転職の書類選考に通過し採用される方法とは?

転職の書類選考に通過し採用される方法とは?

スポンサードリンク



転職の書類選考に通過し採用される方法とは?

転職の書類選考に通過し採用される方法とは?

転職の書類選考に通過し採用されるために必要な事は、まず第一に求められている人材と自分がマッチングしているか?徹底的に検証する事です。

これがずれていると、どんなに頑張って応募書類を作成しても書類審査に通過し採用してもらうことは難しいのです。

企業がどのような人材を募集しているのか?企業研究も含めて、徹底的に分析してみましょう。

企業が求めている人材の表面的な部分だけ把握するのではなく、具体的なキャリアやスキルまで明確にする必要があります。

さらには、仕事に対する前向きで真面目な姿勢もアピールすることができれば完璧です。履歴書や職務経歴書を作成する時は、そのようなポイントを意識すると質の高いものが完成します。


スポンサードリンク



見た目や字にも気をつける!

どんなに良い履歴書や職務経歴書を作成することができても、見た目が悪く汚い字で誤字脱字だらけだったら、書類審査に通過することも面接で採用されることもありません。

見た目が悪かったり字が汚い、誤字脱字などは正式な書類を提出するマナーとして論外だからです。履歴書や職務経歴書を手書きで作成する時は十分に注意しましょう。

それ以外にも、的外れな表現やネガティブなことが書かれていたり、応募書類からマイナスの印象が1つでもついてしまえば、採用担当者は「仕事でもマイナス面が多いかもしれない・・・」という悪い印象をもってしまうのです。

書類選考で仕事のできまで決め付けられてしまうことがあるからこそ、応募書類はじっくりと丁寧に時間をかけて作成し完璧なものに仕上げる必要があるのです。


スポンサードリンク



オンリーワンの志望動機を作成する

「この志望動機って他の企業に提出しても問題ないかも・・・?」と採用担当者に思われてしまうようではダメです。どの企業にでも使いまわせるような、ありふれた志望動機、どこかのマニュアル本で見たことがあるような志望動機はNGです。

採用担当者もその道のプロなので、応募者が自分で考えたオンリーワンの志望動機なのか?どこかで借りてきたり、パクってきた志望動機なのか?すぐに見破られてしまのです。志望動機は採用担当者が採否を判断する重要な要素の1つとなります。手を抜かずに時間をかけて作成しましょう。

待遇や条件にこだわりすぎない

どんなに優秀な人材でも本人希望欄で待遇や条件にこだわりすぎていると、書類審査にも通過できず不採用になってしまう可能性が高くなります。

優秀な人材が、それに見合った報酬を得ることができるのは、ある意味で自然な事ですが、それを図々しい感じで本人希望欄にたくさん書いてしまうと極めて印象が悪くなってしまうのです。

希望する待遇や条件に見合った能力を持っていても、採用担当者が「こんな人とは一緒に働きたくない・・・」と思ってしまえば、そこで終わりなのです。

希望する待遇や条件があっても、内定がもらえるまで表に出さないのが得策です。内定が出てから相談するなら印象も悪くならないし、それが原因で内定が取り消しになることもありません。

熱意を伝える事が効果的

職務経歴書を作成するのに決められた制約やルールはありません。だからこそ悩んでしまう方も多いですが・・・。肝心なのは採用担当者に熱意を伝えることです。

例えば、職歴や配属先、業務内容だけが書かれている職務経歴書と、具体的な実績や仕事におけるエピソード、特技について詳しく書かれている職務経歴書だったら、どちらが熱意を感じますか?もちろん後者のほうが熱意を感じると思います。

こんな風に、自分が採用担当者の立場になって自分で作成した職務経歴書をチェックしてみると、客観的に評価することができます。何も優秀で完璧な職務経歴書を作成する必要はないのです。自分らしさが出ていて、自分なりの熱意を伝えることができれば採用担当者は必ず高い評価をしてくれるのです。

注意点を挙げるとすれば、いくら熱意があってもダラダラと長い的外れな文章は書かないということです。長ければ良いというものではありません。

求められているスキルやキャリアを持ち合わせている事が伝わる要約された文章なら短くても書類審査に通過し、面接でうまくやれば採用までこぎつくことができるのです。文章が長くなりすぎたら、どんどん不要な部分をカットしてコンパクトで読みやすい文章に変えていく練習をしてみましょう。

ライバルと差をつけるためには?

職務経歴書に携わった業務内容しか記載しない人が意外に多いです。確かに、職務経歴書には携わった業務を書くのがメインとなります。しかし、単純に業務内容や仕事内容を書くだけではライバルと差をつけることはできません。

他のライバルと差をつけるためには、具体的な実績や受賞歴や成功や失敗のエピソードを加えることが効果的です。採用担当者が知りたいのは、このような具体的な仕事力です。エピソードも加えることでヒューマンスキルも効果的にアピールすることができるのです。

失敗から学んだ事を次の仕事にどう活かしたか?どのような点に注意して仕事をしているのか?この部分を加えると、さらにインパクトを与えることができます。要するに、ライバルと同じような職務経歴書にならないように工夫をするということです。

そもそも、なぜ職務経歴書を提出するのでしょうか?

そもそも、なぜ職務経歴書を提出するのか?それを考えてみると、採用への道が見えてきます。なぜ、履歴書だけではダメなのでしょうか?もし、転職ではなくアルバイトの採用試験だったら、履歴書だけでOKでしょう。

要するに、転職の採用試験だから、今までのキャリアやスキルが分かる職務経歴書が必要となるのです。極論を言えば、どんなに完璧な履歴書を作成することができても、職務経歴書の質が低ければ、何回、トライしても書類選考に通過するのも無理だし、面接で採用されることも夢の話となってしまうのです。

最後に、絶対に忘れてはいけないのが、自分という商品を上手にプレゼンするだけでは足りないという点です。

プレゼンするだけでなく、それまでに積み上げてきたキャリアやスキルを応募企業で、どのように活かすのか?つまり、どのような形で会社に貢献することができるのか?それを明確に伝えることができれば、採用までの道のりがいっきに近くなります。

書類選考を通過して採用を手にする確率はどれくらい?

もちろん業界や職種、時期や個人の能力によっても、書類選考を通過して採用を手にする確率は変わってきます。今回は、「平均レベルのキャリアとスキルを持った人が、平均レベルの一般企業に応募した場合」という例を基に、それぞれの確率を割り出してみようと思います。

まず、書類選考に通過する確率について割り出してみます。大手転職サイト3社の情報を基に確率を割り出してみると、「28%」という答えになりました。つまり、100人の応募者のうち、28人が書類選考を通過できるということです。

書類選考に通過しても採用を手にすることはできません。その先の、面接試験に合格しなければ晴れて採用を手にすることはできないのです。大企業や人気企業ともなると、面接は1度だけでなく、一次面接、二次面接、三次面接の後に最終面接が待っていることもあります。

すべてに合格しない限り、採用を手にすることはできません。ただし、平均レベルの一般企業の場合は、面接は2回だけというケースが多いです。つまり、一次面接と二次面接を通過すれば採用を手にすることができるということです。

ちなみに、一次面接を通過する確率は、28%から38%と言われています。二次面接に合格して採用を手にすることができる確率は、35%から45%と言われています。要するに、二次面接(最終面接)まで漕ぎつくことができれば、採用される確率はかなり上がってくるということです。

しかしながら、書類選考を通過しない限り、一次面接のチャンスも掴むことはできないので、まずは、面接試験のことは考えずに、書類選考に通過できるクオリティの履歴書や職務経歴書を作成する必要があるということです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別