職務経歴書の書き方【管理職の場合】見本付き・無料ダウンロード

職務経歴書の書き方【管理職の場合】見本付き・無料ダウンロード

スポンサードリンク



職務経歴書の書き方【管理職の場合】見本付き・無料ダウンロード

職務経歴書の書き方【管理職の場合】

管理職と言っても、その種類は様々です。

職種や部門別にどのような職務経歴書を書けば採用に近づけるのか考えてみたいと思います。

経理の場合

経理の管理職の場合は、月次年次決算、連結決算、その他税務関連全般という業務の中で、自分がどのようなポジションで具体的にどのような業務をしていたのかを分かりやすく書きましょう。


スポンサードリンク



総務の場合

総務の管理職の場合は、代表的な業務としては、株主総会の管理運営です。また、他にも備品関連の業務があります。

最近では総務としての業務の幅が広くなっているので管理職として転職するなら、転職を希望する企業の総務がどのような業務内容なのかしっかりと把握しておくことが必要です。

そして、自分のキャリアやスキルがどれだけ通用するものなのか理解しておくことが大前提となります。


スポンサードリンク



人事の場合

人事の管理職の場合は、保険、年金、給料、福利厚生、採用業務など幅広いものとなります。幅広いだけに自分がどの部門を担当したいたのか人事担当者に伝わるような職務経歴書に仕上げる必要があります。

まとめ

どの部門でキャリアがある場合でも、より専門的な知識と経験が求められる世界です。管理者として、どのような経験を積み、どれだけの知識を実績を持っているのか?人事担当者が知りたいのは、その一点です。

ピンポイントで企業が欲しがっている能力を兼ね備えていることをアピールすることができれば採用を引き寄せることができるでしょう。

管理職の存在意義を理解しておきましょう。

あらためて言うことではないかもしれませんが、転職をする上で大切なことなので再認識しておきましょう。管理職の存在意義は部下を一人前のビジネスマンとして育て上げることです。ただ知識や技術を教え込むだけではダメです。

それが直接、売り上げにつながる、つまり、会社に貢献できるビジネスマンに育て上げることができなければ意味がないのです。つまり、部下が会社に貢献できない戦力にもなれないビジネスマンになってしまうのは、すべて管理職の責任という事です。

要するに、管理職にはそれだけの重責があるということです。どのような育て方、関わり方、サポートをすれば部下が一人前の結果を出せるビジネスマンになれるのか?自分なりのコツやノウハウを職務経歴書に書くことで、最高の自己PRになるのです。

もう1つ人を見る目も大切です。管理者たるもの、人を見る目がないと仕事も人間関係も円滑にまとめることはできません。

そのためには、まず、自分がどんな人間で何が得意なのか?何が苦手なのか把握しておくことが大前提となります。自分を理解できていないような管理者が人を見る目を持つことなど、到底、不可能だからです。

これだけは書いておこう!

管理職として転職するなら、職務経歴書にこれだけは書いておこう!という項目をまとめてみました。まず1つ目は、管理していた業務の規模と担当の範囲を明確にしておきましょう。

従業員が少数の部署を担当していたのと、大勢の従業員を担当していたのとでは人事担当者に与える印象もまったく異なってくるからです。何も少数だからといって引け目に感じることはありません。管理していた従業員数が多いから評価が高くなるというわけではないからです。

肝心なのは、どのような姿勢で何を意識して仕事としていたか?どのような結果を出すことができたか?という点だけです。規模や担当したポジションにそこまで執着する必要はありません。

2つ目は、実績です。管理職の場合の実績は、他の職種とは一味違います。社員を育て上げサポートする力が実績となるので、それを証明する具体的な結果が求められます。

例えば、自分の部署で育て上げた社員が●●という成果を出した、部署全体で目標を達成ることができた。というような具体的な成果を職務経歴書に書きましょう。その際は具体的にエピソードも盛り込むことで人事担当者に自分の実績をイメージさせることができます。

肝心なのは、どれだけリーダーシップをとって1つのチームをまとめ、リードすることができたのか?という点です。このようなマネジメント能力があることを上手にアピールすることができれば採用がより近くなってきます。

3つ目は、アピールポイントを1つに絞り込むという点です。管理職は部下の実績がすべて自分のアピールポイントとなるので、いくつもアピールしたい気持ちになってしまいます。しかし、複数のアピールポイントを書き込むことで、いったいどれを1番のセールスポイントにしたいのかぼやけてしまうのです。

そんなことにならないためにも、アピールポイントは求められているスキルに1番見合っているものを1つだけに絞り込みましょう。

また、専門用語はできるだけ使わずに業界関係者以外にも伝わるような分かりやすい内容にするよう心がけましょう。なぜなら、人事担当者はプレゼン能力があるのか?も評価の対象にしているからです。

普通の書き方では駄目です!?

