辛い職業ランキング【転職回数を増やさないために!】

辛い職業ランキング【転職回数を増やさないために!】

スポンサードリンク



辛い職業ランキング【転職回数を増やさないために!】

 

辛そうな会社員

転職を考える時、多くの人が「自分は何がしたいのか?」を考えます。しかし、何をしたいのか見つけることができても、入社できるとは限りません。

このような不景気で厳しい時代では転職成功率も低くなっているので、よほど運が良くないと希望する業界で転職に成功するのは難しいと言えるのです。

仮に、運よく転職することができたとしても仕事を長続きさせるためには、どんな会社に転職したとしても忍耐が必要です。しかしながら、最近の若い人は忍耐力がなく嫌な事があるとすぐに退職してしまうのです。

退職を繰り返すことで転職回数も増えてしまい、どんどん職務経歴書の職歴欄は増えていってしまうのです。恐らく、転職する度に待遇や条件が悪くなっていくことでしょう。

そんな事にならないためにも、転職先を選ぶ時は、「何がしたいか?」よりも「その仕事で耐えられるのか?長続きするのか?」というネガティブな面から考えた方が良いのです。そうすれば、転職後も何とか仕事を続けることができるのです。


スポンサードリンク



給料や年収が高くても、辛い職業を選んでしまえば長続きせずに「短期間で退職・・・」という職務経歴に汚点を残してしまうのです。給料や年収が高く知名度も人気度も高い優良企業でも、辛い職業は意外に多いので注意が必要です。

「テレビCMでもお馴染みの人気企業だから大丈夫!」だと思っても転職してみたら、「ブラック企業だった・・・」なんてこともあるので注意が必要です。どんなに辛い職業でも、ハードワークで残業や休日出勤が多くても、好きな職業なら耐えることができるはずです。

肝心なのは仕事の表面上の部分だけ見て適性を判断するのではなく、業務内容の詳細を実際に確認して、「本当に長く働き続けることができるのか?」を検討することです。そのためには、その仕事のメリットよりもデメリットやリスクの部分をしっかりと把握しておく必要があるのです。

つまり、自分が大好きな仕事なら、世間からブラック企業と呼ばれている会社でも、その人にとって天職になりうるということです。今回は、転職回数を無駄に増やさないために、辛い職業ランキングをまとめてみました。これから転職や就職を考えている人は、是非とも参考にしてください。


スポンサードリンク



介護のお仕事

福祉系の仕事に憧れを持つ人も多いですが、見ているのとやってみるのでは大違いです。肉体的にもハードだし人間関係もうまく築けないといけません。

排泄物を処理したり嘔吐物を処理したりなど、精神的にかなり厳しい業務もこなさなければなりません。また、仕事量の割りには給料が極めて低いので、待遇面での不満も辛い部分と言えるでしょう。

営業のお仕事

営業のお仕事は特別なスキルがなくてもコミュニケーション能力さえあればできる仕事なので転職をする上でハードルは低くなります。しかし、企業によっては売れない商品やサービスを飛び込みで売らされたり、クレーム処理を担当させられたりと、辛いことが多いようです。

最近では、サービス残業も休日出勤も当たり前、徹夜で仕事をすることもあるようです。ブラック企業の巣窟といっても過言ではありません。

特に、金融業界や不動産業界の営業は、営業職の中でも抜きに出て「辛い・・・」と噂されています。企業によっては早朝から深夜まで営業させて、休みもとらせず労働基準法を違反しているところも多いようです。

それでも首を切られないために必死になって働いている営業マンが大半なのです。営業は結果がすべてです。結果、つまり、売上実績を出せない人は冷たく扱われてしまうのです。成果を出すまで会社に帰ることができない・・・と嘆いている営業マンも少なくないのです。

逆に言えば、営業力に自信がある方は、実力成果主義の企業に転職することで、年収アップを実現することも可能ということです。ただし、時間的な拘束は長いことを覚悟しなければならないでしょう。

不動産業界は土日祝日は休めないことが多いので、独身の方は「友達や恋人と会う時間がない・・・」既婚者の方は「家族との時間がとれない・・・」というデメリットがあると思います。

ただし、ポジティブに考えれば、平日休みで、「どこに行っても空いている」と考えれば、それはメリットになるかもしれません。まぁ、考え方次第ということです。

事務のお仕事

事務のお仕事は一見、デスクワークなので楽に思えるかもしれません。しかし、1日の仕事時間が1番長く感じるお仕事でもあるのです。外に出ることもなく、地味な作業を毎日やらされるので退屈だし達成感もありません。

基本的には、他の仕事の補助的な役割なのでヤリガイを見つけるのも難しいでしょう。昼食後は睡魔との戦いになります(笑)腰を悪くしたり痔になったりする危険性もアリです。

製造のお仕事

工場などで行なう製造のお仕事です。流れ作業的なルーチンワークなので頭は使わないで良いですが、単調で退屈・・・というデメリットがあります。

また、納期が決まっているので納期が間に合わないとサービス残業や休日出勤を強制的にさせられたりすることもあるようです。下請けの零細企業が多いので、いつクビを切られるか分からない・・・という不安を持ちながら仕事をするのも辛いところです。

ガテン系のお仕事

ガテン系のお仕事は日給も高いし、体を動かすのが好きな人には最適なお仕事です。1日が終わるのも早く感じることでしょう。しかし、年齢を重ねるごとに体はボロボロになってしまうので一生続けられる仕事ではありません。

ガテン系で働くなら正社員で就職し、年齢をある程度重ねたら現場に出ないで良い管理者になる道を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

辛い職業ランキングを見ても分かる通り、どんな職業でも、それなりの辛さやデメリットがあるということです。つまり、少しも辛い部分がない楽な職業は存在しないということです。

最近では、「辛い職業ばかりだし・・・人間関係も煩わしい・・・。自分の好きな仕事だけをしたい!」という考えを持ち、フリーランスという道を選ぶ人も増えています。自分の能力を活かし、フリーランスだけで生活している人も増えてきました。

また、ランサーズなど、フリーランスの人に仕事を紹介するサイトも登場してきました。一見、雇われずに自由に仕事ができるフリーランスは辛くない!?と思われるかもしれませんが、フリーランスにはフリーランスなりの辛さやデメリットがあります。

収入が安定しないし、必ずしも自分の好きな仕事をやらせてもらえるかも分かりません。そういったデメリットを受け入れることができなければフリーランスでやっていくのは難しいでしょう。

転職した企業で長く働き続け、安定を求めるなら、やはり、「好きな仕事、やりがいのある仕事」を慎重に選ぶことが肝心ということです。そのためには、徹底的に自己分析をして「自分が何をしたいのか?何ができるのか?どんな仕事なら、楽しく長く続けることができるのか?」を考えることです。

そういった事を考えずに、給料の高さや、「楽そうだから・・・」という理由で転職先や就職先を選んでしまうと、働いてみた後に「辛い・・・辞めたい・・・」という結果になってしまうのです。給料の高さや待遇の良さだけで、嫌な仕事を長く続けることはできないということです。

 

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別