自動車整備士が足りない。若者の車離れや車の技術が高度になったことが原因

自動車整備士が足りない。若者の車離れや車の技術が高度になったことが原因

スポンサードリンク



自動車整備士が足りない。若者の車離れや車の技術が高度になったことが原因

自動車整備士が足りない。若者の車離れや車の技術が高度になったことが原因

「自動車整備士が足りない・・・」これは深刻な問題です。

自動車がなければ物流もストップしてしまうし、今の生活レベルを維持することができなくなるでしょう。

なぜ、自動車整備士が足りないという状況になってしまったのでしょうか?その原因は大きく分けて2つあります。

1つ目の原因は、若者の車離れです。昔ほど、車に興味を持っている若い男性がおらず、自動車整備士の専門学校に入学する若者も激減しているのです。

自動車整備士は特に給料が高いわけでもないし、羨ましがられる仕事でもないので、好きじゃないとできない仕事です。要するに、自動車をいじったりするのが好きな若者が減ってしまったということです。

2つ目の原因は、車の技術が高度になりすぎて、整備士としてやっていくのに、信じられないほど多くの高度な知識や技術が必要になってしまったという点です。

現代の自動車は、ほとんどがコンピューターで制御されています。つまり、パソコンを相当高いレベルで操作することができなければ自動車の整備もできないということです。

そういった高いレベルの専門的な知識や技術を学ぶためには専門学校でみっちりと勉強をする必要があるのです。

残念ながら、そこまで苦労して自動車整備士になりたいという若者はかなり前から減ってしまっているのです。

このままで将来的にも、さらに自動車整備士の不足は深刻になり、今から対策を講じていかないと整備する人がいなくなってしまうことでしょう。


スポンサードリンク



中高年の自動車整備士が中途採用でも働けない理由

自動車整備士が足りない・・・それならベテランの経験豊富な中高年の自動車整備士を中途採用すればいいのでは?と思ってしまいます。しかし、それには難しい壁があるみたいです。

確かに、ベテランの経験豊富な中高年の自動車整備士は知識も技術も持っていますが、それは昔の自動車に対してのことなのです。つまり、今の最新のハイブリットカーや自動ブレーキがついているようなコンピューター制御されている自動車に対する知識や技術は持っていないのです。

だから、自動車整備士としての中途採用の求人に応募しても雇ってもらえないことが多いのです。せっかく自動車整備士が余っているのに雇用してもらえないというのはもったいない話だと思います。


スポンサードリンク



ある自動車関連会社では若い社員を専門学校に入学させている

ある自動車関連会社では、会社からお金を援助して若い社員を専門学校に入学させています。つまり、自動車関連会社に入社して1度社会人になってから、働きながら専門学校で自動車の高度な知識と技術を学ぶということです。

このように企業が社員に投資してくれれば立派な自動車整備士が育ちそうですね。やはり、こういった行動を起こさなければ今の自動車整備士不足という現状を変えることはできないと思います。

中高年の自動車整備士を専門学校に入学させる

これは私の考えなのですが、余りに余っている中高年の自動車整備士を専門学校に入学させるべきです。少なくとも自動車の知識や技術は持っているので、コンピューターの知識や技術を学ぶことができれば自動車整備士としても即戦力として活躍することができると思うからです。

中高年の自動車整備士が専門学校に入学する学費は国が捻出するべきだと思います。もうこれぐらいの積極的な行動を起こさないと数十年後には最新の自動車を扱える自動車整備士が1人もいなくなってしまうかもしれません。

そうなれば、日本は致命的なダメージを受けてしまうことでしょう。それを考えたら、今の中高年の自動車整備士を育てることに国がお金を投資するべきだと思います。

中高年の自動車整備士が育成されたら、その人達が若手に知識や技術を継承していけばよいのです。その流れさえできれば、自動車整備士が足りない・・・なんて問題も解消できるのではないかと思います。

自動車整備士をもっと魅力的な職業と資格にすべき

なぜ、今の若者は自動車整備士に憧れを持たなくなってしまったのでしょうか?そこには様々な原因がありました。まず、給料や待遇面です。例えば、頑張って専門学校で勉強して一級整備士の資格を取得できたとしても、それに対する特別な手当てがつかないのです。

業務的には一級整備士の資格がなくても、こなせてしまうので、だったら専門学校に入学して高いお金と長い時間をかけて一級整備士をとる意味がない・・・と考えてしまうのです。就職ということだけを考えると、わざわざ自動車整備士の道に進む必要はなくなりますよね。

2つ目の原因は、せっかく自動車整備士の資格をとっても就職はそれほど甘くないという現実です。仮に上級資格である一級整備士の資格を取得したとしても、やはり、求められるのは現場で戦力になるかどうかです。

実務経験がない学生が必死になって就職活動をしても、経験のある中途採用を優先して雇用する企業も多いみたいです。要するに、若手を育成する資金力も余裕もない企業が多いということです。

このようなマイナス要素ばかりが見えてしまうので、それが自動車整備士という資格や将来性の魅力を打ち消してしまっているのです。自動車に興味があっても、ご飯を食べていくことができなければ、仕事としては魅力を感じなくなってしまうのです。

様々なマイナス要因が重なって、自動車整備士の専門学校に入学する若者も激減しているのです。しかしながら、これは当然のことだと思います。

将来性もなく待遇面やその他の面の魅力も弱く、国家資格なのに旨みが少ない、挙句の果てには就職するのも不利・・・これだけのデメリットがあれば、自動車整備士の人気が下がり続けるのは仕方がないことだと言えるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別