職務経歴書と履歴書の違いとは?≪志望動機・自己PR・サイズの違いが分かる!≫

職務経歴書と履歴書の違いとは?≪志望動機・自己PR・サイズの違いが分かる!≫

スポンサードリンク



職務経歴書と履歴書の違いとは?≪志望動機・自己PRの違いが分かる!≫

 

職務経歴書を読むのは上司!?

職務経歴書と履歴書の違いを初心者の方にも分かりやすく丁寧にご説明します。

職歴欄の違いについて

履歴書にも職務経歴書にも同じように「職歴欄」があります。

初めて応募書類を作成する人は、「履歴書の職歴欄と、職務経歴書の職歴欄の違いが分からない・・・」と悩んでしまうことでしょう。

それぞれに、どのような内容を書けば良いのかご説明させていただきます。

簡単に申し上げると、履歴書の職歴欄には「職歴の目次、概要、略歴」を書き、職務経歴書の職歴欄には「実績、成果、キャリア、スキル、経験、エピソード」など具体的なことを書けば良いのです。

例えば、履歴書の職歴欄には、「入社日、会社概要、業務内容、配属先、役職名」など基本的なことを書きましょう。職務経歴書の職歴欄には、「実績や成果の詳細、身につけたスキルや資格、受賞暦、上司や顧客に褒められたエピソード」などを具体的に書きましょう。

もう1つ、履歴書と職務経歴書には決定的な違いがあります。それは、履歴書はフォーマットが決まっていますが、職務経歴書にはフォーマットに決まりはなく自由に書くことができるという点です。自由だからこそ、見せ方や書く内容で差が出てしまうので、センスが問題になってくるのです。

読みやすく、分かりやすくをモットーに書くことが第一条件です。その上で、さらに他の応募者と一味違う部分をアピールすることができれば書類選考を突破できる可能性が高くなります。履歴書や職務経歴書を作成する上で最も注意して欲しい点は、書類選考を突破したいなら、職務経歴書に重きを置くという点です。

履歴書はあくまでも自己紹介のような書類なので、面接では履歴書をもとに質問をされることはあっても、書類選考を突破する要素にはなりません。人事担当者の中には、職務経歴書だけに目を通して履歴書は1度も見ないなんてケースもあるくらいです。

せっかく採用されるレベルのキャリアやスキルを持ち合わせている人材でも、職務経歴書の書き方に問題があると、書類選考を突破することはできないのです。職務経歴書を軽視せずに、たっぷりと時間をかけて後悔のない応募書類に仕上げましょう。


スポンサードリンク



人事担当者は職務経歴書と履歴書のどこをチェックしているの?

職務経歴書と履歴書の違いを簡単に見つける方法は、「人事担当者がどんな部分をチェックしているのか?」で比較することです。

それでは、人事担当者が職務経歴書や履歴書のどんな部分をチェックし、採否の判断基準にしているのかご説明していきます。

職務経歴書のチェックポイント

@求めているキャリアやスキルがあるか?

やはり人事担当者が1番気になるのがこの点です。即戦力となり会社に貢献してくれる人材なのか厳しくチェックされます。

A仕事に対する姿勢や考え方

基準以上のキャリアやスキルを満たしていると確認できたら、次は仕事に対する、やる気や情熱を持っているか?1つの仕事を最後までやり遂げる責任感はあるか?などをチェックします。

B自分を分析できているか?

自分を徹底的に分析し、把握することができている人は、自分のセールスポイントも理解しています。また、そのセールスポイントを上手に相手に伝える能力もあります。これは仕事においても求められる資質の1つとなります。


スポンサードリンク



履歴書のチェックポイント

@勤務することが可能か?

住んでいる場所や、その人の状況によって、すぐには働くことができなかったり、通勤が困難だったりする場合もあります。根本的に勤務することが難しいと判断されてしまえば、この時点で書類選考の枠から外されてしまうことになります。

A関連性のあるキャリア、経験、スキル、学歴があるか?

持っていないキャリアや能力は他の面で確かにカバーすることが可能です。ただし、企業が求めているスキルや経験で「必須」という言葉が入っている場合、話は別です。必ず、そのスキルや経験、能力がないと、その時点で、書類選考は不採用になってしまうのです。

B真剣に入社したい気持ちがあるか?

