志望動機【事務職】例文テンプレート書き方見本

志望動機【事務職】例文テンプレート書き方見本

スポンサードリンク



志望動機【事務職】例文テンプレート・フォーマット書き方見本

事務職

例文1【一般事務から一般事務へ転職する際の志望動機】

「5年間、事務職で働いてきた経験があります。私は、自分が先頭に立って仕事をするよりも、他の人を補佐するのが得意です。事務の仕事は目立ちませんが、1つの仕事を成就させるにはなくてはならない重要なポジションだと誇りに思っています。事務職というポジションで貴重な経験とスキルを身につけることができたと思っています。具体的なスキルは、PCスキル全般(ワード、エクセル、パワーポイント)、電話対応、在庫管理、売上管理などです。特に、PCスキルと電話対応には自信があります。御社に就職することができたら、さらに事務職としてのスキルを向上させたいと思っています。宜しくお願いします。」


スポンサードリンク



例文2【営業事務から一般事務へ転職する際の志望動機】

「4年間の営業事務で培ってきた、業務処理能力やコミュニケーション能力、電話対応、パソコンスキルなどを是非とも御社で活かしたいと思っています。業務の正確性、敏速性には自信があります。また、求められていること以上のプラスアルファの仕事をこなせるように常に意識しています。前職では、お客様やクライアントが来社すると、出迎えて接客もしていたので、接客スキルやコミュニケーション能力は人並み以上に持ち合わせていると思います。私の4年間の経験を活かし、御社で事務職員として働きたいと強く希望します。どうぞ、宜しくお願い致します。」


スポンサードリンク



例文3【ポジティブで明るい性格をアピールして転職する際の志望動機】

「前職では、素晴らしい同僚や上司、顧客やクライアントと出会い、たくさんの貴重な経験をさせていただきました。残念ながら前職の会社は事実上の倒産となってしまいました。ネガティブになり落ち込むのは嫌いなので、前職を自主退職し、すぐに転職活動を始めました。御社は、経営が安定しているし将来性も成長性もあると思いました。また、会社としての方針や理念に共感できました。私の事務職としてのキャリアとスキルを活かし、御社で働くことができたら幸せです。私の最大の武器は、どんなに厳しく辛い困難でも、ポジティブに明るく乗り切れることです。何卒、宜しくお願い致します。」

例文4【コールセンター業務から営業事務に転職する際の志望動機】

「私は6年間、化粧品を販売する会社のコールセンターでカスタマーサービス業務を担当していました。自社で行われている電話対応力コンテストでもグランプリを受賞したことがあり、電話対応力、接客力には絶対的な自信を持っています。このスキルを御社の営業事務で活かせると思い応募させていただきました。いつでも電話の相手が気持ちよく話せるように配慮して電話対応を行っております。御社の営業事務で働くことができたら、売上に貢献できるように、業務の効率化、正確性、処理能力などを分析し、結果を出したいと思います。目標は営業事務のエキスパートになることです。宜しくお願い致します。」

例文5【アルバイトから一般事務へ転職する際の志望動機】

「過去にトータルで3年間、一般事務のアルバイトとして働いていました。一般事務の基礎的な業務やビジネスマナーは心得ております。PCスキルには自信があります。ワードとエクセルとパワーポイントの操作なら大半のことは心得ております。電話対応や接客業務なども経験があります。正社員として事務職に就くことができたら、日々努力を忘れず一生懸命働きたいと思っております。宜しくお願いします。」

例文6【パートから営業事務へ転職する際の志望動機】

「スーパーで4年間パートをしおりましたが、今回、安定して長く働ける仕事に就きたいと思い、御社の求人に応募させていただきました。営業事務の経験はありませんが、スーパーでお客様を接客した経験を活かせるのではないかと思い、そこに適正を感じました。私は器用なので、仕事のスピード、正確性、処理能力には自信があります。スーパーでも店長から正社員にならないかというお誘いを受けたくらいです。日頃から経済新聞を読み、ニュースもかかすことなく見てビジネス感覚を磨くように努力しています。ゼロからのスタートですが、1日でも早く仕事を覚え、戦力になれるように頑張りますので、よろしくお願いします。」

