職務経歴書の書き方【勤務期間が3年未満の場合】

職務経歴書の書き方【勤務期間が3年未満の場合】

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方【勤務期間が3年未満の場合】

職務経歴書の書き方【勤務期間が3年未満の場合】

転職をする上で勤務期間は1つの会社で3年以上あったほうが有利になれるとされていますが、実際のところはどうなのでしょうか?勤務期間が3年未満だと、どれぐらい不利になってしまうのでしょうか?

結論は、「勤務期間が3年未満であっても質の高い仕事経験を重ねていれば転職をする上で不利になる事はない」というものです。

実際に、勤務期間が3年未満の転職希望者でも、キャリアップや年収アップの転職に成功しているケースはいくらでもあるのです。転職試験をクリアして採用を手にするための重要なツールが職務経歴書なのです。

職務経歴書を作成する上で1番大切なことは、プラス思考で書くことです。「勤務期間が3年未満だから、きっと不採用になるだろう・・・」とマイナス思考で職務経歴書を書いてしまえば内容にも、その気持ちが滲み出てしまい、本当に不採用という残念な結果となってしまうのです。

マイナス思考を捨てて「勤務期間は3年未満だけど、他の人に負けないくらい価値のある経験をしてきた。私が持っているキャリアやスキルなら必ず採用されるに違いない!」このように100%プラス思考で書けば魅力的な職務経歴書に仕上がるので人事担当者に与える印象は非常に良くなるのです。

要するに、勤務期間が3年未満の人でも職務経歴書を書く意識や気持ちをプラス思考に持っていることで、いくらでも採用されるチャンスは出てくるということです。何度も不採用を経験してきた人は、どうしてもマイナス思考になってしまうことでしょう。それは仕方がないことです。

気持ちを変えるために、ビジネスセミナーや研修に参加してみたり、会社訪問してみたり、一人旅に出かけてみたり、ボランティアに参加してみたり、なにかしら行動を起こしてみましょう。気力が残っているなら、転職したい業界で活かせる資格取得にチャレンジしても良いと思います。

何かしら行動を起こし、1歩ずつでも良いので進むことで、マイナス思考をプラス思考に変えていくことができるのです。これは私も経験したことなので間違いないのです。ちなみに私は、2連続で不採用が続き、どうしてもマイナス思考の泥沼から抜け出せなかった時、ふらりと一人旅に出て気持ちのスイッチを切り替えました。


スポンサードリンク



不利な部分をカバーするために必要な事とは?

先述した通り、勤務期間が1年や2年の場合は、3年以上ある人よりも不利になってしまいます。その不利な部分をカバーする何かが必要になってくるという事です。

1番重要なポイントは勤務期間は3年未満でも、3年以上の人に負けないくらい真剣に仕事をしてきたとアピールする事です。

ただ言葉でアピールするだけでは説得力がないので、具体的に短い勤務期間の間で、どのようなキャリアやスキルを積み重ねてきたのか?具体的な実績やエピソードで人事担当者が納得のいくレベルまで職務経歴書を仕上げることが肝心です。

具体的な実績やエピソードを書く時は、売り上げや成果を伝えるために数字やグラフを使ってみたり、失敗経験から学んだ事を次の仕事に活かせたエピソードや、仲間や得意先の人達とのチームワークを大切にして1つの仕事を最後まで成し遂げた!というようなエピソードがあれば、かなり効果的なセールスポイントとなるでしょう。

成功した経験よりも、あえて失敗談を出して、そこから学び、次に活かすことができた!このようなエピソードを人事担当者は好むのです。


スポンサードリンク



これだけは書いておこう!

