職務経歴書【逆年代式のメリットとデメリット】

職務経歴書【逆年代式のメリットとデメリット】

スポンサードリンク



職務経歴書【逆年代式のメリットとデメリット】

職務経歴書【逆年代式のメリットとデメリット】

大半の企業は、何個も前の職務経歴ではなく、直近の職務経歴に興味や関心を持っています。

なぜなら、どんなに素晴らしいキャリアやスキルでも、応募する企業の業務に関連性が深い経験でも、何年も前のものなら、即戦力として期待することはできないからです。

仕事は継続して続けていても、応募先企業が欲しがるスキルや経験が古いものだと、その職務経歴に対する評価は低くなってしまうのです。

そういった意味では、年代式で書いた職務経歴書は直近の職務経歴が最下部にきてしまうので、アピール力は下がってしまうと言えます。

直近の職務経歴を1番にアピールしたいなら、直近の職務経歴から過去に遡って書くことができる「逆年代式」がおすすめです。

逆年代式で職務経歴書を書けば、必然的に直近の職務経歴が最上部にくるので、直近のスキルや経験を効果的にアピールすることができるのです。


スポンサードリンク



職務経歴書を最後まで読んでもらうためにも!

採用担当者が職務経歴書を最後まで読んでくれないと、次の面接試験に進むことはできません。しかしながら、大企業や人気企業の採用担当者は超がつくほど多忙です。一説には、超多忙な採用担当者が1枚の職務経歴書にかける時間は数秒と5秒と言われています。

5秒はさすがに大げさですが、少なくとも採用する可能性が極めてゼロ%に近い職務経歴書だと判断された時点で、最後まで読まれずに不採用が決定してしまうのです。果たして採用担当者は職務経歴書のどこを見て採用する可能性がゼロ%だと決定付けているのでしょうか?

その答えは、職務経歴書の前半部分です。採用担当者にもよりますが、求めている能力のキーワードやエピソードなどアピール材料となる部分が職務経歴書の前半に含まれていないと「最後まで読む価値なし・・・」と判断されてしまうのです。

もし、後半に1番伝えたい自信のあるアピールポイントがあったら、読まれずに不採用にされてしまうということです。苦労して作成した職務経歴書です。それだけは絶対に避けたいですよね?

そんなことにならないためにも、逆年代式で職務経歴書を作成し、直近のアピール材料となるキャリアやスキルを前半部分で伝えるべきなのです。


スポンサードリンク



直近の職務経歴に全てをかける!?

職務経歴書を逆年代式で書く場合は、直近の職務経歴に全てをかけましょう。なぜなら、最上部の直近の職務経歴だけを見て採否を下す採用担当者が非常に多いからです。では、具体的にどうすればよいのか説明していきます。

まず、直近の職務経歴の詳細を分かりやすく丁寧に書きましょう。実績や成功例だけでなく背景やプロセスまでイメージできるエピソードを加えると効果的です。

実務経験やスキルをアピールすると共に、コミュニケーション能力やチームワークなどのヒューマンスキルが伝わるようなエピソードも加えることができたら満点です。

他の職務経歴がある場合でも、直近の職務経歴のボリュームを1番にして、他の応募する企業の業務内容に関連性の薄い職務経歴は必要最小限の情報に抑えて構いません。

もう1つ重視して欲しい点は、応募する企業が求めている人材の能力やキャリア、スキル、経験などを完璧に把握して、それにマッチする実績や実務経験、エピソードを厳選してアピールすることです。ここがズレていたり、間違った把握をしてしまうと失敗に終わります。

中途採用の採用担当者はドライでクールでシビアです。「この人は求めている人材とは違う・・・」と判断した時点で、どんなに時間をかけて心を込めて作成した職務経歴書でも、あっさりと切り捨てられてしまいます。

形式をごちゃ混ぜにするのはご法度です。

職務経歴書には、年代式、逆年代式、職能式など、様々な書き方の形式があります。それぞれの形式には、それぞれのメリットがあります。しかし、1つだけ絶対に守らなければならない暗黙のルールがあります。それは「1つの職務経歴書に、複数の形式をごちゃ混ぜにしない」という点です。

例えば、1つの職務経歴書に、年代式の部分と、逆年代式の部分が混在しているというケースです。自分がアピールしたい部分を効果的に伝えるために複数の形式を使いたくなる気持ちは分かります。しかし、これをやってしまうと採用担当者を困惑させることにつながります。