例文7【経理事務に転職する際の志望動機】

「小学生の頃、そろばん教室の暗算選手権で優勝するくらい幼い頃から計算をすることが好きでした。進学も理数系、その後も簿記の資格を取得し、会計ソフトも扱えるようになりました。今では、会計ソフトを使って、かなり早く計算ができるようになりました。私の能力はきっと経理事務で活かせると思い御社の求人に応募させていただきました。過去に一般事務の契約社員を2年間経験しているので、一般事務の業務は一通りこなすことができます。御社に入社して経理事務の実務を経験することで、自分のキャリアアップにつながれば良いと思っています。宜しくお願い致します。」

例文8【会計事務所から大手企業の経理事務に転職する際の志望動機】

「●●会計事務所に5年間、在籍しておりました。5年間の間に日々の業務をこなしながら税理士試験の勉強を続け、昨年、ようやく税理士試験に合格することができました。晴れて、以前から目標としていた御社への転職を決意したのです。会計事務所での5年間の経験を活かせる場所は御社の経理事務しかないと思っています。御社なら、さらなるスキルアップを実現できると確信しております。何卒、宜しくお願い致します。」

例文9【未経験から経理事務に転職する際の志望動機】

「経理事務はまったくの未経験ですが、前職では売上管理を任されていました。エクセルを使って売上管理を行っていたので、エクセルのスキルは高いと自負しております。現在、簿記の資格を取得するために勉強中です。よろしくお願いします。」

例文10【派遣社員から不動産会社の経理事務に転職する際の志望動機】

「派遣社員として経理事務の仕事を2年間続けてきました。2年間ではありますが、経理事務の仕事を「一生の仕事にしたい!」と感じました。御社の求人に応募させていただいた理由は、女性社員がイキイキと働いている職場に魅力を感じたからです。女性社員が結婚、妊娠、出産をしても仕事を続けられる制度も充実しているので、「一生の仕事にするなら、この会社だ!」と確信したのです。不動産会社の経理事務は未経験なので新しい挑戦となりますが、自分を成長させることができるチャンスだと思っています。1日も早く戦力になれるよう精一杯がんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。」

例文11【一般事務から総務事務に転職する際の志望動機】

「7年間、一般事務をしておりました。7年間の社会人経験から多くのことを学びました。いつでも人を思いやる気持ちを持ち、お願いされた仕事以上の成果を出すという自分なりの目標を持って今まで働いてきました。私は、業務改善のプランニングが非常に得意なので、総務事務に向いていると思いました。これまで通り、常に高い目標意識を持って仕事と向き合いたいと思っております。宜しくお願いします。」

例文12【事務処理のスピードとパソコンスキルをアピールして転職する際の志望動機】

「私は、これまでに4つの会社で9年間、事務職を経験してきました。4回転職をしましたが、どれもキャリアップ、スキルアップの転職に成功できたと思います。私の長所は、事務処理のスピードが速いという点と、パソコンスキルを持っているという点です。スキルだけでなく、常にお客様の視点に立って物事を考える習慣も身についています。前職では上司に、電話対応と接客スキルを褒められたことが何度もあります。これまでの経験と私の長所を御社の業務で活かすことができると確信しております。何卒、宜しくお願い致します。」

例文13【営業事務の契約社員から正社員の事務職へ転職する際の志望動機】

「契約社員という立場ではありますが、常に自分を成長させる意識を持って意欲的に仕事を続けてきました。商社に勤めていたこともあり、広い分野の専門的な知識や技術を学ぶことができました。今回は、私の今まで積み重ねてきた経験とスキルを武器に、正社員の事務職に転職したいと思い御社の求人に応募させていただきました。営業事務のパートで最も重視していたことは、営業職の方々が気持ちよく仕事をこなせるように細心の配慮をすることです。もう1つ重視していたことは、電話対応にてお客様の不安な気持ちを敏速に解消してあげる提案をすることです。今後は、事務職のエキスパートとして仕事の効率化を最大の目標として仕事に打ち込みたいと思います。宜しくお願いします。」