管理職の場合、普通の職務経歴書の書き方では駄目です。普通の社員の場合は、自分のキャリアとスキルを書けば、それなりの評価をされましたが、管理職ともなると、それだけでは足りません。管理職の場合は、前職の企業で、どのような形で経営に貢献してきたのかを具体的に書く必要があります。

また、応募先の企業で、どのような形で経営に貢献していきたいのか?将来的なビジョンを書く必要があります。1つの部署のトップとしてではなく、企業の代表として、どんなふうに経営を支えていたのか?また、部下に対してどのようなサポートをしてきたのか?そういった部分も具体的に書くと評価が高くなります。

分析→戦略→成果

管理職の場合、1つのプロジェクトを完結させるまでに、どのような段階を経て成果を出したのか具体的に書く必要があります。「分析、戦略、成果」の3段階に分けて項目ごとに詳細を作成していきましょう。

どのようなリサーチや情報の裏づけから、どんな分析結果が出たのか?その分析結果から、どのような戦略を立てたのか?その戦略を実践した結果、どれくらいの成果を出すことができたのか?一連の流れがつながるようなエピソードを加えると採用担当者に伝わりやすくなります。

もう1つ重要なのは、「どのような信念を持って仕事に向き合っているか?」という点です。管理職ともなると、自分の仕事だけをこなせば良いというわけにはいきません。

企業全体の状況を常に把握して先を読み、バランスのとれたマネジメントをする必要が出てきます。また、経営者としての視点も持つべきでしょう。仕事に対する信念から、それらを伝えることができれば質の高い職務経歴書に仕上がります。

書き方の注意点

1つ目の注意点は、豊富なキャリアや経験をマイナス要因にしないことです。すべてのキャリアや経験をアピールポイントにしてしまえば、1つ1つが薄まってしまい、結果的に全体のアピールポイントが弱くなってしまいます。

そのようなことにならないためにも、企業が求めているスキルや経験を明確にして、それに見合ったキャリアを中心にアピールしていくようにしましょう。採用担当者に対して強い印象を与えるためには、最初に求めているスキルや経験を持っている人材だと分かるような略歴を記載することが重要です。

採用担当者が略歴に興味や関心を持ってくれれば最後まで職務経歴書を読んでくれる可能性が高くなるからです。略歴を書く時は、どのような形で戦力になり貢献できるのか?を具体的に提示すると効果的です。

2つ目の注意点は、前職でのポジション、部下の人数、任されていたプロジェクトの規模などを具体的に書くことです。管理職と言っても企業や人によって任されている仕事の規模は様々です。数人の部下をマネジメントしている管理職もいれば数十人の部下をまとめている管理職もいます。

どのくらいの規模で、どんなポジションだったのかを具体的に書くことで、採用担当者も、入社後にどのようなポジションでどんな仕事を任せることができるのかイメージがしやすくなるのです。

3つ目の注意点は、実績の書き方を間違えないことです。単純に成果を書くのではなく、目標達成までのプロセスやチームワーク、マネジメント力が伝わるエピソードを加えると効果的です。部署によって実績の伝え方を工夫することが重要です。

営業なら売上達成率を前年比、同業他社と比較するなどして分かりやすく伝える必要があります。総務なら業務の効率化、コスト削減の成果を具体的な数字でアピールしてみましょう。

若い社員が多いベンチャー企業が狙い目!?

若い社員が多い、これから大きくなるベンチャー企業が狙い目です。なぜなら、管理職として取引をする企業の、それなりのポジションの担当者と、対等に商談ができる経験者がいないからです。

そのような企業に管理職として転職することができたら、モチベーションも高くなるし、やりがいを持って仕事に向き合えることでしょう。同業界への転職なら、これまで積み上げてきた人脈をアピールすることで、即戦力となり売上につながる働きをしてくれるという期待を持たせることができます。

転職理由を書く時は細心の注意を払いましょう。

ただでさえ管理職という良いポジションを捨てて転職をするわけですから、採用担当者は次のように考えています。「なぜ、良いポジションを捨ててまで転職しようと決断したのだろう・・・?もしかしたら人間的に問題があるのかも・・・?」年齢が高ければ高いほど、そのように疑われてしまうのは仕方がないことです。

だからこそ、前職の不満や悪口は口が裂けても言わないことです。自分では不満や悪口を言っているつもりはなくても、採用担当者がそのように捉えてしまえば同じことです。十分に注意を払いましょう。

前職に不満もなく待遇や条件にも満足しているなら、管理職というポジションを捨ててまで転職をしないのが当たり前です。それを捨てるということは、何かしらの不満があるからです。

しかしながら、それを正直に伝えてしまっては採用どころか面接に進むこともできないでしょう。本音と建て前は使い分けて、あくまでも前向きな転職であることをアピールしましょう。

職務経歴書に書くことが見つからない時の対処法

管理職としての経験はそれなりにあっても「職務経歴書に書くことが見つからない・・・」そんな人も少なくないでしょう。そのような場合は、携わってきたプロジェクトにおける「様々な人との関わり」をエピソードにして書いてみましょう。

これなら誰にでも容易にできるはずです。顧客、クライアント、得意先の担当者、上司、部下、同僚など、様々な人とチームワークやコミュニケーションをとることで1つのプロジェクトを成功へと導いたはずです。

そのプロセスと「人との関わり」と中心にエピソードとしてまとめるのです。採用担当者は最終的に「この人となら関係性をうまく築けそうだ!」という理由で採用を決めることが多いので、このようなエピソードは非常に効果的なのです。

スポンサードリンク





営業 事務 IT 入力用 雇用形態別 勤務期間別