これは履歴書の志望動機でアピールすることができます。どこかの書籍やホームページに書かれていた志望動機をちょっと変えた程度のものでは人事担当者の心に響きません。

企業研究を徹底的にして、自分がどれだけ応募する企業に入社したいのか?その強い意志が伝わるような志望動機を作り上げましょう。

履歴書と職務経歴書、志望動機は2つある場合はどっちを優先させる?

履歴書と職務経歴書に志望動機の欄が2つある場合は、どっちを優先させれば良いのでしょうか?迷うところです。まったく同じ志望動機を履歴書と職務経歴書に書くのは絶対にやめてください。

どちらが必ず正解とは言い切れませんが、一般的なケースを見てみると、職務経歴書に志望動機を書く場合が多いようです。その場合は、履歴書の志望動機の欄に、概要を書き、「志望動機の詳細は職務経歴書に記載しております。」と一文を入れましょう。

こうすることで、人事担当者は履歴書で志望動機の概要を知り、さらに職務経歴書で志望動機の詳細を知ることができます。職務経歴書なら、志望動機の欄も自由に作りこむことができるので、履歴書よりも効果的にアピールすることができるのです。

自己PRと志望動機の違いについて

「履歴書や職務経歴書に書く自己PRと志望動機が同じような内容になってしまう・・・」という方が非常に多いみたいです。確かに、自己PRと志望動機にはつながりがあり共通点も多いので、書き上げてみたら、同じ内容だった・・・というケースがあるのでしょう。

しかし、自己PRと志望動機の内容は根本的に異なります。それを理解して、意識することで、同じような内容になることを避けることができます。

基本的に、自己PRは、その人のそれまで積み上げてきたキャリアやスキル、実績、成果、経験をアピールするための文章、志望動機は、採用後に、どのようなことがしたいのか?将来の目標、キャリアビジョン、もっと言えば、どんな形で戦力となり会社に貢献することができるのか?どんな仕事がしてみたいのか?を具体的にアピールするための文章です。

このように2つの違いをハッキリとさせ意識して書くようにすれば、自己PRと志望動機が同じような内容になることはないのです。

志望動機と自己PRを書き分けるテクニック

基本的に、履歴書も職務経歴書も「絶対にこれを書かなければいけない」というルールはありません。ただし、書類審査を突破できるレベルに仕上げたいなら、採用されている人達がどのような書き方をしているのか学ぶ必要があります。

人事担当者から高い評価をいただくためには、志望動機と自己PRを書き分けるテクニックが必要です。まず、履歴書には志望動機を書き、職務経歴書に自己PRを中心に書いていきましょう。本来、履歴書には、志望動機、学歴、職歴、資格、趣味、特技、健康状態など自己紹介や概要を書く目的があります。

履歴書と違って、職務経歴書には、応募する企業に関連性のあるキャリアやスキル、経験などの自己PRを中心に書くための書類です。どっちにも同じような志望動機や自己PRを書く必要はありません。

もう1度、履歴書と職務経歴書を作成する目的を理解し、意識して書くことで、あなたの応募書類の評価を確実に上げることができるのです。例外として、市販やダウンロードした職務経歴書の場合は、志望動機を書く欄がついている場合もあります。

そのような時は、そこを空欄にするのはおかしいので、必ず、職務経歴書にも志望動機を書きましょう。履歴書にも職務経歴書にも志望動機を書かなければいけない場合は、まず、職務経歴書に志望動機の詳細を書きます。

次に、志望動機の詳細を簡略化し、上手にまとめたものを履歴書に書けば良いのです。そうすれば、履歴書と職務経歴書を見比べた時に志望動機で矛盾する点がなくなります。

自己PRも同じような書き方をすれば、内容に矛盾点がなくなります。志望動機も自己PRも履歴書から概要を説明しようとするから難しくなってしまうのです。逆転の発想で職務経歴書から書くのが上手に書くテクニックです。

職務経歴書と履歴書のサイズの違いについて

職務経歴書と履歴書のサイズを選ぶ際も、自分目線で考えるのではなく、読む人、すなわち、人事担当者の気持ちになって選ぶことが大切です。あなたが作成し郵送もしくは持参した職務経歴書と履歴書を人事担当者はどうするのでしょうか?