例文14【未経験から営業事務に転職する際の志望動機】

「今回、御社の求人に応募させていただいたきっかけは、御社の主催する説明会に参加したことでした。説明会を担当されている社会の方々の表情がイキイキしていて、輝いてみえました。私もこのような会社で働いてみたいと率直に思ってしまったのです。派遣社員ではありますが、事務職の経験は1年ほどあります。パソコンスキルはワードとエクセルの資格を取得しています。事務職に求められる基本的なスキルやビジネスマナーは心得ているつもりです。とはいえ、営業事務は未経験なので1から仕事を教えてもらうつもりで謙虚な姿勢とチームワーク精神を忘れずに頑張りたいと思います。私は何事にも前向きで声も大きくいつも笑っています。前職では、職場を盛り上げるムードメーカーだと褒められていました。どうぞ、宜しくお願い致します。」

例文15【一般事務から貿易事務に転職する際の志望動機】

「正社員として一般事務を4年間経験してきました。貿易事務はまったくの未経験ですが、職業訓練で貿易事務について学んだ経験があります。もともと実務でつかえる英語力があり、貿易実務の勉強もしました。貿易事務へ転職したいと思うようになってから、職業訓練に通ったり独学で学習したり、あらゆる限りの努力をしてまいりました。一般事務のキャリアと、貿易実務と英語力のスキルを活かして、御社のビジネスに貢献することができれば、私にとって、この上ない幸せです。何卒、宜しくお願します。」

例文16【IT業界の事務職に転職する際の志望動機】

「学生時代から、いつかはIT業界で働いてみたいという夢を持っていました。ウェブ製作やウェブデザインの知識や技術は人並み以上に持ち合わせています。私のウェブサイトを製作するスキルは御社のビジネスで活かせると思い、応募する決意をいたしました。前職では、デスクワークが主だったので、長時間のデスクワークでも問題なく仕事をこなすことができます。細かいデザインの修正や、コンテンツの編集作業をコツコツとやるのが得意です。そういった意味でも御社のビジネスに適正を感じています。是非とも、宜しくお願致します。」

例文17【経理事務経験5年をアピールして同じく経理事務に転職する際の志望動機】

「私は新卒で入社した企業で、経理事務の経験が5年あります。5年間の間にコツコツと勉強し、簿記2級の資格を取得することができました。今回、転職を決断したきっかけは、もっと規模の大きいグローバルな御社のような企業で挑戦してみたいと思ったからです。5年間の経理事務経験で学んだことは、会計業務の面白さです。御社に入社することで、さらに会計業務を極めていきたいと思っております。宜しくお願致します。」

例文18【事務職経験豊富な人が転職をする際の志望動機】

「これまで2つの企業で12年間、事務職を続けてきました。事務職に求められる経験はすべてしてきました。特に、顧客管理、商品管理、売上管理、経理など、細かくて数字に関する業務が得意です。これらのスキルは必ずや御社の業務で活かすことができると思いましたので、今回、応募させていただきました。書類審査だけでは私の魅力はすべて伝わらないので、是非とも面接に挑戦させてください。宜しくお願します。」

例文19【ブランクのある人が事務職に転職する際の志望動機】

「事務職の経験が6年あります。結婚、出産、育児で1度は退職してしまったのですが、子育ても落ち着いてきたので再就職を希望しております。3年間のブランクがありますが、私はブランクだとは思っていません。なぜなら、子育て中も経済新聞やニースを欠かすことなくビジネス感覚が鈍らないように努力してきました。また、結婚、出産、子育てを経験したことで、人間的にも大きく成長できたと思っています。また、子育て中に簿記の資格とPCスキルの資格を取得しました。御社に入社後は即戦力になれることをお約束いたします。どうぞ、宜しくお願い致します。」

例文20【会計業務、決算業務のスキルをアピールして経理事務に転職する際の志望動機】

「私は9年間、会計業務と決算業務をコツコツとこなしてきました。会計業務と決算業務のことなら、知らないことはありません。御社のビジネスなら私の能力を効率的に活かせると確信し応募に至りました。入社後は、会計業務と決算業務のスペシャリストを目指していきたいと思います。よろしくお願いします。」

例文21【OA事務に転職する際の志望動機】

「派遣社員でOA事務経験が3年あります。私の長所は細かい作業を性格に素早く処理できることです。もう1つの長所はパソコン操作が得意という点です。ワード、エクセル、パワーポイントならハイレベルな作業も可能です。どのような業務でも柔軟に対応致しますので、是非とも面接を受けさせてください。宜しくお願します。」

