景気が回復して転職しやすい時期になっているのでしょうか?

景気が回復して転職しやすい時期になっているのでしょうか?

スポンサードリンク



景気が回復して転職しやすい時期になっているのでしょうか?

景気が回復して転職しやすい時期になっているのでしょうか?

本当に景気が回復して「転職しやすい時期」となっているのでしょうか?

実際に、キャリアップやスキルアップなど前向きな転職を行うなら、今の時期が最適なのでしょうか?悩むところです。

転職しやすい時期なのか?そうじゃないのか?自分の頭で考えても分かりません。

その指標となるデータを見てみるのが1番の方法です。厚労省の雇用動向調査をチェックしてみましょう。

雇用動向調査の入職率をチェックしてみると、驚きの事実が出てきました。

なんと2005年からずっと転職する人の数は減少している・・・ということが分かったのです。

ずっと景気が悪かったので当然の結果かもしれません。もっと良い待遇や条件を用意してくれる企業がないと、なかなか転職する気持ちにもなりませんからね。

さて、今回の安倍首相の経済政策、つまり、アベノミクスでどれだけ景気は回復し、それにより、どれだけ転職する人が増えたのでしょうか?


スポンサードリンク



求人数が増えたのですが採用率は・・・

アベノミクスの効果なのか関係ないのか?さておき、景気が良くなり求人数が増えたのは事実です。しかしながら、求人数が増えたからといって、誰でも簡単に転職することができるのか?といったら、決してそんな事はないみたいです。

以前の景気が良い頃なら、誰でも受け入れてくれる企業が多かった気がします。それと比較して、最近の企業は頻繁に求人募集はするものの、本当に求めている人材にマッチしていないと、採用はしてくれません。つまり、求人数は多いけど、採用率は低い・・・という状況が続いているのです。


スポンサードリンク



複数の企業から採用される人と1社も採用されない人

今、複数の企業から採用される人と、1社からも採用されない人・・・といった感じで極端にわかれています。この原因は、企業の求めている人材に共通点が多いからです。どの企業も経験豊富で即戦力になってくれる人材が欲しいのです。

戦力にならないような人材は、どの企業でもはじかれてしまうということです。結局、正規社員として採用を手にすることができなかった人は、仕方がなく、派遣社員やアルバイトという道を選ぶしかないのです。

今後、さらにキャリアやスキル、経験が重視される傾向が強くなるので将来的に転職を考えているなら、目先の待遇や条件を優先するよりも、キャリアやスキルアップを意識して仕事をしたほうが良いかもしれません。

第二新卒に希望の光が!?

社会人経験ゼロの新卒者を採用するよりも、少なからず社会人経験のある第二新卒を採用したがる企業は増えているみたいです。第二新卒が企業からモテる理由は、研修などが済んでいるので1からビジネスマナーを教える必要がなく、そういった意味で経費がかからないから。

また、新卒者が就職できる時期より前に人材が必要になるから。もう1つ、社員の年齢のバランスを調整するために第二新卒を入社させるという理由も意外に多いみたいです。つまり、今は間違いなく新卒よりも第二新卒のほうが採用されやすい!ということです。

今、転職者はどうやって求人を見つけているの?

今の転職者はどうやって求人を見つけているのでしょうか?リサーチした結果、王道のハローワーク、求人広告、知り合いや親からの紹介といったケースが多いみたいです。やはり、誰もが転職=ハローワークというイメージを持っているのでしょうね。

しかし、ハローワークは思っている以上に求人の質も条件も悪いので、あまりおすすめしたくありません。年収アップ、待遇アップの転職を成功させるなら、ハローワークだと難しい気がします。

リストラや勤めている企業が倒産して、とりあえず一刻も早く就職を決めなければいけないならハローワークは求人数が日本1なのでおすすめですが、焦っていない転職なら、なにも条件の悪いハローワークを選ぶ必要はないと思います。

条件も待遇も良い求人を見つけたいなら、転職サイトを利用するのが1番です。なぜなら、転職サイトにはハローワークや求人広告にはない非公開求人や極めて待遇や条件の良い求人がたくさん転がっているからです。転職サイトは無料で利用できるので、転職活動中の方にも敷居が低く素晴らしいサービスだと思います。

効果的の転職支援が受けられる日はやってくるのか?

政府も転職者が転職を成功させることが出来る環境を用意したいと努力はしていますが、まだまだ足りない状況が続いています。つまり、今の日本において転職したい!と思っても十分な転職支援を受けることができない・・・ということです。

だから、転職してみても、前職よりも納得のいく転職先を見つけられて、尚且つ、採用を手に出来る人が少ないのです。こんな状況が続けば、今の会社に不満や不安を持っていて転職したいのに、転職活動を始める気にもならない・・・という人が増えてしまうことでしょう。

政府は、ハローワークや民間の転職支援会社が連携をとり転職者のために動いてもらいたいという想いがあるみたいですが、なかなかそれを実現するのは難しいみたいです。有料でも良いので、転職者が効果的な転職支援サービスを受けられる環境を作って欲しいという声もあがっているみたいです。

しかしながら、私は有料でこういったサービスを提供するのはよろしくないと考えています。なぜなら、転職が決まらずに経済的にも困っている人をさらに追い詰めてしまうからです。

今あるリクルートなどが運営している転職サイトや転職エージェントにもっとお金を投じて、よりよいサービスを作っていけば、本当の意味で、効果的な転職支援サービスが完全無料で提供できると思います。

逆に言えば、ハローワークはデメリットが多いので、ハローワークに使っている税金を転職サイトや転職エージェントに使えば、今の悪しき状況はかなり改善できると思います。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別