フリーランスから正社員への転職を目指す場合の職務経歴書の書き方

フリーランスから正社員への転職を目指す場合の職務経歴書の書き方

スポンサードリンク



フリーランスから正社員への転職を目指す場合の職務経歴書の書き方

フリーランスから正社員への転職を目指す場合の職務経歴書の書き方

フリーランスから正社員への転職を目指す場合の職務経歴書の書き方で最も重視して欲しい点は「コミュニケーション能力」です。

なぜ、コミュニケーション能力なのか?というと、採用担当者が1番危惧しているのは、「この人は、職場の仲間と人間関係を円滑にやっていくことができるのだろうか?」

どうしても、フリーランスの職歴がある人は、1人で仕事をするのが好きで、コミュニケーション能力に欠けているのではないか?

個人プレイは得意でも、チームプレイは苦手なのでは・・・?と勘ぐられてしまうのです。

そこの壁を越えない限り、採用の切符をつかむことはできないのです。では、どうしたらコミュニケーション能力を効果的にアピールすることができるのでしょうか?


スポンサードリンク



コミュニケーション能力を上手にアピールする方法

フリーランスの方がコミュニケーション能力を上手にアピールする方法は、具体的なエピソードを職務経歴書に盛り込むことです。過去に会社員をやっていた経験があるなら、その時にチームワークで仕事をした経験を具体的なエピソードとして書きましょう。

過去に会社員の経験がない場合は、バイトでも大学のサークルでもボランティア活動でも良いので、人と協力して何か1つのことを最後までやりとげたエピソードを盛り込みましょう。

これがコミュニケーション能力をアピールするベストな方法です。何をやるのも1人がいい!というタイプの方でも、人生で1度くらいは人と協力してやりとげたことがあるはずです。冷静になり、たっぷりと時間をかけて自己分析をしてみましょう。


スポンサードリンク



利益を出すための忍耐力があるか?

会社員になると、利益を出すために、やりたくない仕事、自分の意に反するような事もしなければなりません。それが嫌でフリーランスになる人が多いのでが・・・。

フリーランスから正社員に転職をするなら、会社の利益になるなら、やりたくない仕事でも割切って責任を持ってやれます!という忍耐力をアピールしましょう。どこかの頑固な職人さんのように、利益は出せてもやりたくない仕事は絶対にやらない!という姿勢が少しでも見えると不採用になってしまいます。

フリーランスとしての実績をアピールしよう!

フリーランスとして、どのような実績があるのか?具体的にアピールしてみましょう。仕事に対して妥協せずにクライアントからの信用を勝ち取ってきた!というような具体的なエピソードがあると良いでしょう。

また、フリーランスとして、どれだけの報酬を得ていたのか?その報酬額はフリーランスの業界として、どれくらいのレベルなのか?そこまで書けばフリーランスとしての能力を理解してもらえます。より具体的にアピールすることで、あなたの仕事力が伝わり高い評価をいただくことができるのです。

気をつけて欲しい点

最後に、これだけは気をつけたほうが良いと思う点を指摘しておきます。フリーランスになった理由が「人間関係の煩わしさもないし、楽そうだから・・・」というような印象を与えないようにしましょう。

もう1つ、フリーランスをやめて正社員になるのは、「お金のため・・・」という印象もよろしくないので気をつけましょう。フリーランスでも成功していたけど、御社でさらなる成功を手にするために正社員としての転職を希望します!という印象を与えるのが最善策です。

フリーランスから正社員への転職に成功している人はどれくらいいるの?

フリーランスから正社員への転職に成功している人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?これが意外にも多いようです。「元フリーランスだと正社員への転職には不利なんじゃないの・・・?」と思っている人が大半ですが、実際は、正社員への転職に成功している人が星の数ほどいるのです。

企業からすれば、経営者的な視点とポテンシャルを持っているフリーランスの人材は魅力的に見えるのです。自分1人で生活していくだけの利益が出せたということは、少なくとも社会人として一人前以上のスキルを持っている証拠となるのです。

だから、フリーランスの職歴をマイナスに考えることなく、プラス要素になると信じて堂々と自分をアピールしてみましょう。職務経歴書でアピールする時は、「専門性の高いキャリアやスキル、顧客管理、予算管理、コミュニケーション能力、営業力」などが伝わるように具体的に書きましょう。

ヒューマンスキルをアピールする際は、「経営者的な発想とモチベーションを持っている」という点を強く印象付けるよう意識しましょう。

採用担当者は、それほど雇用形態にこだわっていない!?

「職務経歴書の職歴欄にフリーランスの経験を書いてよいものか・・・?」などと迷っている人がいますが、1つも悩む必要はありません。必ず、書くようにしましょう。一昔前なら事情は違ったかもしれませんが、少なくとも現代の採用担当者は、雇用形態にそれほどこだわりを持っていません。

つまり、元フリーランスでも元アルバイトでも元パートでも、そんなことに関心は持っていないのです。では、どこに関心を持っているのか?というと、たった1つだけです。「どのような業務に携わり、どのようなスキルを持っているのか?」という点です。

要するに、正社員としての職歴じゃなくても、応募先企業の業務で活かせるようなスキルや経験があれば、どんどん積極的にアピールしていったほうが良いということです。実際に、フリーランス経験しかない方でも大企業や優良企業への転職に成功している方はいくらでもいるのです。

フリーランスという言葉を使う?個人事業という言葉を使う?

職務経歴書に職歴を記載する時、フリーランスとそのまま書くか?個人事業と書くか?どちらが正解なのでしょうか?答えは、どちらも間違ってはいません。ただ、どちらが無難かと言えば、個人事業だと思います。

その理由は、もし採用担当者が「フリーランス」という言葉を知らないと、意味が伝わらないからです。若い採用担当者ならフリーランスという言葉に馴染みがあるかもしれませんが、年齢を重ねている採用担当者には馴染みのない言葉かもしれません。

このような理由から、フリーランスという言葉よりも「●年●月個人事業を開業」と記載したほうが間違いありません。職務経歴書を書くコツは「誰にでも分かりやすく伝わりやすく」です。個人事業と書けば、どの年代の採用担当者にも間違いなく伝わるのです。

フリーランスから正社員へ転職するメリット

@給料、社会保険、福利厚生など待遇や条件の面で安定する。

A仕事上の人脈を増やすことができる。

B仕事が途切れることなくスケジュールも事前に組むことができる。

C企業名という大きな看板の恩恵を授かることができる。

フリーランスから正社員へ転職するデメリット

@フリーでやっていた頃の年収より下がってしまう可能性がある。

A自分のペースで仕事ができなくなってしまう。

B嫌いな仕事でも利益のためにやらざるを得なくなる。

C実績を出すことができても、それに見合う報酬を得ることができない可能性がある。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別