自己PR【効果的な方法】企業によって変える!合わせる!

自己PR【効果的な方法】企業によって変える!合わせる!

スポンサードリンク



自己PR【効果的な方法】企業によって変える!合わせる!

自己PR【効果的な方法】企業によって変える!合わせる!

あなたは応募する企業によって自己PRを変えていますか?

絶対に転職したい企業を見つけたら、その企業が求めている人材や能力に自己PRを合わせていますか?

そもそも、企業によって自己PRを変えたり、合わせたりする必要はあるのでしょうか?

もし、あなたが真剣に本気で「採用を手にしたい!勝ち取りたい!」と思っているなら、絶対に、応募する企業ごとに自己PRを変えたり、合わせたりしたほうが効果的だと思います。

なぜなら、企業も人事担当者も、求めている人材の要素を満たしていないと判断した時点で、切り捨てられてしまうからです。

要するに、面接をするまでもなく、履歴書や職務経歴書を見て、応募先の企業に合った効果的な自己PRが書かれていないと、書類選考の時点で不採用になってしまうということです。

それを避けるためには、やはり、応募する企業ごとに自己PRを変えたり、合わせたりする必要があるということです。

ここで注意して欲しい点は、あなたが持っていないスキルや経験を無理やりこじ付けで自己PRにしてはいけないという点です。まして、嘘や過剰なエピソードは逆効果となってしまうので要注意です。

応募先の企業が求めている人材や能力と、自分のスキルや能力が合致する部分を、なんとしてでも見つけたい気持ちは分かりますが、無理やりこじ付けはダメです。

焦る必要はないので、あなたの持っているスキルや経験をすべて棚卸しして、その中から、少しでも関連性のある材料を見つけていきましょう。少しでも関連性のあるスキルや経験を見つけることができれば、それこそが、最も効果的な自己PRとなるのです。

要するに、あなたが1番自信があって1番自己PRにしたい部分を好き勝手に選ぶのではなく、自分の持っているスキルや経験の中で、応募先企業に1番合ったものを見つけ出す作業が重要ということです。

自分の気持ちだけを一方的に押し付けるような自己PRになってしまえば、それはもはや片思いのアピールとなってしまうので採用を手にするのは難しくなってしまうのです。


スポンサードリンク



どんな企業でも効果的な自己PRポイントランキング!

各企業によって求めている人材は異なります。ピンポイントで「この業界以外の転職はありえない!」という気持ちがあるなら、特定の企業が求めているスキルを身につければ良いでしょう。

しかし、私はそのような考え方には危険性があると思います。なぜなら、もし希望する特定の業界で全て不採用となってしまった時に、他社に狙いを変えることが容易にできなくなってしまうからです。

つまり、1つの業界に的を絞ったスキルだけを磨くことで偏った自己PRしかアピールできる材料がなくなり、途中でピンチになった時に方向転換がしづらくなってしまうということです。

転職活動を進めていく中で何が起きるかは誰にも分かりません。希望通りにいかないことのほうが多いので、希望通りに進められなかった時の対策をしておくことが肝心なのです。

転職に失敗したからといって無職の状態でいればいるほど、さらに転職するのが難しくなってしまうのです。どのようなピンチでも切り抜けることができれば、タフに転職活動を進めることができますよね!?

今回は、タフな転職活動をするために、どんな企業にも効果的な自己PRポイントをランキング形式でまとめてみました。


スポンサードリンク



コミュニケーション能力

何はともあれ、どこの企業でも通用してしまうのがコミュニケーション能力です。極論を言ってしまえば、抜きに出るようなキャリアやスキルがなくても職務経歴書と面接で豊かなコミュニケーション能力を上手にアピールすることができれば、それだけで採用されることもあるのです。

それぐらいコミュニケーション能力は各企業の人事担当者に高く評価されているということです。コミュニケーション能力を上手にアピールするコツは、例えば、クライアントとの関わり方、プロジェクトチームの仲間達とのチームワークの築き方などを具体的なエピソードで盛り込んでみましょう。

具体的なエピソードを出すことで、より鮮明にあなたの魅力が伝わるのです!

プレゼン能力

プレゼン能力は転職活動において欠かせない重要なスキルの1つです。自分を売り込むのがうまい人は、商品やサービスを売り込むのもうまいし、職場の人間関係もトラブルなく上手に乗り切ることができると評価されるのです。

要するに、転職試験で自分を上手に売り込むことができれば「この人は、当社の商品やサービスも上手に売ってくれるかもしれない!」という期待をされるということです。期待が大きくなれば採用しないわけにはいかないのです。

求められているキャリアやスキルや能力が足りない人でも、プレゼン能力が抜きに出ていれば採用される可能性は十分にあるのです。自分の持っている最大限のキャリアやスキルを応募書類や面接で巧みに売り込むのです!

管理能力

これは管理者になったことがある方限定ですが、管理能力も転職をする上で非常に高く評価されるポイントです。管理能力をアピールする際も、具体的なエピソードを出すのが効果的な方法です。

例えば、前職で何人の部下を管理して、どのような関わり方をしていたのか?管理者として努力したこと失敗したこと、失敗から学び改善したことまで書けたらパーフェクトです。

問題解決能力

どんな仕事でも必ず問題やトラブル、失敗の経験をします。1つの仕事やプロジェクトを成功させるまでに何度も壁にぶつかることでしょう。問題がトラブルが起こり、失敗して壁にぶつかる度に、ネガティブになり落ち込んでしまうとクオリティの高い仕事はできません。

落ち込んでいる暇があるなら、問題解決に向けて行動を開始することが先決です。「私は問題解決能力に自信があります!」というような抽象的な自己PRだと、信憑性がなく逆効果となってしまいます。問題解決能力をアピールする時は、必ず具体的なエピソードを職務経歴書に記載するようにしましょう。

「どのような問題やトラブルが起こり、どのような失敗経験をし、そこから、どのようにして乗り越えることができたのか?チームワークを重視することはできたか?失敗から学べたこと、吸収したスキルはあるのか?その経験やスキルを応募先企業の業務で、どのように活かすことができるのか?」ここまで書けたら100点です。

業務の正確性と処理能力

どんなに行動力があっても仕事が遅くミスばかりではお話になりません。思いついたら、すぐに行動したくなってしまう性格の方は注意が必要です。仕事を成功させるにはポジティブ思考で積極的に行動していくことも非常に重要なことですが、そのためには、綿密な計画を準備が必要です。

それがないと、ミスをしてしまう可能性が高くなってしまうからです。特に、事務職への転職を希望する人は、自己PRは業務の正確性と処理能力をアピールすると非常に効果的です。

性格で敏速な業務を2重チェック、3重チェックで完璧に遂行することで、営業職や他の職員の業務がスムーズに進むのです。その結果、業務全体がミスもなく効率化し、売上アップやコスト削減につながるのです。

まとめ

要するに、効果的な自己PRポイントを効果的にアピールするためには、言葉だけじゃなく具体的なエピソードで勝負するのが正解ということです。自分の魅力を分かってもらうための裏づけとなる根拠を職務経歴書で明示して、さらにその詳しい説明を面接ですれば良いのです。

どの企業でも人事担当者が重視しているのは職務経歴書と面接です。まずは、書類選考を突破するために面接のことを無視して良いので職務経歴書に全ての力を注ぎこみましょう。

面接対策は書類選考に合格してからでも遅くはないのです。そもそも書類選考に受からないと対策をしても意味がないですからね。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別