職務経歴書の書き方【求められているスキルを分析する方法とは?】

職務経歴書の書き方【求められているスキルを分析する方法とは?】

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方【求められているスキルを分析する方法とは?】

職務経歴書の書き方【求められているスキルを分析する方法とは?】

応募する企業から求められているスキルを分析するためには、まず、募集要項を何度も読み直すことから始めましょう。

募集要項には、求められているスキルのヒントがたくさん詰め込まれているからです。

各企業の募集要項には、求められているスキルがはっきりと書かれている場合と、そうじゃない場合があります。

書き方としては、「このスキルがあれば歓迎します」という書き方と、「このスキルは必須です。」という書き方があります。

一見、「このスキルは歓迎します」という書き方は、「指定されたスキルを持っていなくても、なんとかなりそう・・・」という感じがしますが、ほとんどの場合、そのスキルを持っていないと書類選考に合格することはありません。

ただし、そのスキルに関連性のある能力や、関連性のあるスキルがなくても、それをカバーできるだけの能力があれば、書類選考を突破することができる可能性が出てきます。

「このスキルは必須です。」と書かれていたら、まず、そのスキルを持っている人じゃないと相手にもされません。

どうしてもその企業に転職したいなら、今の仕事を辞める前に、仕事のない時間をつかって資格取得の勉強をしましょう。

若しくは、1回仕事を退職して、失業保険をもらいなら、資格取得に向けた勉強を開始しましょう。資格取得に向けて勉強中に応募する場合は、その旨をしっかりと自己PRに書いておきましょう。

求められている資格がなくても、それを取得するために「通信講座を受講する」など具体的な行動を起こしている人は、それだけで、かなりのプラス評価になるからです。


スポンサードリンク



マイナス思考になったら採用は絶対に無理

転職活動を始めるのは簡単ですが、高いモチベーションを維持しながら継続するのは非常に難しいです。誰でも転職活動を始めた頃は、モチベーションも高く期待感に満ち溢れています。自信を持って行動することができるから、姿勢も表情もよくなり面接官に与える印象も良くなるのです。

だから、転職活動を始めたばかりの頃が、面接では1番受かりやすいという面があるのです。しかし、転職試験はそんなに甘いものではなく、競争率の激しい人気企業や大企業ともなると、採用の枠は限定されていて、応募者の大半は不採用になってしまいます。

運が悪いと、必死になって職務経歴書を作成して、面接対策を頑張っても不採用が連続してしまうことがあります。連続して不採用が続くと、次第にモチベーションは下がっていきマイナス思考になってしまいます。

「どうせ私なんて、どこの企業からも求められていない・・・何度、応募しても落とされてしまうに決まっている・・・」このようなマイナス思考になってしまうと、どれだけ素晴らしいキャリアやスキルを持っている人でも、職務経歴書の書き方がうまい人でも、書類選考すら突破することができなくなってしまうのです。

どんなに優秀やキャリアやスキルを持っているネガティブな人よりも、そこそこの能力を持っているポジティブな人を採用したいと、採用担当者は思っているのです。


スポンサードリンク



求められているスキルを分析する

採用される職務経歴書を書く上で、絶対に必要なのが求められているスキルを分析する作業です。何度も不採用が連続している人は、「また、この職務経歴書だって落とされる・・・」と思ってしまいがちですが、新しく応募する企業の採用担当者からすれば、初めて見る職務経歴書なのです。

まずは、「不採用になってしまう・・・」というネガティブ思考を断ち切り、何度、不採用をもらっても、新しい気持ちで職務経歴書を書き上げる姿勢が大切です。新しい気持ちで職務経歴書を書き上げると、自然とポジティブなカラーが出るからです。

あなたの持っている仕事経験やスキルをすべて箇条書きで書き出してみましょう。その中から、応募する企業が求めている能力に合致する部分を見つけ出し、いくつかピックアップし、それらの項目を膨らませて、セールスポイントや自己PRにしていけば良いのです。

不採用になる原因がない職務経歴書を書こう!

採用される職務経歴書を書くためには、「不採用になる原因のない職務経歴書を書き上げる」ことが1番簡単な方法です。採用担当者もプロなので、不採用にすべき要素が1つもなければ不採用にすることはできないのです。

まずは、書類選考を突破することを最重要課題としましょう。書類選考を突破するために1番必要なものは、求められている実績やスキルを持ち合わせているか?という点です。

先ほども申し上げましたが、「このスキルは必須です」と書かれていても、「このスキルがあれば歓迎します」と書かれている場合でも、求められているスキルがなければ、かなり高い確率で書類選考の時点で落とされてしまいます。

なぜなら、他の応募者が求められているスキルを持っていたら、応募した時点で、それらのライバルに負けてしまうからです。

「もしかしたら面接試験に進むことができたら、ヒューマンスキルやその他の能力をアピールし、採用をつかむことができたかもしれないのに・・・」このように考えると書類選考で落とされてしまうのは悔しいものがあります。

