専業主婦が再就職する場合の職務経歴書の書き方

専業主婦が再就職する場合の職務経歴書の書き方

スポンサードリンク



専業主婦が再就職する場合の職務経歴書の書き方

専業主婦が再就職する場合の職務経歴書の書き方

専業主婦が正社員として再就職するのは容易な事ではありません。

バリバリのキャリアウーマンで部下を何人も抱えていた女性でも、結婚、妊娠、出産、育児で仕事をしていないブランクが長くなればなるほど再就職が難しくなります。

しかし、絶対に無理か?と言ったら、決してそんな事はありません。

むしろ、最近では女性が社会に進出する追い風が吹いているので一昔前よりは再就職しやすい状況になっているのです。

大手化粧品メーカーでも女性の管理職を一定割合以上にするという方針を打ち出すくらい、女性の仕事力が認められつつあるのです。

この追い風にのって是非とも再就職を成功させてくださいね!


スポンサードリンク



採用担当者はどこを評価している?

専業主婦が再就職する場合、採用担当者はどこを評価の基準にしているのでしょうか?評価の基準になっているのが「ビジネス感覚」です。ビジネス感覚はブランクが長くなればなるほど鈍ってきてしまいます。

どんなに仕事力のあるキャリアウーマンでもブランクが長くなればビジネス感覚が薄れてしまい、仕事力も半減してしまうのです。妊娠、出産、育児など、やむを得ない理由でブランクができてしまう場合は、ビジネス感覚が鈍らないように経済新聞やニュースを毎日チェックしましょう。

自分がいた業界の動向を頭に入れておくだけでもビジネス感覚を鈍らせることの予防になるのです。経済新聞やニュースを見る時間もない・・・という方は、元同僚など現役で働いている社会人と定期的に連絡をとり、仕事の話をすると良いでしょう。

それだけでも最近のビジネスがどのように動いているのか知ることができます。採用担当者もブランク期間中にどれだけビジネス感覚が鈍らないように努力や工夫を重ねたのか?その具体的なエピソードをアピールすることで「再就職への本気度」を伝えることができるのです。


スポンサードリンク



専業主婦ならではの経験をアピール♪

せっかく専業主婦なのですから、ならではのアピールをしましょう!専業主婦でも普通に転職する人と条件は一緒です。過去の経験や実績が採用の明暗を決める要素となります。主婦だから不利・・・なんて思う必要はありません。

専業主婦ならではのアピールポイントは2つあります。1つ目は、専業主婦をしながらもビジネス感覚を鈍らせないために努力や工夫を重ねてきたことをアピールしましょう。先述したように、忙しくてもできる限りの努力をしましょう。

また、社会人だった頃の実績やエピソードは忘れないように紙に書き出して保存しておきましょう。かなり前の実績や経験でも評価してくれる採用担当者もいるからです。2つ目は、育児経験をアピールする方法です。

育児経験は、まさに専業主婦にしかできない、ならではのアピールポイントです。母親になり育児に励んだ中で学んだ事や、自分が成長できたと思った点を具体的にアピールしていきましょう。

育児や家事に見合う報酬はサラリーマンの平均月収を超えるとも言われています。専業主婦の経験やスキルに自信を持って転職試験に臨みましょう!

アルバイトやパート、ボランティア経験、ビジネスセミナーなどもアピール!

専業主婦をやっていたブランク期間中に、アルバイトやパートで働いた経験があるなら積極的にアピールしていきましょう。応募する企業の業務と関連する仕事経験なら有利になれるし、関連性のない業務でも「ブランクがある・・・」というデメリットを緩和する効果があります。

やはりビジネス感覚を鈍らせない1番の方法は、どんな形でも良いので社会に働きに出ることです。専業主婦の場合、家事や子育てがあるので働ける時間が限られています。それでも短時間のアルバイトやパートや派遣社員なら十分に働くことができるはずです。