勤務期間が3年未満の方が職務経歴書を作成する際にこれだけは書いておいて欲しい項目をまとめてみました。

1、仕事経験から学んだ事

何はともあれ、勤務期間が3年未満の人は短いながらも仕事経験からどんな事が学べたのか?まずは、ここを中心にアピールしていきましょう。

具体的な1日の業務内容を紹介して、そこからどんなキャリアやスキルを吸収することができたのかまとめていきましょう。過去の仕事経験だけでなく、そこから学んだ事を御社でどのように活かすことができるのか?具体的にアピールすることで、かなり高い評価をいただくことができます。

重要なのは、今までのキャリアやスキルが応募先企業の業務と関連性があることを積極的にアピールすることです。人事担当者が重視している部分はここだからです。どんなに立派で誇れるキャリアやスキルでも応募先企業の業務とまったく関連性のないものだとアピール要素としては弱くなってしまうのです。

関連性のあるキャリアやスキルを書いてこそ、初めて「私の経験を活かして即戦力となり明日からでも業務に貢献することができます!」と自信を持ってアピールすることができるのです。

2、自分の成長をアピールする

勤務期間が3年未満の方でも、入社した新入社員と1年から2年以上経過した時の自分では雲泥の差があるはずです。逆に言えば、1年以上仕事をしてきて新入社員となんら変わりはないというなら、それは大問題です。

しかし、ご安心ください。お給料がもらえているという時点で、少なくとも会社の何かしらの形で貢献できているはずです。「自分が成長したのか分からない・・・」などと投げやりにならず、時間をかけて自己分析をして自分が成長した部分を1つずつピックアップしていきましょう。

成長できているポイントを見つけることができたら、入社時の自分と退職直前の自分を比較して具体的にどの部分で成長することができたのかアピールしてみましょう。そうすることで、人事担当者にも非常に分かりやすく自分の成長を伝えることができます。

自分が確実に社会人としてもビジネスマンとしても成長していることを効果的にアピールするためには、具体的なエピソードを記載するのが1番の方法です。

例えば、携わったプロジェクトや業務を例に出し、完結するまでに、「どのような人と関わり、何を重視して、どのような姿勢で仕事と向き合ったのか?」を具体的に書くことが効果的です。このような書き方をすれば「入社1年目の社員とは違う!」というアピールをすることができるのです。

3、1番得意な業務をアピールする

これも非常に大切な事です。勤務期間が短いだけにアピールポイントを1つに絞り込んで自分を売り込むことが効果的です。自分が1番得意な業務を中心にアピールすることで、戦力になれることを証明することができるのです。

その業務に対する情熱やヤリガイなども同時に伝える事ができればパーフェクトです!また、業務を担当する中で、壁にぶつかり苦戦した経験や問題点に気付いた経験を取り上げ、どのようにしてそれらを乗り越えることができたのか?自分で考えた改善策や提案、企画を具体的に書いてみましょう。

最後に、関連するスキルや資格がある場合は、すべて職務経歴書のスキルの欄に書き込みましょう。自分では評価されない資格だと決め付けていても転職希望先の人事担当者によっては高く評価してくれる場合があるからです。

注意点としては、アピールポイントを書きすぎないことです。「採用を手にしたい!」という気持ちが強くなると、どうしても「あれもアピールしたい!これもアピールしたい!」という気持ちになってしまいます。しかし、職務経歴も自己PRも書けるスペースは限られているのです。

職務経歴書は書き方も自由だし、何枚書いても問題はないのですが、多くとも3枚以内に抑えるのが常識です。できれば2枚以内に抑えるのがベストです。人事担当者は短い時間で応募者が持っている能力や経験を把握したいのです。

それなのに職務経歴書が3枚以上になり、いくつもアピールポイントがあると最悪の場合、最後まで読まずに不採用とされてしまうのです。それを避けるためには、メインのアピールポイントを1つに絞り、ボリュームも増やし、他のアピールポイントは控えめに書くのが良いでしょう。

そうすれば多くとも3枚以内に抑えることができるのです。職務経歴も自己PRも箇条書きでシンプルに分かりやすく書くのがコツです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別