人事担当者から採用される職務経歴書『書き方』3つのポイント

人事担当者から採用される職務経歴書『書き方』3つのポイント

スポンサードリンク



人事担当者から採用される職務経歴書『書き方』3つのポイント

 

ガッツポーズの会社員

採用される職務経歴書を作成するために必要な3つの項目は、ズバリ、

@戦力となりうる人材か?

Aやる気や熱意を持っているか?

Bヒューマンスキルは十分にあるか?

という点です。

1つ1つを分かりやすくご説明していきます。


スポンサードリンク



戦力となりうる人材か?

企業は即戦力となりうる人材を求めています。すぐに戦力とはならなくても、近い将来、戦力となりうす可能性があると判断してもらえれば採用の光が見えてくるのです。

職務経歴書には、自分が即戦力、若しくは、近い将来、戦力となれる具体的な理由を書きましょう。もし、戦力になるようなキャリアもスキルもない・・・という場合でも諦めることはありません。

戦力となる武器がないなら、戦力を作るために努力していることをアピールすれば良いのです。例えば、「資格取得のために講座を受講しています!」というアピールをすれば良いのです。

人事担当者によっては、資格を取得していなくても、努力しているプロセスを高く評価してくれる場合があるのです。



スポンサードリンク



やる気が熱意を持っているか?

やはり、どんな仕事でも、この2つがないと長続きしません。やる気や熱意を持つためには、最低限の興味や関心のある仕事じゃないと無理が出てきます。

給料や待遇面の魅力だけで仕事を選んでしまうと、いくら、やる気や熱意をアピールしても人事担当者もプロなので簡単に見透かされてしまうのです。どんなに待遇が良い仕事でも、長期的に安定して働くことができなければ転職する意味はないのです。

ヒューマンスキルは十分にあるか?

人事担当者の多くが最も重視する点は、ヒューマンスキルです。ヒューマンスキルとは、人間性、人柄、コミュニケーション能力などです。

1つのプロジェクトをやり遂げる中で、どのようにして様々な人とのチームワークを大切にして業務をこなすことができたのか?どのような立場で、どのような事を意識して仕事に取り組んできたのか?このような点を中心にアピールするのが効果的です。

人事担当者に「この人となら一緒に働いてみたい!」と思わせることができれば採用はかなり現実的になってくることでしょう。

アピールできる事が1つもない・・・

「アピールできる事が1もない・・・」と悩んでいる方は、深く考えすぎているのです。アピールする項目が1つもない人なんて、この世に存在しないのです。

難しく考える必要はないので、私が次に申し上げる質問に対して1つずつ回答し、紙に書き出してみましょう。全ての質問に回答した頃には、自分のアピールポイントが見つけられるはずです。

今までの仕事でどんな経験をしてきましたか?

過去にやってきた仕事を全て振り返ってみてください。アピールする事は度外視して良いので、経験してきたことを箇条書きで紙に書き出してみましょう。

今までの仕事の中で、改善、提案、失敗から学んだ事は?

今までの仕事経験の中で、自分が関わった改善策、提案、失敗から学んだ事を箇条書きでまとめてみましょう。

チームワークを意識して仕事をしたエピソードは?

1人きりで成し遂げる事ができる仕事など1つもありません。必ず、誰かとのチームワークで1つの仕事を成し遂げてきたはずです。そのような経験を簡単で良いので紙に書き出してください。

まとめ作業

3つの質問の回答を紙に書き出すことができたら、まとめ作業に入ります。まず、紙に書き出した内容の中から、応募する企業の業務内容にちょっとでも関連する項目をピックアップしていきます。

ピックアップする事ができたら、その項目を深く掘り下げて、膨らませていきます。深く掘り下げて、膨らませた内容を人事担当者に分かりやすく伝えることができれば質の高い職務経歴書の完成です!

これは自己PRの要素ともなるので、絶対にやっておいて欲しい作業です。

採用される職務経歴書の書き方のポイント≪年代別≫

採用される職務経歴書の書き方のポイントを年代別(20代、30代、40代、50代)でご紹介します。

【20代の場合】

20代は、まだまだキャリアも浅く、転職で強い武器となるスキルやセールスポイントも少ないです。少ないキャリアや経験を武器にするよりも、「若さと将来性」を売りにしたほうが有利になれます。20代という若い世代にしかできないアピールの仕方があるのです。

まずは、短くても良いので、今までの仕事経験をすべてまとめて整理してみましょう。その中から、応募する企業で活かすことができる経験やスキルを搾り出してみるのです。20代の場合、これだけでは足りません。

今までの経験やスキルにプラスして、入社後は「どんな仕事をして貢献することができるのか?」「将来的な目標や計画はあるのか?」「その企業で実現したいことは何なのか?」を付け加えましょう。

注意点としては、これまでの経験が、将来的な目標や、やりたい仕事に関連性がまったくないと認めてもらえないという点です。まったく別の業界や業種へ転職をする場合でも、過去の経験やスキルを搾り出して、応募する企業の業務に共通する点を見つけましょう。

要するに、退職してから転職後、将来に向けて、一貫性が見えてこないと信憑性が出てこないということです。今までの経験が業務的にまったく関連性がない場合でも、仕事に対する姿勢や考えかた、モチベーションなどで共通点を見出すことができます。

そこを見つける作業が重要となります。職務経歴書が完成したら、何度も読み返して、目標や考えかたにズレはないか?矛盾点はないか?十分にチェックしておきましょう。応募先で活躍している自分を人事担当者にイメージさせることができれば、採用される可能性も上がるのです。

