職務経歴書の書き方【勤務期間が1年未満の場合】

職務経歴書の書き方【勤務期間が1年未満の場合】

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方【勤務期間が1年未満の場合】

職務経歴書の書き方【勤務期間が1年未満の場合】

勤務期間が1年未満の場合の職務経歴書の書き方で重視して欲しい点は、「ネガティブな発想は全て捨ててしまう!」という点です。

なぜ、このようなことを言うのかというと、勤務期間が1年未満の人の多くは、転職試験に挑戦する前から「自分なんて、どんなに頑張っても採用をもらうことはできない・・・」とネガティブな発想を持ってしまうのです。

このような気持ちで挑戦しても絶対に採用を手にすることはできないでしょう。自信が持てないと表情も暗くなるし姿勢も悪くなるし面接で最悪の印象を持たれてしまうのです。

人事担当者は紙に書かれた能力だけでなく面接での雰囲気や印象を最優先するのです。要するに、ネガティブな発想を持っているうちは、何回、転職試験を受けても採用を手にすることはできないという事です。

「勤務期間が1年未満・・・」という厳しい現実があっても、ポジティブな思考を持ちましょう。不思議なもので、ポジティブな思考に切り替えるだけで、人事担当者からも他の人からも魅力的に見えてしまうのです。自分に自信が持てるようになると、表情も明るくなるし姿勢も良くなります。

目にも輝きが出てくるので面接でも効果的に自分をアピールすることができるし、伝えたいことにも信憑性と説得力が出てくるのです。ポジティブ思考に切り替えると、ネガティブ思考の時には見つけられなかった自分の新たなアピールポイントが見えてくるのです。

自分にとって不利になる要素にいつまでも目を向けるよりも、有利になる要素に目を向けて、そのアピールポイントを膨らませることができれば「勤務期間が1年未満・・・」というデメリットも払拭することができてしまうのです。


スポンサードリンク



勤務期間1年未満という現実からは逃れられない

どんなに頑張っても勤務期間1年未満で退職してしまった現実からは逃れることはできません。まさか既に辞めてしまった会社にお願いして退職を取り消してもらう事など到底できないからです。

まずは、勤務期間が短いことで不利になるという事実を受け入れて、いつまでもそのことでクヨクヨと引きずらないことが大切です。発想をポジティブに切り替えることで、そこから全てが始まるのです。

発想をポジティブに切り替えることで過去のことを引きずらなくなり、未来のことを考える思考が持てるようになります。すると、「こんな仕事をしてみたい!」という前向きな気持ちになることができるのです。そこから将来の目標や理想が見つかれば、転職試験に向けた良いアピール材料となるのです。

「こんな仕事がしてみたい!」という気持ちだけではなく、具体的に「どんな事ができるのか?どんな目標やキャリアビジョンを持っているのか?」をアピールすることができれば、人事担当者から、さらに高い評価をもらうことができます。

例えば、「1年後には、私の●●のスキルを活かして、●●のプロジェクトに参加し、●●の成果を出したい!」といった具体的なアピールが最も効果的です。中途採用で成功したいなら、ここまで具体的なアピールをする必要があるのです。


スポンサードリンク



ポジティブな発想でキャリアを棚卸ししてみよう!

ネガティブな発想のままで自分の過去の仕事を振り返ってみると、どうしても自信を持ってアピールできる要素が見つかりません。

そこでネガティブな発想を捨ててポジティブな視点でキャリアの棚卸しをしてみましょう。そうする事で、勤務期間が1年未満という短い期間でも自分なりに頑張ってきた事、学べた事、吸収できた事、発見などが見つかるのです。

ポジティブな発想に切り替えるだけで、自分のキャリアがまったく別モノに見えてきてしまうのです!つまり、プラス思考でキャリアの棚卸しをすれば、いくらでもアピールポイントなんて見つかる!という事です。

物事は考え方1つ切り替えることで面白いほど変わってしまうのです。この考え方は採用後、仕事の上でも重要です。どんな仕事でもプロジェクトでも必ず思い通りにいかず壁にぶつかることが多々あります。

成功よりも、失敗やトラブルの連続です。失敗やトラブルが起こる度にネガティブ思考になってしまうと乗り切ることもできずに腐ってしまうのです。

「どんな窮地に立たされても常にポジティブ思考と忍耐力で乗り切ることができます!」というアピールも加えると人事担当者に与える印象はさらに良くなります。

これだけは書いておこう!