例文22【データ入力事務に転職する際の志望動機】

「データ入力業務を2年間経験してきました。主な業務は、データ入力、データ管理・チェック、資料管理・チェックなどです。PCスキルは、エクセルが1番得意でデータ管理、資料管理などはすべてエクセルで行っておりました。また、パワーポイントで資料を作成する業務も何度がこなしたことがあります。御社の業務なら、間違いなく私のスキルが活かせると思い、求人に応募させていただきました。新しい分野の業務でも物怖じすることなく積極的に取り組んでいきますので、何卒、宜しくお願いたします。」

例文23【転職回数が多い人が事務職に転職する際の志望動機】

「今までに転職を5回しておりますが、どの転職も前向きなキャリアップ、スキルアップの転職でした。転職回数を重ねるたびに自分のスキルが確実に上がっていることを実感することができました。5つの企業の業務を経験してきたので、幅広い知識と技術と経験を習得することができました。経験が豊富なので、別分野の新しい業務でも仕事の飲み込みが早いと自負しております。合計すると事務職の経験は10年近くになります。事務職のスキルだけでなく接客スキルや電話応対スキルも磨いてきました。私の持っている全ての経験とスキルを武器にして一生懸命働きますので、何卒、宜しくお願致します。」

例文24【事務職に向いている事をアピールするための志望動機】

「私は細かい事に気づき、人への配慮もできる、完璧主義です。事務職は細かい作業を正確且つ敏速にこなし完璧に仕上げることが求められる職種だと思っています。そういった意味では、私の性格は事務職に向いていると思います。1つの仕事に集中し、コツコツと完璧に仕上げていくのが好きです。前職でも、業務で致命的なミスをしたことは1度もありません。常に計画性を持って業務を進めているので、ミスが起こらないのだと思います。一般事務で求められるパソコンスキルや基本的な接客スキルも全て持ち合わせております。電話対応でお客様と会話をするのも好きな業務の1つです。宜しくお願します。」

例文25【応募する企業の方針や理念に共感していることをアピールするための志望動機】

「この度、私が御社の求人に応募した最大の理由は、御社のビジネスの方針や理念に共感を持ったからです。利益を追求するよりも、常にお客様のことを1番に考える方針や理念に感銘を受けました。私も含めて、御社のサービスや製品を愛している顧客は日本中にいると思います。私のセールスポイントは会計業務と決算業務を4年間やってきたことです。経理事務として御社のビジネスに貢献できると確信しております。どうぞ、宜しくお願い致します。」

例文26【スキルアップの努力を続けている事をアピールするための志望動機】

「2年半、●●株式会社で事務職を経験しました。正直、器用なタイプではないので、最初は苦労しました。しかしながら不器用だからこそ、スキルアップのために日々の努力を欠かすことなく精進することができました。具体的には、接客スキルをアップさせるために、積極的に自ら顧客と話す機会を作ったり、電話応対スキルをアップさせるために、大きな声でゆっくりとハッキリと話すよう意識して仕事を続けてきました。また、退職後は、ハローワークの職業訓練でパソコンスキルを徹底的に磨きました。ワードとエクセルのスキルなら誰にも負けません。タイピングも正確にスピーディに打つことができます。私の全ての能力を出し切って貢献させていただきますので、どうか面接試験のチャンスを与えてください。宜しくお願致します。」

例文27【リフォーム会社の事務職に転職する際の志望動機】

「私がリフォーム業界に興味を持ったきっかけは実家をリフォームした時でした。築40年住み続けた実家はボロボロでお風呂も壊れ台所の床も抜け落ちてしまいました。両親がリフォームをお願したのが御社でした。リフォーム後はボロボロだった実家が生まれ変わったようなピカピカの家になったのです。その時に感動を忘れることができず、リフォーム業界に興味を持つようになりました。今後、リフォーム業界はさらに成長していくと予測されます。リフォーム会社の中でも御社はNo1の優良企業だと確信しております。前職の事務経験で、資料作成、データ入力、商品管理などを行っていました。パソコンスキルには自信があります。また、細かい作業を集中して素早く処理するのが得意です。今回、御社が求めている人材に、私は適正を感じています。期待に応えられるよう頑張りますので、宜しくお願します。」

