携わり、あなたがどのようなポジションでディレクション能力を発揮してきたのか?

また、プレゼン能力をどのように活かして、どのような成果を出すことができたのか?

具体的な結果を職務経歴書にまとめましょう。

プロセスも大切ですが、結果が伴わないと、中途採用としての採用は難しくなってしまうので、どのような小さな成果でも良いので、結果を重視して書きましょう。

豊富な人脈があることもアピールする

広告代理店の営業職にとって、大切なのは、クライアントや得意先などにある豊富な人脈です。

人脈が多ければ多いほど、ビジネスにつなげることができるし、ピンチの時も助けてもらうことができるのです。

人脈を増やすためには、何事にも積極的にチャレンジしてみることが大切です。

いつでも「教えを乞う」姿勢で仕事をすれば、自然に人脈は増えていきます。

仕事だけでなく、プライベートや趣味やボランティアでも人脈を広げることができるので、好奇心旺盛に行動力を持って参加してみましょう。

職務経歴書のエピソードの中で、豊富な人脈があることを、さりげなくアピールするのがコツです。

効果的な書き方は「仕事で窮地に立たされてしまった時、豊富な人脈を活用し、乗り切ることができました」という感じのエピソードが良いでしょう。

独自の営業手法をアピールすることで差別化を図る

広告代理店の営業職で転職をする場合は、独自の営業手法をアピールすることが効果的です。

他の人が職務経歴書に書いたり、面接でアピールしそうな、ありふれた営業戦略だと、ライバルとの差別化を図ることができません。

広告代理店への転職は他の業界に比べて人気が高いので、その分、転職する上でライバルが増えて競争率が上がってしまうのです。

だからこそ、独自の営業手法をアピールして差別化を図らないと、書類選考を突破することもできないのです。

今までの営業経験の中で、成果を出すことができたエピソードを全てピックアップして、「その時に、自分がどのような戦略や目標や課題を持って仕事に取り組んだのか?」それを1つずつ紙に書きだしていけば、オリジナリティの高い独自の営業手法を見つけ出すことができます。

クライアントに誠心誠意尽くすホスピタリティ能力をアピール

広告代理店の営業職をやっていて、「一番辛い・・・」と思うことは、クライアントから無茶なことを要求された時です。

クライアントは神様よりも偉いので、絶対に逆らうことはできません。最初に言っていたことと、真逆の要求をしてきたり、奇想天外な要望を強いられることもあります。

しかし、そのような無茶な要望にも応えるのが営業職の使命です。

クライアントからの無茶な要求をされても、くじけずに対応するためには、誠心誠意尽くすホスピタリティ能力が必要となってきます。

過去にクライアントから無茶な要求をされたエピソードを職務経歴書に書き、「自分がどのようにして、その無茶な要求を受け入れ、乗り切ることができたのか?」それを伝えることで、効果的にホスピタリティ能力をアピールすることができます。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別