職務経歴書【志望動機の書き方と見本】例文|転職の場合

職務経歴書【志望動機の書き方と見本】例文|転職の場合

スポンサードリンク



職務経歴書【志望動機の書き方と見本】例文|転職の場合

職務経歴書【志望動機の書き方と見本】例文|転職の場合

志望動機を書く欄は履歴書にもあるので、「職務経歴書にも志望動機を書く必要はない」と考える人も多いです。

職務経歴書に志望動機は書かないでも良いアドバイスする専門家もいるくらいです。

しかしながら、実際は、職務経歴書にも志望動機は書くべきです。

なぜなら、履歴書に書かれている志望動機の内容をさらに詳しく分かりやすくアピールポイントを伝えるために職務経歴書も志望動機を書くことで、確実に採用担当者からの評価が上がるからです。

「絶対に採用を手にしたい!絶対にこの企業で働きたい!」という「やる気や熱意」を効果的にアピールするためには、職務経歴書に志望動機を書くべきなのです。


スポンサードリンク



履歴書の志望動機と同じになっても良いのでしょうか?

問題は、履歴書に書いてある志望動機と同じような内容になっても良いのか?という点です。正解は、「まったく同じでも駄目だし、まったく異なっても駄目」です。

そもそも、履歴書の志望動機をそのままコピーしたような文章を職務経歴書に記載しても、何の意味もありません。

また、履歴書の志望動機とまったく違う気持ちや考えを書いてしまえば矛盾してしまうので大きく減点されてしまうことでしょう。最もおすすめな書き方は「履歴書の志望動機を膨らませて、さらに詳しくアピールポイントが伝わるような書き方」をすることです。

アピールポイントを書く際は、応募先の企業が求めている人材にマッチするようなスキルや経験を中心にアピールしましょう。採用担当者は志望動機を見て、求めている人材にあてはまるかチェックしているからです。


スポンサードリンク



志望動機のダメな例文

職務経歴書の志望動機でダメな例文をご紹介します。 「御社なら絶対に私の望むスキルアップを実現できると思い、志望させていただきました。何卒、よろしくお願いします。」 「御社に転職することで確実にキャリアアップできると確信しております。

どうぞ、よろしくお願い致します。」 「御社なら私の実績に見合う年収をいただけると思い、応募させていただきました。よろしくお願い致します。」 ※上記の志望動機がダメな理由は、すべて自分本位の考え方や気持ちしか伝わってこないからです。

もちろん転職は自分のためにするものですが、応募先企業や採用担当者にとって利益がなければ採用を手にすることはできません。採用担当者は、あなたの志望動機を見て「お買い得!魅力的!」と感じたとき、初めて採用しようと思うのです。

自分の願望や希望ばかり並べた志望動機を見ても採用担当者に何も伝わらないどころか、かえって印象が悪くなってしまうのです。自分の願望や希望を伝えることは大切なことですが、それ以上に、「即戦力となれる、業務に貢献できる、あなたのセールスポイント」を伝えてください。

今までのあなたの仕事経験を活かして、「具体的にどのようにして戦力になれるのか?貢献できるのか?」を必ず書きましょう。抽象的な書き方では効果はありません。具体的に「●●の成果を出すことができます。●●という形で貢献することができます。」と言い切ってしまいましょう。

「●●できると思います。●●したいと思います。」ではダメです。経験が少なくても、求められているキャリアやスキルが足りなくても、絶対的な自信を持って言い切ることが採用を掴むコツです。

志望動機の良い例文

@販売職の場合

「前職では、レディースファッションの販売員を3年間、経験してまいりました。店舗でお客様と接することで、あらためて販売員の仕事に魅力と適性を感じました。この3年間で、接客スキルとコミュニケーション能力を磨き上げることができました。

常にお客様の第一に考え、チームワークを重視しお店を作り上げてきました。御社の業務なら、私の今までの経験を活かして貢献することができると確信し、今回、応募させていただきました。前職では、2年目と3年目に売上でNo1を6回も獲得し、受賞暦もあります。

販売に関するキャリアやスキルには絶対的な自信を持っております。御社に入社することができたら、即戦力となり、●●までに、●●の成果を出す事をお約束させていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。」

A事務職の場合

「前職では、得意のパソコンスキルを活かし、請求書や報告書、伝票などの書類作成を担当しておりました。もともと細かい作業を丁寧にこなすのが得意で、事務職の仕事に適性を感じておりました。3年間の事務職経験の中で、業務を丁寧にこなすだけではなく、正確性、処理スピード、向上性なども考えてこなせるように、自分を成長させることができました。業務の正確性や処理スピードが上がり、上司や営業職の方々からお褒めの言葉をいただくことができました。私の最大の武器であるパソコンスキルをさらに磨き上げるために、現在、通信講座でパワーポイントとアクセスの勉強をしております。この3年間の経験を活かし、御社の事務職員としても即戦力として業務に貢献できると確信しております。何卒、よろしくお願い致します。」

※上記に志望動機が良い理由は、採用したら応募先企業にとって、どのようなメリットがあるのか具体的にアピールしている点です。「●●の根拠があるから、即戦力として業務に貢献できます。」と自信を持ってアピールしているのがポイントです。

根拠もなしに、「一生懸命がんばります!」とアピールしても採用担当者からすれば「どこにそんな保障があるの?」となってしまうのです。「●●の実績や経験があるから、即戦力として業務に貢献できます。」と根拠を明示することが肝心です。

もう一段階、上記の志望動機のレベルを上げるとしたら、徹底的に企業研究をして「なぜ、その企業に転職したいのか?どうして、その業務をしたいのか?どんな業務ができるのか?」この3点の答えを具体的に書くことが必要です。

採用担当者は「なぜ、数多くある求人の中から自社を選んだのか?」その理由を知りたいのです。間違っても「給料が高いから。」「楽そうだから。」などという安易な回答はしないようにしましょう。

徹底的に時間をかけて企業研究をして、「あなたが思う、応募先企業の魅力」について上手に伝えることができれば採用担当者を納得させることができるでしょう。

志望動機が書けない・・・という人へ

「志望動機が書けない・・・」それは、「その企業に本気で転職したいという気持ちがないから・・・」という厳しい言葉を言いたくなってしまいますが、転職したい気持ちはあっても、志望動機が書けないという人もいるでしょう。

気持ちや考えをうまく言葉にできない人もいることでしょう。そんな人は、まず、応募先企業のホームページや会社案内をしらみつぶしに熟読して徹底的に企業研究をしてみましょう。企業研究にたっぷりと時間をかけることで、その企業の本当の姿が見えてくるのです。

ホームページや会社案内だけで足りないなら、実際に会社を訪問してみましょう。店舗があるなら、店舗に足を運んで、その会社のサービスを受けたり、商品を購入してみたりしましょう。そのような行動を起こした人だけが、その企業の本当の魅力を知ることができるのです。

本当の魅力を知ることができて、初めて、採用担当者の心に響く志望動機を書くことができるのです。もう1つ効果的な企業研究の方法として、おすすめなのが社長や社員のブログやホームページを閲覧するという方法です。

ブログというスペースでしか言えないエピソードや本音などを知ることができるし、なによりも、面接試験の時に「ブログまで閲覧して企業研究をしている!」というアピールをすることができるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別