人事担当者の採用、不採用、評価の判断基準とは?

人事担当者の採用、不採用、評価の判断基準とは?

スポンサードリンク



人事担当者の採用、不採用、評価の判断基準とは?

人事担当者の採用、不採用、評価の判断基準とは?

人事担当者は応募者のどこを採用、不採用、評価の判断基準にしているのでしょうか?

まずは、第一関門として書類選考があります。ここで人事担当者は「この人材は自社が求めている能力を満たしているのか?」をチェックします。

一定の基準を満たしていれば書類選考に合格することができます。

しかし、基準を満たしていない場合は、この時点で不採用となってしまいます。

つまり、人事担当者は履歴書や職務経歴書などの応募書類の評価で書類選考を通過させるかさせないかの判断をしているということです。それだけ応募書類は重要だということです。


スポンサードリンク



どこにポイントをおけばいいの?

書類選考を通過するためには、ポイントを押さえて応募書類を作成する必要があります。ただ無計画に書いても駄目です。

まず、人事担当者はキャリアとスキルをチェックしてきます。高い評価をもらうためには、応募する企業が求めている人材のモデルを意識して、ポイントを絞ってアピールすることが肝心です。ポイントがずれていると、評価も低くなってしまうからです。

だからこそ、事前に徹底した企業研究が必要となるのです。求められている人材のモデルが分かれば、自分が持っているキャリアやスキルの中から、それに合致するものを選んで効果的な見せ方でアピールすれば良いのです。

もう1つ重要なのが、志望動機です。人事担当者は志望動機から、「どれだけ仕事に対する熱意を持っているのか?」をチェックします。いくら優秀なキャリアやスキルを持っていても、仕事に対する情熱がなければ仕事など長続きしないですからね。

熱意は自分の心の声を聞いてみて、ストレートに書くのが1番です。どこかで見たことがあるような本やサイトの言葉を真似ると、逆に評価が下がってしまうので注意しましょう。


スポンサードリンク



人事担当者の不安を払拭させるためには?

人事担当者は私達が思っている以上に不安を抱えています。それは、どのような不安なのか?というと、「せっかく採用しても、短期間で退職してしまうのでは・・・?そんなことになれば責任をとらされるかも・・・」という不安です。

このような不安な気持ちがあるから、慎重に厳しく人選を行うのです。つまり、人事担当者の不安を払拭させることができれば極めて採用される可能性が高くなるということです。転職回数が多かったり、志望動機が曖昧だと、どうしても人事担当者を不安にさせてしまいます。

そうならないためには、転職回数が多くても、「キャリアップのための転職でした!」と納得させるだけの理由をつけたり、人事担当者をうならせるような志望動機を考えたりすることが欠かせないのです。人事担当者を納得させるだけの理由や志望動機があれば次の面接試験に駒を進めることができるのです。

マイナス要因が多い場合は・・・

転職回数が多いとか、職歴が浅い・・・などマイナス要因が多いとどうしても不利になってしまいます。しかし、過去を変えることはできないので、マイナス要因の部分をしっかりと受け入れて、それでも前向きなアピールをしていくことが肝心です。アピールするポイントは2つです。

1つ目は将来に向けた理想や夢、目標を伝えることです。人事担当者は過去に興味はありません。採用後に、どのような仕事でどのような期待をさせてくれるのか?そこを重視しているのです。つまり、人事担当者が期待するような人材であることをアピールすれば転職回数が多くても、職歴が浅くても採用される確率は上がるのです。

2つ目のポイントは具体的な能力をアピールすることです。どんなに言葉で良いことを並べても信憑性がなければ意味がありません。転職回数や多く、キャリアが浅くても、自分があげた実績や仕事に貢献したエピソードなどを職務経歴書に書くことで、どんどん評価を上げることができます。

1番いけないのは、マイナス要因があるからといって、最初から諦めてしまうことです。マイナスをプラスに変えてしまうくらいのポジティブさがないと転職者が採用を掴むのは難しくなってしまうのです。

自己PRを書く際の注意点

職務経歴書は長ければいい・・・と考えている人が多いみたいですが、中身のない長文に目を通すほどストレスなことはありません。自己PRもしかりです。枠に書ききれず、ページ数を増やしてまで自己PRをぎっしりと書く応募者がいますが、あまりおすすめできない方法です。

貪欲に自分の魅力をすべてアピールしたい!という熱意は素晴らしいと思いますが、人事担当者の立場になっていない・・・という面ではマイナス点がついてしまうかもしれません。もちろん人事担当者のタイプにもよりますが、大半の人事担当者は読むのがストレスになってしまうほど長い自己PRを嫌います。

自己PRでいくつもアピールしたい部分があるなら、それを要約してコンパクトにまとめる書き方のコツを身に付けましょう。あと、1番アピールしたい自己PRは1つだけに絞り込み、1番最初に書きましょう。

片思いでは駄目です!?

「私は御社で●●な仕事がしたいです!」「入社したら●●の部署で●●のプロジェクトに関わりたいと思っています。」このような希望を職務経歴書に書けば熱意は伝わりますが、もし、人事担当者が求めているものとズレていたら、片思いで終わってしまうかもしれません。

採用を手にするためには、両想いにならなければ駄目です。つまり、自分のやりたい仕事や希望を一方的に押し付けるようなアピールはマイナスになってしまう可能性が高いということです。

しっかりと求められている人材を理解した上で、且つ、自分の持っているキャリアやスキルで具体的にどのような形で貢献することができるのか?人事担当者が知りたいのは、その一点です。あまりにも自分の願望だけを押し付けるような職務経歴書が多いので、片思いで終わってしまうのです。

仕事をする上でも片思いの考え方では顧客ともクライアントともうまくいきません。常に相手の立場にたって配慮する姿勢が高く評価されるのです。

人事担当者のチェックポイント一覧表

採用試験を受ける前に、下記の項目をチェックしてみましょう。下記の項目を意識して職務経歴書を作成すれば人事担当者から良い評価をもらうことができるでしょう。

@求められている人材のモデルに関連するキャリアやスキルを持ち合わせているか?完全に一致するキャリアやスキルではなくても、評価してもらえる能力はあるか?

A今までの職歴で得た経験や実務を、転職先の企業でどのようにして活かすことができるか?具体的に、どのような形で貢献することができるのか?

B転職回数、退職理由、勤務地、給料、待遇、条件などで問題はないか?短期間で辞めてしまわないか?という人事担当者の不安を払拭するよう意識です。自分のこだわりが希望する条件ばかりを押さない。

C人間関係に問題はないか?前職での仕事における人間関係やチームワークの良さが伝わる具体的なエピソードを書いてアピールしましょう。協調性を持ち様々なタイプの人とも問題なく仕事がこなせる人間性をアピールしましょう。

D転職先企業に対する熱意を持っているか?絶対にこの企業で働きたい!という熱意が伝わる志望動機を考えましょう。志望動機は職務経歴書の要です。何日でも時間をかけてじっくりと作成しましょう。

E将来の目標、キャリアビジョンが描かれているか?より明確に自分のビジョンを持っている!という面を積極的にアピールしましょう。理想ではなく現実的な目標やビジョンを伝えましょう。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別