職務経歴書の役割を理解して書き方を考えよう!

職務経歴書の役割を理解して書き方を考えよう!

スポンサードリンク



職務経歴書の役割を理解して書き方を考えよう!

職務経歴書の役割を理解して書き方を考えよう!

職務経歴書や履歴書の役割は、「一次選考を突破するために絶対に必要な書類」です。

新卒者の場合だと、エントリーシートで適正をチェックして採用か不採用かを決めます。

それと比較して中途採用の場合は、職務経歴書の実績やスキル、キャリアをチェックして採否を決めます。

「果たして、この人は当社が求めている人材の基準をクリアしているのか?採用したら即戦力として貢献してくれるのか?他の社員と協調性を持って職場の雰囲気を乱すことなく働くことができるか?」

このような厳しい目で評価してくるのです。すべての基準をクリアするために最も効果的なツールが職務経歴書なのです。

職務経歴書の役割、目的をしっかりと意識して書き方を考えれば、より評価の高い魅力的な応募書類に仕上げることができるのです。


スポンサードリンク



一次選考で落とされてしまう確率

残念ながら、今の厳しい転職事情では、多くの応募者が一次選考で落とされてしまいます。大企業や有名企業ともなれば競争率が高くなるので、尚更、一次選考で落とされてしまう確率は上がってしまいます。

一次選考で振るいにかけられないためには、職務経歴書のクオリティを高めて採用基準よりも上の内容に仕上げる必要があります。

転職したい企業が、どのような能力を持った人材を求めているのか?自分はどれぐらい、それに応えることができるのか?時間をかけてキャリアの棚卸しをして、自分でも気付かない能力を引き出し職務経歴書でアピールするのが最善の方法です。

また、具体的にどのような方法で即戦力となり会社に貢献することができるのか?根拠を明示することも重要です。


スポンサードリンク



やる気と熱意だけでは通用しない

新卒や第二新卒なら、職務経歴書で仕事に対する「やる気と熱意」を伝えれば、なんとか一次選考は突破できるかもしれません。しかしながら、中途採用者の場合は、そうもいきません。中途採用者にとっても、やる気と情熱は重要な要素ではありますが、採用担当者からすれば「あって当たり前・・・」なのです。

やる気や熱意よりも効果的なのが具体的な実績と経験です。実績と経験を上手にアピールすることができれば「即戦力」として認めてもらえるのが極めて採用に近づくことができるのです。

なぜ、実績や経験を重視すべきなのか?というと、企業側はほとんどの場合、「短期間でものになる人材、つまり、短期間で利益を出せる、会社に貢献できる人材」を求めているからです。要するに、それに応えることができなければ仮に一次選考を突破できたとしても面接で落とされてしまうということです。

もっと単純な言い方をすれば採用担当者が「この人なら、是非とも会ってみたい!一緒に仕事をしてみたい!」と思わせることができる職務経歴書じゃなければ一次選考は通過できないということです。

履歴書と職務経歴書はどっちが重要?

結論を先に申し上げると、どちらも重要です。応募書類の中で職務経歴書が重視されがちですが、採用担当者は履歴書も重要視しています。履歴書の内容を先に見て求めている基準や条件をクリアしていないと、職務経歴書は読まれずに不採用となってしまう可能性もゼロではないのです。

大企業や有名企業の場合は、応募者の数も半端ではないので1つ1つの書類に時間をかけて目を通すことができないのです。そう考えると、まずは基準や条件をクリアしている履歴書を作成する必要があるのです。

まず、学歴や職歴は最も重視される部分なので採用担当者が見やすく分かりやすいように書きましょう。レイアウトも大切なので見栄えの良い履歴書のテンプレートを利用しましょう。次に志望動機です。志望動機には1番時間をかけましょう。

マニュアル本や他の人の言葉を借りるのではなく、純粋に自分が思う「転職希望先企業への想い」を文字にしてみましょう。そうすることで完全なるオリジナルの採用担当者のハートに響く志望動機を作り上げることができるのです。

パクリや真似した志望動機は、面接で突っ込まれれば簡単に化けの皮が剥がれてしまいます。要注意です!もう1つ注意点があります。それは希望条件を書く欄です。希望条件は自分の能力に見合っていないものだと印象が悪くなるし、控え目すぎても駄目です。

まずは、自分が求められている能力や経験をどれだけ持っているのか?そこを徹底的に分析した上で希望を書きましょう。分からない場合は、あまり具体的に書かないのがベストでしょう。

最後に、どれだけ優秀で求められている能力や経験を全て持ち合わせている人材でも、労働条件にマッチしていないと不採用になってしまいます。どうしても採用が欲しい企業なら、ある程度の妥協も必要な時があります。要するに、「自分を高く売り過ぎない!企業の条件と折り合いをつける!」ことが肝心です。

職務経歴書と履歴書の役割をまとめてみました。

最後に、職務経歴書と履歴書の役割を分かりやすく箇条書きでまとめてみました。

職務経歴書の役割

@求めている能力と経験を持ち合わせているか?

A自分の強みと弱みを把握しているか?

B協調性を持って職場の雰囲気を乱さず長く働いてくれそうか?

C仕事に対する情熱を持っているか?目標やキャリアビジョンを持っているか?

D自分を売り込む能力(プレゼン能力)を持ち合わせているか?

履歴書の役割

@学歴や職歴が求めている基準をクリアしているか?

A業務に関連する経験、キャリア、スキルを持ち合わせているか?

B今までの転職回数、勤務期間に問題はないか?

C志望動機から「入社したい意欲」を感じることができるか?

D企業側と応募者の労働条件と希望条件が合致しているか?

職務経歴書の役割を意識した書き方の例文(志望動機編)

「●●株式会社で3年間の営業職経験がございます。3年間の営業職経験の中で学んだものは、お客様との信頼関係を第一に考えることが売上につながるという点です。新人の頃は、闇雲に売上や成果を追いかける日々でした。しかし、自分の立てた目標の5割も達成することができませんでした。2年目になり、お客様との信頼関係を第一に考えるように営業手法を変えたことで、営業成績1位を獲得するまでに自分を成長させることができました。3年目には、2期連続、売上トップという輝かしい実績を残すことができました。3年間の営業職で吸収したスキルや経験を活かせば、御社のビジネスで即戦力として貢献できると確信しております。御社に入社することができたら、1年目に●●万円以上の売上を出すとお約束させていただきます。何卒、よろしくお願い致します。」

職務経歴書の役割を意識した書き方の例文(自己PR編)

@既存の営業手法にとらわれず、独自のまったく新しい営業手法を取り入れたことで前年比120%の売上を出すことができました。私が作り出した新しい営業手法が本部長に認められ、営業部全体でマニュアル化されました。その結果、営業部全体の売上を20%増やすことができました。

A同僚や上司、他部署の社員などとチームワークを重視しながら1つのプロジェクトを成功させるのが得意です。また、クライアントや得意先、お客様とのコミュニケーション能力や接客能力にも絶対的な自信を持っております。先日も、大口のお客様からご指名で仕事の依頼をいただくことができました。新人の頃は個人プレーが好きだったのですが、今では、仕事で関わる全ての人達に支えられているから今の自分があることに気付きました。仕事で関わる全ての人に感謝しながら一生懸命に働いております。

B3年間の営業職経験で売上トップ8回という実績をあげることができました。2年目には功績が認められ社長から直接、表彰されました。あの時に感動は今でも忘れることができません。御社で取り扱う商品は、前職で私が販売していたものと同じ種類の商品なので、間違いなく短期間で成果を出すことができます。御社でも売上トップを目指し精進したいと思います。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別