確実に書類選考を突破する必要があります。その方法は不採用になる原因のない職務経歴書に仕上げてしまえば良いのです。つまり、応募する企業を選ぶところから、この考え方を念頭におき、転職活動を進めていけば良いのです。

要するに、自分が既に持っているスキルを求めている企業だけをピックアップし、そこに応募すれば良いということです。1つもスキルを持っていないなら、まずは今の仕事を退職する前に、不採用にならないだけのスキルを身につける必要があるということです。

不採用となる原因を割り出し必要な対策をする

不採用となる原因を割り出して必要な対策を考えてみましょう。

@求められているキャリアやスキルがない

まず、優先的にやって欲しい対策は、あなたの仕事経験をすべて紙に書き出して、棚卸しをしてみましょう。これをやる理由は、本当は求められているキャリアやスキルを持っているのに、それに気づいていない可能性があるからです。

転職回数が多く勤務期間もトータルで長い人は、直近の経験は覚えていても、数年前の経験は忘れてしまっていることが多いからです。そんなもったいないことにならないためにも、すべての仕事経験を書き出してみましょう。

時間をかけて職歴の棚卸しをすることで、自分でも気づけなかったセールスポイントとなる新しい発見があったりするのです。求められている能力にピッタリと当てはまらなくても、それに関連するスキルがあれば、それをセールスポイントや自己PRにすれば良いのです。

A関連性のあるスキルが見つけられない

異業種への転職や未経験者の場合は、どんなに職歴を棚卸ししてみても応募する企業が求めているスキルと関連性のあるものを見つけることができないでしょう。そのような場合は、別の方向性からアピールする方法を考えましょう。

真っ向勝負でダメなら、自分の別の魅力を効果的にアピールして採用担当者に伝えれば良いのです。例えば、前職でクライアントや得意先、顧客など抱負な人脈を持っていることをアピールしてみましょう。そうすれば、豊富な人脈が作れるだけの優れたヒューマンスキルも同時にアピールすることができるのです。

他にも、おすすめしたい例は、仕事でコミュニケーション能力やチームワークを大切にしていたという具体的なエピソードをアピールするという方法です。これもヒューマンスキルをアピールする方法です。

要するに、求められているキャリアやスキルがない場合は、ヒューマンスキルが伝わるようなエピソードをアピールするのが1番効果的な方法だということです。

採用担当者も面接官も1人の社員なので、最終的に、「この人となら楽しく仕事ができそうだ!」という理由で採用を決めることが非常に多いからです。だからこそ、ヒューマンスキルのアピールは絶大な効果を発揮するのです。

B転職回数が多く勤務期間も短い

確かに、転職回数が多くて勤務期間も短いと、少なからずイメージダウンにはなります。しかし、だからといって絶対に不採用になるわけではありません。何事もプラス思考に考えれば、いくらでもアピールポイントを見出すことができます。

例えば、転職回数が多いことをデメリットと考えずに、「普通の人よりも多くの企業や業界を見てきた経験がある」というようにプラスの経験に変えてしまえば良いのです。

勤務期間が短い場合でも、それをデメリットと考えずに「短い勤務期間だったからこそ、他の人の何倍も仕事をして、短期間ですべての業務を覚え、●●のスキルを身につけることができました!」というプラスの経験に変えてしまえば良いのです。

また、どうしてもスキルが足りない場合は、すぐにでも資格取得の講座を受講して、資格取得に向けた積極的な行動を開始しましょう。「資格を取得していなくても、取得するための行動を起こしている」というアピールにもなるのです。

このようにプラス思考で行動を起こせば、いくらでも求められているスキルに変わるアピールポイントを見つけることができるのです。

C正社員として働いた経験がない

一昔前なら、致命的な欠点だったかもしれません。しかし、時代は変わり、今では、正社員とか、派遣社員とか、アルバイトとか、前職の雇用形態にこだわりを持つ企業はどんどん減少する傾向にあります。優秀で優良な企業ほど、前職の雇用形態を気にしなくなっている傾向があります。

なぜなら、前職が正社員でも仕事がまったくできず戦力にもならないケースが非常に多いからです。逆に言えば、前職が派遣社員でもアルバイトでもパートさんでも、現場で即戦力となる実績やスキルを見につけている優秀な人材はいくらでもいるのです。

大切なのは、前職や派遣社員でもアルバイトでもパートでも自分の仕事経験やスキルに自信を持ってアピールすることです。「どうせアルバイトだから・・・採用されるわけがない・・・」という気持ちで転職試験に臨んでしまえば、良い結果は望めないでしょう。

スキルをアピールする時は、「現場でどのような業務をこなしていたのか?どのような目標を持って自分を成長させることができたのか?どのような成果を出すことができたのか?」これらを中心に職務経歴書を書き上げていきましょう。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別