【30代の場合 】

30代で転職を成功させるために、職務経歴書を作成する場合は、「どのような人材が求められているのか?」をしっかりと理解する必要があります。30代という年代は、それまでのキャリアや経験、希望する業界や職種によって、求められるスキルがガラリと変わってしまうからです。

だからこそ、より正確に企業がどのようなキャリアとスキルを求めているのか理解した上で職務経歴書を作成する必要があると言えるのです。求めているキャリアやスキルを読み間違えてしまえば、書類選考にすら合格することができないのです。

企業が求めている人材を知るためには、募集要項はもちろんのこと、企業のホームページやインターネットや現場に足を運んで、徹底的に企業研究をする必要があります。企業研究を疎かにしてしまえば、それが職務経歴書に悪い影響となって出てきます。

運よく面接に駒を進めることができても、企業研究が足りていないと悟られてしまい、「入社意欲が低い人材・・・」という悪い印象を持たれてしまうのです。もう1つのポイントは、管理者としての能力があるか?という点です。

30代の人材を求めている企業で多いのが、管理者として活躍してくれる人材を求めているケースです。前職で、部下がいたり、プロジェクトを任されたことがある場合は、積極的にそれらのエピソードをアピールしましょう。

管理者になった経験がない場合でも、リーダーシップをとって仕事をした経験や、チームワークを重視して仕事を成功させたなど、ポジティブなエピソードがあれば、どんどんアピールしていきましょう。

【40代、50代の場合】

40代、50代の場合は、ほとんどが幹部クラスの募集となります。したがって「必死になって一生懸命がんばります!」という言葉だけでは採用を手にすることはできません。

この年代になると職務経歴書でも面接でも「私を採用していただけば、●●の成果を出すことができます。」というように具体的なアピールをする必要があります。

もちろん根拠のないアピールでは駄目です。例えば、「前職では●●の実績を出すことができたので、御社でも間違いなく●●の成果を出せると確信しております。」このぐらい言い切らなければ、人事担当者から信頼を得ることはできないでしょう。

逆に言えば、そこまで言い切る自信がないという方は、40代や50代で無理な転職をしないほうが賢明とも言えます。もう1つアピールしておいがほうが良い点は、経営者としての感覚を持ち合わせているという部分を見せることです。

幹部クラスになると自分の業務をこなしていれば良しとはされず、企業全体の利益につながるような行動を起こさなければなりません。

そういった意味では、これまでのキャリアで、経営者としてのセンスを持ち、仕事を成功させてきたか?仕事に対する姿勢や考えかたも、経営者としてのセンスが伝わるようにアピールすることが効果的です。最後に注意点を1つだけあげておきます。

40代や50代ともなると、転職回数が多くなり職歴の量も増えていきます。大前提として、すべて前向きな転職であることをアピールしましょう。その上で、最もアピールしたい部分を先頭に持っていき、それ以外の職歴は簡潔に要点だけをまとめましょう。

すべてのキャリアを余すことなくアピールポイントにしようと考えてしまえば、膨大な枚数と文字数の読むに耐え難い職務経歴書になってしまいます。職歴がいくつもある場合は、先頭に略歴をつけるようにしましょう。

編年体式、逆編年体式、キャリア式など、どのような形式で職務経歴書を書く場合でも、略歴をつけることによって非常に読みやすくなるのです。どんなに枚数や文字数が多くなっても3枚以内で抑えるようにしましょう。

3枚以上になってしまった場合は、余計な部分を削除し、3枚に収まるように修正をかけましょう。人事担当者が最後まで職務経歴書を読んでくれる枚数の限度が3枚だからです。

職務経歴書は最初の1枚が勝負の分かれ目!?

それなりにキャリアがある方は2枚から3枚の職務経歴書になることでしょう。しかしながら、人事担当者が1番重視しているのは職務経歴書の1枚目です。人事担当者の中には、職務経歴書の1枚目の冒頭部分しか見ずに不採用にしてしまうケースもあるくらいです。

それぐらい職務経歴書の1枚目は書類選考を突破させるか?させないか?の重要な判断材料とされているのです。採用される職歴を書くコツをご紹介します。書類選考を突破できずに落とされてしまう職歴の特徴は、単純にキャリアやスキルだけを、あらすじのように書いているケースです。

これほど魅力を感じない、差別化もできていない職務経歴書はありません。せっかく職歴を書くなら、自分が成長していくプロセスがストーリーで分かるような書き方をして欲しいものです。どのような過去の経験から、今のあなたが形成されてきたのか?それが分かるように意識して書きましょう。

書き方の手順としては、「目的→行動→成果→キャリアビジョン」という4つの項目に分けて、段階的に書いていくと書きやすいです。もう1つ注意していただきたいのは、冷静に自己分析しキャリアの棚卸しをする際に、客観的になりすぎないことです。

まるで第三者のような視点から職務経歴書を書いてしまうと、冷たい印象になってしまいます。シンプルで分かりやすく書くのが基本ですが、その時、その時の感情を伝えることも大切です。特に、自己PRでは、過去の経験から、どのようなことを学び、吸収することができたのかを自分の言葉で伝えましょう。

自分が成長していくプロセスの結果、自己PRと「戦力となれる今の自分」がいるというような落としどころにすれば、どのような企業でも通用するレベルの職務経歴書に仕上げることができます。

 

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別