職務経歴書【見せ方の工夫が分かる!】

職務経歴書【見せ方の工夫が分かる!】

スポンサードリンク



職務経歴書【見せ方の工夫が分かる!】

職務経歴書【見せ方の工夫が分かる!】

職務経歴書は見せ方の工夫次第で、いくらでも、そのクオリティを上げることができます。

実際に、内容がほとんど同じ職務経歴書でも見せ方の工夫次第で、一方は採用されて、もう一方は不採用になるという事例はいくらでもあるのです。

せっかく時間をかけて職務経歴書を作成するなら、見せ方の工夫を意識して「採用される職務経歴書」に仕上げたいですよね?

今回は、見せ方の工夫や採用されるコツについてまとめてみました。


スポンサードリンク



自分が活躍している姿を印象付ける

職務経歴書の見せ方の工夫として最も重視して欲しい点は、採用担当者に「自分が活躍している姿を印象付ける」という点です。

採用担当者は、即戦力となり活躍している姿を想像することができて、初めて、「採用してみようかな?」と考えるのです。

つまり、採用担当者に期待感を抱かせることができれば採用の可能性が見えてくるということです。活躍している自分を効果的にアピールするためには、最適なアピール材料を探してくる必要があります。そのヒントは、募集要項や会社のホームページにあります。

とにかく、募集要項や会社のホームページを何度も熟読してください。そして、応募先企業がどのような人材を求めているのか正確に把握するのです。その上で、求められている人材にマッチしていることを意識して、活躍している自分が想像できるようなエピソードを職務経歴書に記載するのです。

キャリアやスキルや実績を書くよりも、仕事上のエピソードを書いたほうが、より効果的に伝わるのです。徹底的に企業研究を重ね、求められている人材をしっかりと把握し、見せ方の工夫をすれば採用担当者は必ずあなたに「是非とも会ってみたい!」と興味を示してくれることでしょう。


スポンサードリンク



即戦力になれる具体的な理由を箇条書きでアピール

自己PRの欄に、即戦力になれる具体的な理由を箇条書きでアピールしてみましょう。今までの仕事経験の中から、最も適しているものを選び、その経験を活かして「●●の成果を出すことができます。」「●●の業務で●●の貢献をすることができます。」という形で具体的に書くのがコツです。

文章にしてしまうと、1つ1つのアピールが弱くなってしまうし、伝わりにくいというデメリットが出てきてしまうので、複数のアピールポイントがある場合は、箇条書きで書くのがコツです。

ただし、注意して欲しいのは、求められている能力とは関連性の薄い部分を何個もアピールしてしまうと、逆効果になってしまう可能性が出てきてしまうという点です。関連性の薄い経験やスキルをいくつも書くよりは、関連性のあるスキルや経験を2つか3つ書いたほうが効果的ということです。

採用担当者の多くは無駄な時間を使いたくないのです。職務経歴書を読む時でも、必要な情報だけが上手に伝わりやすく書かれているものを好むのです。見せ方も工夫して上手に伝わる文章が書けることも1つの能力として評価してもらえるのです。

即戦力になれない場合は?

中途採用されるためには、「即戦力で業務に貢献できる」ということが絶対的な条件となります。しかしながら、誰もが即戦力になれるわけではありません。スキルや経験が足りないこともあるでしょう。

採用担当者は即戦力にならない人材でも、数年後に戦力になってくれることが確実な場合は、しっかりとそこを評価してくれます。なので、即戦力になれなくても諦めずにポジティブに自分をアピールすることが大切です。

例えば、「半年後もしくは1年後には●●の形で●●の成果を出すことができます。」という具体的なアピールをしてみましょう。

そのためには、「●●のスキルを●●の方法で身につける必要があるので、●●というプロセスを経てスキルを身につけます。」という努力の方法も補足すると、より現実的になるので、評価が高くなります。

要するに、即戦力になれなくても、「近い将来、戦力になることが確実」と採用担当者に期待させることができれば、採用される可能性は十分にあるということです。

テンプレートやフォーマットも重要です。

職務経歴書は書かれている内容だけを重視してしまう人が多いですが、見せ方を工夫するなら、テンプレートやフォーマットにも力を入れる必要があります。なぜなら、職務経歴書は自分という商品をプレゼンする資料とも言えるからです。

プレゼンする資料に書かれている内容が素晴らしくても、そのテンプレートやフォーマットのクオリティが低く、見た目が悪いと評価が著しく下がってしまうのです。こんなにもったいないことはないですよね?では、どうしたらクオリティの高い職務経歴書のテンプレートやフォーマットを手に入れることができるのでしょうか?

自分で作ろうなんて考えないでください。素人が作ってもクオリティの高いテンプレートやフォーマットはできないし、そんなことに膨大な時間をかけるくらいなら、企業研究をしたり書く内容のクオリティを高めたほうが時間を有意義に使えます。

テンプレートやフォーマットは当サイトのような無料でダウンロードできるサイトや、転職サイトや転職エージェントでもダウンロードできますので、おすすめです。

転職サイトや転職エージェントには転職支援のプロが作った職務経歴書のテンプレートやフォーマットを無料でダウンロードできるので、かなり見た目のクオリティが高いものを手に入れることができます。

ただ、面倒なのは転職サイトや転職エージェントだと会員登録しないとダウンロードできなくなっているサイトもあるという点です。ちなみに当サイトでは会員登録など面倒な手続きは一切不要で、ボタン1つワンクリックで無料ダウンロードすることができます。

当サイトでは、職務経歴書のテンプレートやフォーマットの他に履歴書のテンプレートやフォーマットもダウンロードすることができます。表や網掛けなどを使いレイアウトにもこだわっています。また、字体やフォントも最適化しておりますので、見た目もバッチリです。

当サイトのテンプレートやフォーマットを使い、職務経歴書の内容を充実させればライバルとも確実に差をつけることができるでしょう!

「職務経歴書の書き方が分からない・・・自信がない・・・」という人は、当サイトのコンテンツ「職務経歴書の書き方のコツとノウハウ【基礎編】」を参考にしてみてください。是非とも、あなたの転職活動にお役立てください

形式にもこだわりましょう!

職務経歴書で見せ方の工夫をしライバルと差をつけたいなら、形式にもこだわる必要があります。一般的な形式には次の3つがあります。編年体形式、逆編年体形式、キャリア形式の3つです。

自分の職務経歴に最適な形式を選んで、書き方や見せ方の工夫をすれば、職務経歴書のクオリティを確実に上げることができます。では、職務経歴ごとに、どの形式を選べば良いのかご説明していきます。

ズバリ、「勤務期間が短く、ブランクがある」など不利な条件が多い方には、編年体形式がおすすめです。「キャリアが長く、複数の企業に在籍していた経験がある方」には、キャリア形式がおすすめです。逆編年体形式は、現在から過去に戻るような分かりにくい書き方なので、あまりおすすめできません。

私としては、自由度が高く効果的なアピールができるキャリア形式をおすすめします。詳しくは、「職務経歴書の書式は編年体形式がいいの?キャリア形式がいいの?」のページでご説明しておりますので、よろしければご覧ください。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別