自己PR(長所)の探し方が分かる!3つの鉄則とは?

自己PR(長所)の探し方が分かる!3つの鉄則とは?

スポンサードリンク



自己PR(長所)の探し方が分かる!3つの鉄則とは?

自己PR(長所)の探し方が分かる!3つの鉄則とは?

自己PRと長所の探し方は、思っているよりも難しい事です。

どうしても転職活動をしていく中で、ネガティブになってしまう人が多いので、自己PRも長所も見つけにくくなってしまうのです。

今回は、自己PRと長所を探すために必要な3つの鉄則をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



鉄則@

自己PRと長所の探し方で最も重要なのは、無計画に書き始めない事です。実績やスキルなどを自分では分かりやすく説明したつもりでも、人事担当者には思っているほど伝わっていなかった・・・というケースが非常に多いのです。

そこには、表現方法の問題があるのです。例えば、分かりづらい文章表現だったり専門用語を使いすぎていたり、根本的に企業が求めている人材を理解していなかたり・・・などなど、ずれている職務経歴書を提出してしまえば書類審査も合格することができないのです。

そのような失敗を避けるためには、じっくりと時間をかけて自己分析をして、1つ1つの経験や実績を紙に書き出し、情報を整理することが重要です。情報を整理することができたら、自分のキャリア、スキル、長所を棚卸ししてみましょう。

単純に職歴を振り返るのではなく、細かい事まで全て紙に書き出してみるのです。この作業は面倒ですが、非常に重要な作業なので必ずやってみてください。具体的には、携わった全ての業務内容の詳細、講じた提案、改善策、経験した失敗談、成功談をメインに書き出してみましょう。

また、入社した会社で受けた研修の内容についても詳しく書いておきましょう。人事担当者からすれば、仕事に活かせるような研修を受けているのか?という点も重視しているのです。


スポンサードリンク



鉄則A

次に、具体的な実績をピックアップしてみましょう。「売り上げ実績、受賞歴、商品やサービスの開発、企画、上司から認められた事、褒められた事」を中心に書き出していきましょう。

これといった実績がない事務系のお仕事をされていた方でも、仕事をする上でどんな点を意識していたのか?どのような努力や工夫をしたのか?それによって改善されたエピソードは?などを中心に考えれば、いくらでも自己PRや長所を探すことができるはずです。

もう1つ大切な事は、仕事に対する心構えと姿勢です。過去のキャリアで自分がどのような心構えと姿勢で仕事と向き合ってきたのか?これも人事担当者が知りたい要素となります。

あまり多くの実績やエピソードを書きすぎると、全体がぼやけてしまうので、ある程度、自己PRと長所を絞り込むのが強い印象を残すコツです。「この実績だけは外せない!」というものを1つか2つに絞り込んでアピールすることが大切です。

鉄則B

最後に、自分の身につけてきたスキルを全て書き出してみましょう。まずは、メモ帳に応募する企業の業務に関連性がなくても良いので、自分が持っている全てのスキルを書き出してみましょう。「普通免許、ホームヘルパー2級、FP、医療事務、簿記、パソコンスキル」などです。

また、資格以外にも仕事をしていく中で吸収することができた知識や技術などがあれば、積極的にアピールしていきましょう。自分では「こんな資格や経験が評価してもらえないだろう・・・」と思っていても、案外、人事担当者が同じような経験をしていて、それが要因となって面接で良い結果を残せる可能性もゼロではないのです。

たとえ1パーセントの可能性でも無駄にしない!そのようなハングリーでタフな熱意と意気込みを伝えることができれば、人事担当者の心に響く自己PRをすることができるのです。

どうしても自己PRや長所が探せない方へ

「どうしても自己PRや長所の探し方が分かりません・・・。探してみたけど見つかりません・・・。」という方も多いことでしょう。アルバイトやパート経験しかない方や、そもそも働いた経験がない若者は、どんなに頑張っても転職試験で通用する自己PRが見つけられないケースが多いのです。