採用担当者によっては不愉快に感じてしまうかもしれません。なぜ、そんなことになってしまうのかというと、複数の形式を混在させることで、「過去に遡ったり、現在に戻ったり、また、過去に遡ったり・・・」と職務経歴書を作成している本人でも道に迷ってしまうような代物に仕上がってしまうからです。

これほど分かりにくく読みにくい職務経歴書はないですよね?職務経歴書は自分の能力をアピールするプレゼン資料でもあります。相手を困惑させ、場合によっては不愉快にさせてしまうようなプレゼン資料を提出してくる人材を採用してくれる可能性は極めて低いでしょう。

「あれも、これも全てアピールしたい!」という気持ちが前面に出てしまうと、陥りやすい失敗パターンなので、「あれも、これも」ではなく、ドンピシャで求められている能力とマッチングするアピールポイントを1つに絞り込みましょう。

そうすれば、複数の形式を使いたいという気持ちもなくなります。結論をまとめると、「職務経歴は求められている能力に的を絞ってコンパクトにシンプルに分かりやすく伝える」これがベストということです。

実際に、書類選考を突破している職務経歴書を覗いてみると、シンプルイズベストでしっかりと求められている人材と能力を把握して、自分の持っている能力をピンポイントで伝えているのです。

逆年代式のメリットとは?

逆年代式で職務経歴書を作成する最大のメリットは、直近の職務経歴を最上部に持ってくることができるので、戦力となりうる旬な能力を効果的にアピールすることができる点です。ブランク期間がある方にも適した形式と言えます。

なぜなら、過去の働いていない期間を下部にするおくことで目立たなくし、直近の仕事経験をメインでアピールすることができるので、ブランクのデメリットを薄めることができるのです。ブランクがあっても直近の仕事経験が、応募先の企業で戦力として活かすことが伝われば採用されるチャンスは十分にあるのです。

直近の職務経歴がアルバイトでも派遣社員でも、それほど気にする必要はありません。なぜなら、最近では、職歴の雇用形態を重視する採用担当者が少なくなってきているからです。雇用形態よりも、「どんな業務がどれだけのレベルでできるのか?」そこを重視している採用担当者が増えているのです。

なぜなら、それが「即戦力」につながるからです。注意点を1つだけ紹介しておきます。いくら直近の職務経歴がアピールできるからといって、直近の職務経歴が、応募先企業の求めているキャリアやスキルとまったく関連性のないものなら、そもそも逆年代式にする必要も意味もないという点です。

要するに、すべてにおいて絶対的に直近の職務経歴をアピールすれば効果があるわけではないということです。あなたの職務経歴によって最適な形式を選んで職務経歴書を書くことが大切です。

逆年代式のデメリットとは?

逆年代式で職務経歴書を作成する最大のデメリットは、現在から過去へ逆の時間で流れていくので、年代で職務経歴を追っていこうとすると分かりにくく感じるという点です。

実際に、年代式の職務経歴書に慣れてしまっている採用担当者が、逆年代式の職務経歴書を見た時、「分かりにくい・・・読みにくい・・・」と感じることが多いのです。

特にベテランの年齢を重ねている人事部の方は、「職務経歴は年代式で書くのが常識」と思っているケースが多いので、逆年代式で書いただけで減点されてしまう可能性もゼロではないのです。

しかしながら、採用担当者の性格や考え方まで想定して完璧な職務経歴書を書くことはできないので、「逆年代式のメリットである効果的なアピール方法を優先するか、それとも、リスク回避のためにオーソドックスな年代式を選択するか?」最終的には、自分の判断で選択するしかないのです。

逆年代式は、どんな人に適しているのでしょうか?

逆年代式で職務経歴書を書くのに適している人は、「転職回数が多く、職務経歴が長い人」です。転職回数が多く、職務経歴が長くなればなるほど年代式で書くと不利になってしまうのです。なぜなら、大昔の実務経験やスキルから先に書くことになってしまうからです。

採用担当者は即戦力となる可能性が極めて低い大昔の実務経験やスキルに興味を持ちません。また、ダラダラと長文の職務経歴を最後の最後にある、直近の職務経歴まで読むことを嫌がります。

職務経歴書の文字数も枚数も増えてしまうことでしょう。このような理由から、転職回数が多く、職務経歴が長い人には逆年代式をおすすめします。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別