「セールスポイントが1つもない・・・」そんな事ありませんよ!!

「セールスポイントが1つもない・・・」そんな事ありませんよ!!

スポンサードリンク



「セールスポイントが1つもない・・・」そんな事ありませんよ!!

 

セールスポイントが1つもない・・・

転職するために応募書類を書こうとしたら、「自分のセールスポイントが1つも見当たらない・・・」なんて人も少なくありません。本当にセールスポイントが1つもない人なんて存在するのでしょうか?

そんな人は存在しません!セールスポイントが1つも見当たらない・・・という人は、探し方が間違っているだけなのです。

もう1度、正しい探し方で自分のセールスポイントを見つけてみましょう。


スポンサードリンク



社会人経験の長さで差が出る!?

社会人経験がそれなりに長い人は、こなしてきた仕事のボリュームも増えるので、それだけセールスポイントも見つけやすくなります。

社会人経験が短い人や、転職回数が多い人は、短期間の業務経験しかないので、なかなかこれといったセールスポイントを見つけることができないのです。


スポンサードリンク



マイナス思考を捨てよう!

自分のセールスポイントを見つける上で、まず、1番最初にやるべき事は、「マイナス思考を捨てる」という作業です。これをやらないと、どんなに時間をかけて自己分析をしてもセールスポイントを見つけることはできません。

転職回数が多い場合でも、働いた期間が短い場合でも、年齢を重ねている場合でも、プラス思考で自己分析をすれば、面白いほど自分のセールスポイントを見つけることができるのです。

転職回数が多かったり、働いた期間が短いと不利に思える事もありますが、プラス思考で考えれば、「普通の人よりも多くの企業で様々な仕事の経験がある」というセールスポイントを引き出すことができるのです。

そのような肯定的な視点でキャリアの棚卸しをすれば、いくらでも誇れるセールスポイントを見つけることができるのです!

実績がない・・・という方へ

営業職など、実績が売り上げや成績として具体的にアピールすることができる職種なら、悩む必要はないですが、事務系の職種は、それができないのが悩みどころです。

しかし、何も売り上げや成績だけが実績として認められるというわけではなく、「どんな事を意識して仕事に取り組んできたのか?どのような改善策や提案をしてきたのか?失敗経験をどのようにして乗り越えてきたのか?コミュニケーション能力が伝わるような具体的なエピソードはあるか?」これらの内容をメインに自己PRをしていけば事務系の職種だって、他の職種だって効果的に自分のセールスポイントをアピールすることができるのです。

どのような職種でも共通しているコツは、「自分なら、こんな形で御社に貢献することができますよ!?」というような、まるで商品やサービスをプレゼンするように自分を売り込むのです。

アルバイトや派遣社員の経験でも通用する!?

アルバイトや派遣社員しかやった事がない人は、正社員への転職に挑戦する前から諦めてしまうケースが非常に多いみたいです。しかし、諦めるのは早すぎます!一昔前の話なら、元アルバイトや元派遣社員は、それだけでマイナス評価を受ける厳しい現実がありました。

しかし、今は事情が異なります。どの企業も戦力となる優秀な人材を確保できずにヤキモキしているのです。今の企業が人材選びで重視するポイントは、一昔前とは違って、学歴や雇用形態はさほど重視せず、現場での業務経験を重視する傾向が強いのです。

アルバイトや派遣社員は、どんな仕事でも、最も現場を任されることが多い雇用形態です。という事は、アルバイトや派遣社員の経験でも十分にセールスポイントになりうるという事です。

現在、アルバイトや派遣社員として働いている方で、将来、正社員になりたい!という希望があるなら、「所詮、アルバイトだから・・・派遣社員だから・・・」と軽視して手を抜かず、将来の転職活動で武器となるキャリアとなるような働き方をしましょう。

実際に、正社員よりも仕事ができるアルバイトや派遣社員は意外に多いのです。そのような方達こそ、自分のキャリアを武器して正社員への転職をするべきなのです!

ただしいセールスポイントの見つけ方とは?

セールスポイントとは、応募する企業に自分を売り込むための最大の武器です。企業が求めているキャリアやスキルを把握し、それに少しでも関連するセールスポイントをアピールすることが採用への近道となります。

「セールスポイントが1つもない・・・」なんて嘆く人もいますが、アルバイトでも派遣社員でもいいので、なにか1つでも仕事経験があれば、そこから必ずセールスポイントを見つけることができるのです。諦めずに自分の経験を振り返り棚卸ししてみることが肝心です。

セールスポイントは応募する企業によって変わる!?