そのような場合は、どのような経験でも良いので、自分が今までに経験してきたことをプラス思考で自己PRになりうる言葉に置き換えていく作業を始めてみましょう。

例えば、居酒屋のアルバイト経験が1年間ある方は、「1年間の飲食業経験があります。接客スキルには自信があります。」という言葉に置き換えてみましょう。働いた経験がない方は、ボランティア活動やサークル活動の経験をアピール材料にしてみましょう。

例文を挙げると、こんな感じです。

「●●のボランティア活動を3ヶ月続けてまいりました。ボランティア活動に携わることでコミュニケーション能力の重要性と、社会貢献の意義を学ぶことができました。」

「●●のサークル活動で2年間、リーダー役を務めてまいりました。2年間の経験から得たことは、サークルメンバーをマネジメントする面白さと奥の深さです。また、何かを成し遂げるためにはチームワークを大切にしないと達成することができないという事を学びました。」

どうですか?こんな程度の自己PRなら誰でも書けそうですよね?「こんな程度」と申し上げましたが、本当に、こんな程度の自己PRで採用を手にできる可能性は十分にあるのです。採用担当者が求めているのは、誰もが羨むようなエリートの自己PRではありません。

あなたが重ねてきた経験の中で、既にあなたの中にある能力や魅力を引き出し、それを自己PRにして、上手な表現方法で効果的なプレゼンをすることができれば十分に勝機はあるのです。

採用担当者は、あなたが自分の持っている能力や魅力を活かして、目標と理想を持ちながら楽しく仕事をしている姿をイメージすることができて、初めて、採用の可能性を考えるのです。

自己PRと長所の具体的な探し方

まずは、自己PRのテーマを探してみましょう。テーマを見つけるのは意外に簡単です。紙でもパソコンでもスマホでも良いので、メモ帳に、あなたの長所をできるだけ多く書き出してみましょう。

例文を挙げるとすれば、こんな感じです。

「ポジティブ、行動力がある、体力がある、要領が良く臨機応変に対応できる、誰とでもすぐに仲良く話せる、集中力がある、目標を絶対に達成するタフな精神力を持っている・・・」などなど、いくらでも出てきますよね?

全ての長所を書き出したら、1つ1つの長所に関連するエピソードをピックアップしていきましょう。なぜ、自分にその長所があるのか?考えて記憶をたどっていくと必ずエピソードが見つかります。

例文を挙げるとすれば、こんな感じです。

「仕事で失敗しても落ち込むことがなく、すぐに気持ちを切り替えて今できる最善策に取り組むポジティブ思考と行動力を持ち合わせております。」

「細かい事務作業を集中して短時間で仕上げるのが得意です。業務の正確性や効率化も考えながら改善点を見つけ出し、コスト削減にも成功した実績があります。」

「学生時代に陸上部の部長を3年間務めてまいりました。体力と忍耐力には絶対的な自信があります。また、3年間の部長経験から管理能力にも自信があります。」

自己PRを探す時は抽象的な言葉は避ける

自己PRの探し方で注意して欲しい点は、「忍耐力には自信があります。」「やる気や情熱なら誰にも負けません。」とういような抽象的な言葉は避けることです。

このような自己PRをアピールしてしまう応募者も多いですが、採用担当者に与える印象は弱いし他のライバルと同じような内容になってしまうというリスクもあります。自己PRを抽象的な言葉にしてしまうと、採用担当者によっては逆の意味で捉えられてしまう可能性があります。

例えば、「忍耐力には自信があります。」というアピールに対して、採用担当者によっては「上司がどんなに注意しても自分のこだわりや考えを曲げない」という意味での忍耐力なのでは?と考えてしまうこともあるのです。

そのようなことにならないためにも、自己PRをアピールする時は、抽象的な言葉ではなく、具体的なエピソードを盛り込むことをおすすめします。エピソードを盛り込んだ上で、忍耐力に自信があることを伝えれば、採用担当者が悪い方向に捉えてしまうリスクを避けることができるのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別