職務経歴書の書き方【アパレル編】

職務経歴書の書き方【アパレル編】

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方【アパレル編】

職務経歴書の書き方【アパレル編】

職務経歴書は採用担当者に送るラブレターのようなものです。

ラブレターを書く時は、必死になって自分の魅力と相手に対する想い、情熱を伝えようと努力します。

その努力が伝われば、可能性のない相手だって悪い気はしないでしょう。

もしかしたら両想いになれるかもしれません。転職試験も同じです。

職務経歴書というラブレターを採用担当者に送り、OKがもらえれば晴れて、正社員として採用されるのです。

自分の魅力やその企業に対する想い、情熱が伝わらなければ面接にも進むことができず書類選考の段階で断られてしまうのです。

アパレル業界への転職を希望する場合に作成する職務経歴書でも同じことが言えます。

肝心なのは、あなたの「やる気と真剣さ」がどれだけ採用担当者に伝わるか?という点です。その気持ちを伝えるためには、それまでに積み重ねてきた努力と経験がものを言うのです。


スポンサードリンク



是非とも会ってみたい!と思わせるコツ

まず、単純なことですが、転職を希望するアパレル会社の採用担当者が「この人なら是非とも会ってみたい!」と思わせることができなければ面接試験に進むことはできません。

面接試験に合格しなければ採用を手にすることはできないので、まずは書類選考を突破することだけを目標に職務経歴書を作成してみましょう。では、どうしたらアパレル会社の採用担当者は「この人なら会ってみたい!」と思ってくれるのでしょうか?


スポンサードリンク



総合的な判断で評価される!?

転職を希望するアパレル会社が求めているキャリアやスキルを持っていないと採用されるのは難しい・・・。誰もがこのように考えて最初から諦めモードに陥ってしまいがちです。諦めモードで職務経歴書を作成してもネガティブなできになってしまいます。

諦める必要もネガティブになる必要もありません。確かに、求められているキャリアやスキルを持っているに越したことはないですが、持っていないから即不採用になるか?と言ったら決してそんなことはないのです。

実際に、アパレル会社が求めているキャリアやスキルを持っていない人でも採用を手にしている人は五万といるのです。多くの採用担当者はキャリアやスキルだけでなく、もっと総合的な判断で採用か不採用かを決めているのです。

つまり、読みやすいフォーマットと書き方に配慮がされているか?読む人の気持ちになって作成しているか?という点も重視されます。特にアパレルという職業はお客様とのコミュニケーションが重要視されるので、職務経歴書からそのような能力を読み取る採用担当者も多いのです。

要するに、読む人の気持ちが分からない、配慮がない人は、お客様からも受け入れてもらえない・・・=戦力にならない=不採用・・・となってしまうのです。

焦る必要はありませんよ!

採用担当者を「この人なら会ってみたい!」と思わせるような職務経歴書は1日や2日じゃ作成できません。何事も焦ってしまえば失敗に終わるのです。焦る必要はありません。じっくりと時間をかけて自分の経験を1つ1つピックアップし、どのような長所や魅力を持っているのか分析してみましょう。

そして、その武器をどのようにしてアピールすれば効果的か?何度も職務経歴書を書き直して考えてみるのです。そうやって何度も失敗して書き方のセンスが磨かれていくのです。2つや3つのアパレル会社で不採用になっても落ち込むことはありません。

なぜなら、日本中にアパレル会社なんていくらでもあるのですから!職務経歴書の書き方のセンスを磨くのは、お洒落な着こなしのセンスを磨くのと似ていると思います。着こなしだってお洒落だってお化粧だって、最初は下手で当たり前です。

何度も失敗して経験を重ねてうまくなっていくのです。とにかくやってみないと何も始まりません。インターネットやスマホで情報を集めて、今の自分が作成できる職務経歴書を書いてみることです。そして、時間をかけて修正し良いものに仕上げていくのです。

具体的な書き方のコツ

アパレル会社への転職を希望する際の職務経歴書の書き方のコツで重視して欲しいのは、以前、働いていた業務内容やその他の詳細を分かりやすく書くという点です。まず、最初に書いて欲しいのが「店舗の規模」です。採用担当者は、前職でどれぐらいの規模の店舗で働いていたのか気になるのです。

店舗の大きさ、来客数、取り扱い商品まで詳細を分かりやすく書きましょう。次に社員数です。どれぐらいの正社員、契約社員、派遣、アルバイトがいたのか?その中で、自分がどのポジションでどんな業務を行ってきたのか?他の人との関わり合いで学んだこと、自分が成長できたことまで書ければ完璧です!

アパレル会社で管理者やマネジメントの経験があるなら、どれだけの人を管理していたのか具体的な人数を書いておきましょう。管理者として努力や工夫をしたこと、苦労したことなど具体的なエピソードを添えると効果的です。

取り扱った商品の詳細も別の項目にしっかりと記載しておきましょう。ブランド、ターゲット、販売方法、売り上げ、品目数がどれくらいあるのかも忘れずに明記しておきましょう。売り上げ実績などでトップをとり受賞されるなど、高く評価された経験があるなら、絶対にアピールしておきましょう。

販売に携わっていない方は売り上げ実績をアピールすることができませんが、上司やクライアントや顧客から褒められたエピソードなどをアピールすれば、かなり効果的です。

要するに、考えればアピールの方法なんていくらでもあるということです。コツとしては、「事実よりも、ちょっとオーバーに伝える!」という点です。嘘はいけませんが、ちょっとオーバーに伝えるのが採用担当者の気持ちをつかむコツです。

派遣やアルバイトの経歴は書くべき?

結論から先に言えば、どんなに短い経歴でも書くべきです。書いて損はないからです。アパレル会社で派遣社員としてでも、アルバイトとしてでも、短期間でも、たいした業務ではなくても、必ずプラス要因として評価してもらえるからです。

自分の判断で、派遣やアルバイトだから経歴として認めてもらえない・・・なんて思わないでください。ポイントは派遣でもアルバイト経験でも短期でも、その中で何を学ぶことができたのか?本当に些細なことでも良いので書いてみましょう。

お客様とのちょっとしたコミュニケーションや、質問に答えることができた!というだけでも良いのです。あなたの、どのような経験が採用担当者の心をつかむのか?それは誰にも分からないからです。だからこそ、自分が積んできた経験を全て書いておくのです。

ただし、責任感も真剣さもなく、時給のためにバイトしていました・・・的な印象が伝わるような内容にならないよう十分に注意しましょう。「派遣やアルバイトでしたが、いつかは正社員になることを夢みて頑張ってきました!」という仕事に対する意欲的な姿勢を前面に押し出していきましょう。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別