ただ閲覧するだけでなく、コピーをしたりファイリングしたりすることでしょう。その時に、コピーやファイリングしやすいように配慮することで人事担当者に与える印象も良くなるのです。最適な職務経歴書のサイズはA4で、履歴書のサイズは2つ折でB5です。

なぜ、職務経歴書はA4で履歴書は2つ折のB5が最適だと断言できるのでしょうか?その理由は、人事担当者にとって、そのサイズがベストだからです。多忙な人事担当者は少しでも時間を短縮したいのです。コピーをする時も手間をかけたくないのです。

職務経歴書がA4だと、そのままコピーすることができます。履歴書も2つ折でB5だと、広げてA3にすれば簡単にコピーをとることができます。どうしてもサイズを揃えたいという方は、2つ折でA4サイズになる履歴書もあるので市販のものを購入するかインターネットでダウンロードしてみましょう。

ちなみに当サイトでも職務経歴書(A4サイズ)履歴書(A3、A4、B4サイズ)のテンプレートを無料でダウンロードすることができます。ご自由に編集してお使いください。人事担当者がファイリングをすることも想定して、パソコンで編集し余白を多めにとることも重要です。

これらの細かい気遣いが総合的な評価へとつながるのです。「細かいことに気付き配慮できる能力は仕事でも活かせる!」と人事担当者は良い評価をしてくれることでしょう。

履歴書は人事担当者が読むもの。職務経歴書は上司が読むもの。

履歴書と職務経歴書の違いをしっかりと理解していない方も多いようです。

履歴書は氏名、住所、写真、簡単な職歴、志望動機、趣味、特技を書くものです。職務経歴書は、職歴の中のアピールポイント、自己PRを具体的に書くものです。

応募書類として提出を求められたから、仕方がなく、やっつけ仕事のように作成した履歴書や職務経歴書では採用を手にする事はできません。

応募書類のクオリティも評価基準も上がっている時代です。生半可なレベルの応募書類なら一次審査を突破するのは難しくなってしまうのです。

誰が読む書類なの?

まず、履歴書や職務経歴書は誰が読む書類なのでしょうか?ほとんどの方は、履歴書も職務経歴書も人事担当者が読むものという固定概念を持っています。

会社によっては、そのようなケースもありますが、多くの場合は、履歴書は人事担当者が読み、職務経歴書は上司が読むのです。誰が読むのか意識して書くことによって、ターゲットを絞り込んだ効果的な応募書類に仕上げることができるのです。

どのような部分を評価しているのか?

さて、応募書類の、どのような部分を評価してもらえるのでしょうか?それが分かれば、どの部分に力を入れて書けば良いのか知ることができます。まず、履歴書は、人事担当者もそれほど重視していません。

よっぽど「この資格がなきゃ採用はしない」という厳しい応募資格がある場合は、履歴書を確認した時点で落とされてしまうこともあります。しかし、それは稀で、ほとんどの場合は、履歴書のキャリアやスキルよりも職務経歴書の自己PRを重視してくるのです。

つまり、職務経歴書の書き方1つで採用か不採用が決まってしまうと言っても過言ではないということです。職務経歴書をチェックする人事担当者や上司は、「この人材は求めている実務経験をどれだけ持っているか?または、関連する知識や経験をどれだけしているか?」という点を最も重視します。

要するに、即戦力となる、または、将来的に戦力となりうる人材を求めているということです。ただ、実務経験を書くのでは足りません。

自分の経験してきた事を、どんな風に御社で活かすことができるのか?また、どのような成果を上げることができそうなのか?それを具体的に伝えるのです。ここまで説明する事ができれば、かなり高い評価をいただくことができるでしょう。

書き方のコツ

職務経歴書の書き方のコツをご紹介します。まず、応募する企業のどこが気に入ったのかを具体的に書きましょう。ある意味で、これは応募先企業に対するラブレターのようなものなので、自分なりの視点で企業の魅力やメリットをピックアップしてみましょう。

次に、徹底的な企業研究をした上で、どのようなスキルや経験を求めているのか割り出し、それに見合った自己PRを書きます。効果的な自己PRを作成するコツは、キャリアの棚卸しをすることです。

自分がこれまでに経験してきた知識や技術、取得した資格や、携わったプロジェクトなど、その全てを紙に書き出してみましょう。武器となるスキルを抽出することができたら、テクニカルスキルとヒューマンスキルに分類してみましょう。

テクニカルスキルとヒューマンスキルをバランスよく自己PRに取り込むことができれば、どのようなタイプの人事担当者にも通用する職務経歴書に仕上げることができるのです。さらに、もうワンランク上のクオリティに仕上げるためには、自分の3年後、5年後、10年後のキャリアビジョンを書き加える作業をプラスしましょう。

 

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別