例文28【事務職の経験が短いことをフォローするための志望動機】

「事務職の経験は派遣社員で1年半でした。1年半という短い期間でしたが、一般事務、営業事務、経理事務、総務事務まで幅広く経験することができました。少数精鋭の会社だったので、ここまで短い期間で多くの経験ができたのだと思います。私の性格は几帳面で、特に仕事では自分に厳しく完璧を求めます。1年半の間でミスをしたことは1回もありません。なぜなら、全ての業務を敏速にこなし、チェック作業を最低でも3回は繰り返しているからです。そういった意味では敏速な処理能力と正確性の高い事務仕事がこなせると自負しております。御社に入社することができたら、一生に仕事にしたいと思っています。まだまだアピールしたい私の魅力はたくさんあるので、是非とも面接試験に進むチャンスをください。よろしくお願いします。」

例文29【販売職から事務職に転職する際の志望動機】

「事務職は未経験ですが、5年間の販売職経験から事務職で活かせる多くの経験とスキルを持っています。私の1番のアピールポイントはコミュニケーション能力です。初対面の相手でもすぐに打ち解けてしまいます。前職でもお客様から大変人気があり、ご指名を受けることもありました。同僚や先輩、上司ともチームワークを大切にし、4年目にはグループリーダーを任されるほどに成長できました。販売職の頃から、細かい仕事が好きで、商品の配置や在庫管理、売上管理にも自ら積極的に関わっていました。当時から、御社のような企業で事務職をしてみたいという希望を持っていました。私が絶対的に自信を持っているコミュニケーション能力を100%発揮して、職場を盛り上げていきたいと考えております。宜しくお願いたします。」

例文30【PCスキルをアピールして営業事務に転職する際の志望動機】

「私はビジネスで通用するレベルのPCスキルを持っています。エクセルで顧客管理や売上管理をしたりパワーポイントで資料作成をする業務を一通りこなしてきました。営業事務なら私のPCスキルを活かし、皆様のお役に立てると思い今回、御社の求人に応募させていただきました。派遣社員ではありますが、営業職のサポート業務をした経験が2年あります。御社と共に私も成長することができたら嬉しい限りです。どうぞ、宜しくお願致します。」

例文31【地道にコツコツ仕事をこなす能力をアピールして事務職に転職する際の志望動機】

「私は任された仕事に責任を持ち1つ1つを地道にコツコツと丁寧にこなすのが得意です。この私の特性は事務職に向いていると思います。御社に入社することができましたが、私の特性を活かし、ミスのない確実性のある仕事を効率的にこなしたいと思います。また、常に目標を持ちポジティブに新しいものを取り入れ自分をスキルアップさせるために挑戦していきたいと思います。コツコツと仕事をこなすだけでなく、どのようなやり方で仕事をすれば効率が上がるのか考えながら1日に早く御社の売上に貢献できるよう精進したいと思います。宜しくお願します。」

例文32【簿記の資格を活かして経理事務に転職する際の志望動機】

「私は前職にて、会計業務及び決算業務を3年間任されていました。3年間の間に様々なことを学び、吸収し、働きながら簿記1級の資格を取得することができました。この3年間の経験と簿記の資格を活かして御社の経理事務で働きたいと思っています。前職では、すべての業務をパソコンで行っていたので、パソコンを操作する能力には相当の自信があります。御社で採用していただくことができれば、経理事務として即戦力になれると確信しております。私が事務職を続けていく上で最も重視しているのが、正確性と効率です。御社で働くことで、さらにスキルアップを実現したいと思っています。宜しくお願いたします。」

例文33【接客スキルと電話応対スキルをアピールして事務職に転職する際の志望動機】

「私はこれまでに営業事務の仕事を5年間続けてまいりました。毎日、自分を成長させるために必死になって仕事をしてきたので、御社でも戦力になれるだけのスキルは身についています。特に自信があるスキルは、接客スキルと電話応対スキルです。営業事務でお客様からのお問合せを管理しておりましたので、どのようなお問合せにも完璧な対応をする自信があります。営業事務で鍛え上げてきた私の接客スキルと電話応対スキルを活かせば、御社のビジネスで即戦力になれると確信しております。もちろん、事務職の業務は5年間の経験から一通り身につけているので、接客業務や電話応対業務以外の事務仕事もすべてこなすことができます。どのような仕事でも一生懸命頑張りますので、何卒、宜しくお願いたします。」

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別