効果的な企業研究の方法【転職の場合】

効果的な企業研究の方法【転職の場合】

スポンサードリンク



効果的な企業研究の方法【転職の場合】

効果的な企業研究の方法【転職の場合】

転職試験で最も効果的に自分をアピールするためには、十分すぎるくらい時間をかけて企業研究をする必要があります。

企業研究をする方法は様々ですが、主に、インターネット、書籍、新聞、転職サイトなどの方法があります。

最も効果的な企業研究の方法は転職サイトや転職エージェントを活用する方法です。

なぜなら、そこには転職支援のプロが在籍しているからです。皆さんは、転職を考える時、どうしても最初に頭に浮かぶのが「ハローワーク」というケースが多いでしょう。

そもそも転職サイトや転職エージェントの存在すら知らない人が多いのです。しかし、ハローワークはあまりおすすめできません。

なぜなら、求人の質も決して良いとは言えないし、相談員や職員の対応もどこか冷たい感じがします。

私も1度はローワークで転職活動をしたのですが、自分で実際に利用してみて、そのように感じました。試しにハローワークを利用した人の体験談をインターネットで調べてみてください。

「ハローワークを利用してよかった!転職に成功した!」なんて体験談は少ないと思います。それと比較して、転職サイトや転職エージェントなら豊富な情報を得ることができます。

特に転職エージェントでは専任のコンサルタントやキャリアアドバイザーと呼ばれる専門家がマンツーマンであなたの転職活動をサポートしてくれます。

普通なら知ることができない情報や、非公開求人といって、どこのサイトや求人誌やハローワークでも紹介されていないようなお宝求人を優先的に紹介してもらうこともできるのです。

転職サイトも転職エージェントも利用するサービスは全て無料です。だから転職活動中の方も、将来的に転職をお考えの方も安心して利用することができるのです。


スポンサードリンク



独自のルートを持っているから強い!

転職サイトや転職エージェントでは業界に精通したコンサルタントが独自のルートを持っているので、絶対に自分では調べることができない企業研究ができてしまうのです。どの企業でも採用される枠は限られています。

厳しい競争の中で採用を勝ち取るためにはライバルよりも有益で価値のある情報を一秒でも早く入手することです。採用担当者も、「どこまで企業研究をしてきたのか?」職務経歴書や面接でもチェックし、評価の対象としての比重も大きくなります。

もう1つ転職エージェントを利用する大きなメリットがあります。それは、個人的に応募するよりも転職エージェントを経由したほうが圧倒的に有利になれるという点です。なぜなら、転職エージェントのお墨付きをもらっている人材なので企業も安心して向かいいれることができるからです。

要するに、企業研究する場合でも、真剣に採用を狙う場合でも、転職サイトや転職エージェントを活用しない手はないということです。


スポンサードリンク



どんなスキルを求められているかチェックする

企業研究をする上で重視して欲しいのは「企業がどんなスキルを求めているか?」という点です。募集要項の書き方も様々で、「必須」と書かれていたり、「歓迎」と書かれていたりします。しかしながら、必須と書かれていなくても蓋を開けてみたら必須だった・・・というケースも少なくないというのが現実です。

そのような求人の場合、求められているスキルを持っていない人は一次審査で落とされてしまうということです。すぐに取得できる資格なら良いですが、そうじゃない場合は、落とされることが分かっている求人に応募して無駄な時間を使うことになってしまうので要注意です。

求められているキャリアやスキルを無視する人が多い!?

残念ながら企業から求められているキャリアやスキルを無視して、自己満足の職務経歴書を作成してしまう人が非常に多いです。中途採用では求めているキャリアやスキルを持っていて即戦力となるという安心がないと採用してもらえません。

つまり、求められているキャリアやスキルを無視して応募書類を書いても100パーセント落とされてしまうということです。落とされることが分かっているのに応募するのは時間の無駄です。

無駄な時間を使わないためにも事前にしっかりと企業研究をして、自分の持っているキャリアとスキルと一次審査を突破できるのか考えてみましょう。自分で分からない場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーやコンサルタントに相談してみましょう。

アピールできるスキルがない場合は?

アピールできるスキルが1つもないなら、これから学ぶ姿勢をみせましょう。例えば、「現在、資格取得に向けて●●の通信教育で働きながら勉強中」とアピールしてみましょう。ポイントは、●●の通信教育という具体的な名前を出すことで信憑性を高めている点です。

もう1つのポイントは働きながら勉強をしているという点です。応募者の中には、資格取得のために会社を辞めて勉強に集中しました!と堂々と自信を持ってアピールする人がいますが、それは大きな間違いです。

そんなことをして褒められるのは学生時代までです。社会人になったら仕事のあいている時間を自分でつくって、働きながら資格取得を目指すのです。会社を辞めてわざわざブランクをつくって資格取得のための勉強をするなんてナンセンスです。

企業のホームページを何度も読み込む

企業研究の初歩的な方法ですが、とにかく10回でも20回でも転職したい企業のホームページを読み込みましょう。何十回も読み込むことで見えてくるものがあるのです。企業によっては社長や先輩社員が体験談を語っていることもあります。

そこにヒントが隠されているのでしっかりと押さえておきましょう。特に経営者が語っている言葉の中に「求められている人材のヒント」が隠されているケースが多いので、何度も読み込み、自分の経験と重ねてみましょう。

その上で職務経歴書の志望動機や自己PRを考えれば面接官にもドンピシャではまるのです。もう1つ重要なのは、企業の歴史と将来的な展望をしっかりと把握することです。

企業の歴史と将来の展望をしっかりと理解していれば面接で深い質問をされても動揺することなく自信を持って回答することができます。もう1つリードするためには、将来の展望に関して自分なりの考え方、自分だったらこんなふうにしてみたい!という希望を沿えると、さらに印象がよくなります。

自分の武器となるセールスポイントをピックアップ!

ばっちりと企業研究をして、求められている人材をしっかりと把握できたら、自分のキャリアやスキル、経験と重ねてみてみましょう。そして、転職試験で武器となるセールスポイントがどれだけあるかピックアップしてみるのです。

同業種、同業界への転職なら前職のキャリアを活かすことができるでしょう。その際は、具体的にどんな形でキャリアを活かすことができるのかアピールしましょう。異業種、異業界への転職の場合は、前職との共通点や関連性を探し出し、少しでも評価される実績や経験をピックアップしてみましょう。

この作業が最も重要となるので、1番時間をかけて力を入れましょう。セールスポイントをピックアップする際の注意点は、「貢献できるだろう・・・成果がだせるだろう・・・」では駄目という点です。予測や想像では駄目ということです。

「●●だから●●の貢献ができます。●●だから●●程度の成果が出せます!」など、しっかりとした根拠を明示してアピールすることが肝心です。言葉だけのアピールなら誰でもできますからね。採用担当者を納得させるためには、ここまでやる必要があるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別