勤務期間が1年未満の人が職務経歴書を書く上で、これだけは書いておいて欲しいという項目をまとめてみました。

研修で学んだ事

まず、何よりも最優先事項として書いて欲しい項目は研修で何を学べたのか?という点です。勤務期間が短い人の唯一の武器は「研修を受けている」という点です。

研修を受けていれば、社会人としての最低限のビジネスマナーや一般常識が身についていることを効果的にアピールすることができるのです。

人事担当者からしても、ビジネスマナーや一般常識が身についている人材と、身についていない人材では、評価にかなりの差がついてしまうのです。どんなに短くて小さい研修でも、表現の仕方で上手に膨らませて得るものが大きかった!という印象を与えるようにしましょう。

会社の研修やセミナーに参加した経験だけでは積極性と行動力に欠けます。「勤務期間が1年未満」というデメリットをカバーするためには、積極的にビジネスセミナーに参加しましょう。

また、応募先企業の業務に関連する資格取得に向けて勉強を始めるというのも良いアピールになります。このように受身ではなく、常に攻めの姿勢で行動し、自らアピール材料を作る意識を持つことが大切です。

どのような仕事経験があるのか?

勤務期間が1年未満と言えど、何も仕事をしてこなかった人は1人もいません。会社に在籍して給料をもらっていたのですから、必ず、何かしらの仕事を任されているはずです。どんなに小さい地味な仕事でも必ず会社の利益に貢献しているはずなので自信を持ってアピールすることが大切です。

仕事をしてきた中で、気付いた事や、自ら提案した改善策や提案などがあれば絶好のアピールポイントとなります。また失敗体験から何を学んで改善策を自分で考えることができたのか?をアピールすることも効果的です。

要するに、勤務期間が短くても中身の濃い仕事経験をたくさんしているようなアピールをすることができれば採用の可能性は十分にあるということです。

仕事に対する姿勢をアピールする

勤務期間が1年未満だと、目標を達成した実績をつくるのは難しいかもしれません。まして新卒なら、入社1年目で目標を達成できるわけがないのです。つまり、他の応募者と実績で勝負するのは分が悪いという事です。

何も不利な要素で勝負をする必要はないのです。勤務期間が短くて実績で勝負するのが難しいなら、仕事に対する姿勢で勝負してみましょう。

勤務期間が短くても、どのような姿勢でどのような意識を持って真剣に仕事と向き合ってきたのか?それを上手にアピールすることができれば高い評価を得ることができるのです。

仕事に対する姿勢をアピールする時は、「責任感、熱意、忍耐力」この3つを中心にアピールすると効果的です。この3つの要素が伝わるような仕事上のエピソードを職務経歴書に加えると効果的です。

過去よりも未来を見つめる!

勤務期間が短い人ほど過去を引きずる傾向があります。しかし、人事担当者はあなたの過去に興味を持っていません。重要なのは、未来に向けて、これから何ができるのか?もっと具体的に言えば、どのような形で会社に貢献することができるのか?という点です。

極論を言えば、退職理由なんてどうでも良いのです。なぜなら、過去のことだからです。応募者の中には退職理由を長々と書いてしまう人がいますが、そんな事をすれば自分で自分のクビを締めることになってしまうのです。

職務経歴書でも面接でも退職理由は聞かれなければ触れないのが1番です。なぜなら、退職理由なんて、どんなにポジティブに伝えようとしても、その裏にはネガティブな理由が見え隠れしてしまうからです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別