セールスポイントの見つけ方が難しいと言われる理由は、応募する企業によって変えないといけないからです。よく考えてみれば当然のことなのですが、応募する企業によって求めているキャリアやスキルはまったく異なります。

求められている能力や異なるのに、同じようなセールスポイントをアピールしても効果は期待できないのです。複数の企業に応募する際は、必ず、1つ1つの企業ごとにマッチしたセールスポイントをピックアップしてみましょう。

人事担当者の期待に応えるセールスポイント

なぜ、多くの転職者が職務経歴書のセールスポイントで失敗してしまうのでしょうか?その最大の原因は、独りよがりの片思いのようなセールスポイントを書いてしまうからです。

自分では最高に素晴らしい的を得たセールスポイントだと確信していても、人事担当者からすれば魅力にかける内容だったりするのです。この感覚や評価のズレが不採用につながってしまうのです。なぜ、このようなズレが起きてしまうのでしょうか?

それは、人事担当者がどのような期待感を持って人材を探しているか?本人がまったく理解できていないからです。自分がセールスポイントとして売り込みたい部分を強引にアピールするだけでは書類選考すら突破することはできません。

もう1度、人事担当者が何を求めているのか?何を知りたいのか?しっかりと時間をかけて分析し、セールスポイントを練り直してみましょう。

道を見失ってしまう人も多い・・・

セールスポイントを見つける上で、最も難しい点は、企業から求められている事と、自分が売りにしたい事に、折り合いをつけることです。企業のことばかり優先してしまうと、せっかくの自分の売りが消されてしまいます。

かといって、自分の売りばかり優先してしまうと、企業の期待に応えることができなくなってしまいます。要領が良い人は、この部分にしっかりと折り合いをつけて、企業から求められる部分と自分の売りの部分をうまく織り交ぜてセールスポイントを作り上げることができます。

しかし、要領が悪い人は、どっちかに偏ってしまうのです。自分の売りばかりを押したり、企業から求められていることばかりを気にしてしまうのです。

結果、いったい自分は何のために、その企業で働きたいのか?さらに迷宮入りしてしまうと、自分の売りとなる部分も分からなくなってしまうのです。このような状態では、書類選考を突破するのは夢の話となってしまうのです。

企業の求めている人材をしっかりと把握する

道を見失わないためには、まず、企業の求めている事をしっかりと把握することが肝心です。企業研究を徹底的にすることで、「今、どのようなキャリアとスキルをもった人材を求めているのか?」を把握することができます。

要するに、「自分のセールスポイントの要素に、求められているキャリアやスキルが含まれているか?完全一致ではなくても、少しでも関連性を持ったキャリアやスキルを持ち合わせているか?」これが分かった時点で、初めて他のライバルと同じ土俵に立ち、勝負をすることができるのです。

こういった準備もせずに、一方的に自分のセールスポイントを売りつけても、買ってくれる企業は1つも現れないのです。企業は「売上に貢献できる!戦力になってくれる!」という期待感が持てた時、はじめてあなたを採用してくれるのです。

つまり、書類選考や面接試験で徹底的に自分のセールスポイントをアピールして、人事担当者に期待感を持たせることができれば、採用の可能性は間違いなくアップするのです。

どんなセールスポイントだと高い評価がつくの?

どんなセールスポイントをアピールすれば人事担当者は高く評価してくれるのでしょうか?例えば、売上でトップの成績を出し、受賞暦があったり、顧客や上司に褒められるというエピソードも良いでしょう。

また、1つのプロジェクトを最後までチームワークを大切にし成し遂げたという経験も良いセールスポイントになります。ここで注意して欲しいのは、多くの場合、人事担当者は成果や結果よりプロセスを重視しているという点です。

実績や成果や1つのプロジェクトを成し遂げるためには、1人の力では無理です。チームが一丸となって、努力し、失敗し、修復し、涙や笑い、感動があったはずです。

様々な社会人経験の中で、仕事に対する姿勢、考え方、ピンチの乗り越え方など、表にある実績や成果よりも、内側にあるスキルこそ高く評価してくれるのです。

そのためには、職務経歴書に表面的な実績と成果だけを書くよりも、内面のヒューマンスキルが伝わるエピソードを書き加えるのが最も効果的と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別