重要なのは、非正規社員の短時間の仕事でも、「高いモチベーションを持ち仕事に取り組んできました!」という姿勢をアピールすることです。これはかなり効果的な方法です。仕事経験がない方でも、ボランティア活動に参加した経験や、ビジネスセミナーに参加した経験をアピールしてみましょう。

要するに、「専業主婦の仕事だけで、他の努力は何もしてきませんでした・・・」と採用担当者に思われないようにすれば良いのです。どのような活動でも良いので、限られた時間の中で行動を起こし、再就職する際に職務経歴書や面接でアピールできるポイントを作っておくことが重要です。

スキルアップのために努力してきた事をアピール!

専業主婦をやっていたブランク期間中に、スキルアップのために努力してきた事を具体的にアピールしてみましょう。

例えば、応募先企業の業務に関連する「活かせる資格」を取得するために通信講座で勉強していました!そして、資格取得に成功しました!というアピールが効果的です。

採用担当者がイメージしやすいように通信講座の専門学校の名前と講座名を入れるとさらに信憑性が増します。

資格は取得したら終わりではなく、「その資格を取得するために得た知識や技術を、どのようにして応募先企業の業務に活かすことができるのか?将来は、どのようなポジションで、どのような仕事がしたいのか?」を具体的にアピールしましょう。そうすることで、初めて取得した資格を活かすことができるのです。

採用担当者が危惧しているのはコミュニケーション能力!?

ブランクのある専業主婦を採用する時、採用担当者が最も危惧する点は「仕事の仲間や関わる人との人間関係を上手に築くことができるか?」という点です。やはり、1度、離職しているので、ビジネス感覚と同じようにコミュニケーション能力や接客スキルも鈍っていると考えるのが普通だからです。

どれだけ輝かしいキャリアを持っている女性でも、長いブランクがあると、昔のように仕事上の人間関係を上手に築き上げるのは難しくなってしまうのです。そういった採用担当者の不安を払拭しない限り、採用を手にすることはできません。

採用担当者の不安を払拭するためには、やはりブランク期間中に、アルバイトでもパートでも派遣社員でも両親の仕事の手伝いでも友達の仕事の手伝いでも良いので、何かしらの仕事をしておくことです。「専業主婦のブランク期間中の社会と通じていた。

仕事に携わっていた。」という印象を採用担当者に与えることができれば、かなりのプラス評価になるのです。細切れでも短期間でも、非正規社員でも、仕事を継続していくことで、再就職の時、非常に有利になれるのです。

アルバイトでもパートでも派遣社員でも、とにかく仕事を継続していればビジネス感覚もコミュニケーション能力も接客スキルも、すぐに取り戻すことができるのです。

自分のスキルが古くなっていないか確認しておく

例えば、専業主婦の方でブランク期間が5年以上ある方は、5年前に通用したスキルが現在では通用しない可能性があります。特にPCスキルなどは日々、進化していきますので、新しいバージョンの最新の知識と技術がなければスキルとして認められない可能性が高いのです。

自分のスキルが古くなっていないか確認するためにも、いきなり正社員としての再就職を狙うのではなく、まずは派遣社員やアルバイトとして働いてみるという手段も良いと思います。

自分のスキルが古くなっていると気付いたら、職場で研修を受けたり、場合によっては専門学校や通信講座を受けて最新のスキルアップをしておく必要があります。現在でも通用するスキルにしておかないと、正規社員で再就職をする際の転職試験で致命的な弱点となってしまうのです。

PCスキル以外でも、既に通用しない古いスキルを職務経歴書や面接でアピールしてしまうと、それだけで「ビジネス感覚を失っている・・・」と判断され不採用にされてしまうので十分に注意しましょう。

焦る必要はないので、自分のこれまでに吸収してきたスキルを棚卸ししてみて、どれが通用して、どれが通用しないのか?じっくりと時間をかけて自己分析をしてみましょう。転職したい業界で、自分の持っているスキルが通用しないなら、通用するようなスキルに磨きをかければ良いのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別